« 11/20愛好家の会の演奏曲目 | トップページ | カリス サンデーサロン »

2016年9月18日 (日)

種谷さんからのアドバイス

Taneyas


愛好家の演奏にアドバイスなどあれば・・・
とのことですが、私も一愛好家に過ぎず、「ここは、こうしましょう」とか「こうしてはいけません」などと申し上げるのはおこがましいので、「私は、こうしています」という話にとどめたいと思います。

まず、私がサロンやホールなど人前で演奏するときは、「こんな素敵な所で弾けて、うれしいな」と思うように努め、「ど忘れしたら、どうしよう」とか「あれっ、あそこはどう弾くんだったかな?」などと考えないことにしています。

ステージ中央に向かって一歩踏み出す前に、腹式呼吸で大きく息を吸って、ゆっくりと息を吐きながら椅子の横まで、自信ありげな歩調で進みます。

弾く前に「まだ練習途上なので、うまく弾けないと思いますが・・・」などとは、たとえ事実だとしても、言わないようにしています。

心身をリラックスさせるうえで「深呼吸」は効果がありますが、人前演奏が苦痛であるかのような「ため息」はつかないようにしています。

サロンやホールは(中には例外もありますが)多くの場合、ふだん練習している自分の部屋より音響が良いので、その、ふだんより良い(美しい)自分の音を、チューニングのときから楽しむように心がけています。
ただし、チューニングのときは「小さな美音」に徹し、連打は控え、余韻で合わせるようにしています。

というようなことで、もっぱら心構えの話になってしまいましたが、参考になりましたでしょうか。

                        種谷

+++

種谷さんに愛好家の演奏のアドバイスをお願いしましたところ、上のメールを頂きました。

永く人前で演奏している経験を感じさせる内容で、そのまま掲載させていただきました。

参考になるところが多いですね。

どこかイチローにも通じるところがあります。

.

« 11/20愛好家の会の演奏曲目 | トップページ | カリス サンデーサロン »

コメント

将に実践者のお言葉ですね。心から頷けます!
『ミスするとイヤだな』と思うとミスします(汗;)。
まだまだミスの多い私です…。
曲を楽しんで、「こんなに良い曲を弾ける喜び」を伝えたいですね。

染谷様
ブログをみて頂きありがとうございます。
種谷さんのコンサート、良かったです。

素敵なアドバイスを有難うございます。(こんな素敵な所で弾けて嬉しいな)聴いているこちらまで、わくわくします。
人前でそういう風に弾きたいです。

成田さん、今度の11月20日の愛好家の会に来てくれるということで、ありがとうございます。ソルのエチュードはシニアコンクールでも聴かせていただきましたが、今度はまた別な曲ということで、楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 種谷さんからのアドバイス:

« 11/20愛好家の会の演奏曲目 | トップページ | カリス サンデーサロン »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ