« 熊坂ミニコンサート@ギター文化館 終了しました  | トップページ | ギャラリーコンサート(12/23)の告知 »

2016年11月29日 (火)

ミニコンサートに関連して

◯最初のクレンジャンスは、目は楽譜を追いながら、頭では「チケットを持っている人が来ていないな、どうしたのかな、、、」などと考えながら演奏していました。
集中力が高まると同時にいろいろなことができるものなのでしょうか?集中力がない状態なのでしょうか?
また、この状態はいけないなとみている自分がいました。
まだ、余裕がある状況なのか?

 

◯いつも見ている譜面だが急に見にくくなった場面がありました。体力的に疲れたのか?ライティングの変化と集中力・体力の低下が重なって起きたと今は考えています。ライティングの変化には慣れておく必要があります。(グラナダのステージ照明が極端な例)

 

◯コンサートの前日に九州から帰ってきましたが、移動中に自分の録音を聴きながら、MC用にモーゼのストーリーとメルツの曲の関係を考えていたら、前奏、祈りと奇跡とその喜びのような流れになっており、核心部分は、和音の強打の後の部分にあたるのではないかという考えに至りました。一夜漬けで、それを演奏にも取り入れてみました。
無音によってモーゼの奇跡を表現したメルツに脱帽です!
また、オペラのストーリーとは合いませんが、終曲の前のアドリブで祈りを追加しました。

 

◯いとこの娘さんが聴きに来てくれました。
友達の結婚式で新婦の父親が弾いたギターに感激したといって録画したスマホを見せてくれました。鈴木幸男さんが弾いていたのでびっくりしました!
結婚式の演奏が良かったようで、こちらのギターコンサートも聴いてみようという気持ちになったようです。
鈴木さんとは、JR勝田駅前のひたちなか市市民ギャラリ-にてギャラリーコンサートを行います。12月23日(金) 14:00から1時間位(入場無料)です。詳細は後報します。

 

◯今回は聴きなれない曲が多いので、1部のアンコールに「アルハンブラの思い出」、2部のアンコールに「森に夢見る」を入れて有名ギター曲(トレモロ)を弾く予定でしたが、1部で帰る人もいるので、また「森に夢見る」は途中でロストすることを織り込んで1部のアンコールで弾いてしまいました。いろいろありましたが何とか最後まで行ったので良かったですが、1部でロストしたら2部で「森に夢見る」を弾く目論見でしたので、2部のアンコールで弾く曲に困りました。また、ギターの名曲やバッハはやらないのかという話を1部の後の休憩時間に頂いていましたので、最後に中島みゆきの「時代」にバッハを交えたものを演奏しました。困った時の中島みゆき頼みでした。ギターを弾く方が多く来ていたからでしょうか、「禁じられた遊び」が浮かんで来ませんでした。

 

ギター文化館のブログ、気恥ずかしいですね。

皆さんに大変お世話になりました。

 

Dsc09293

(画像借用)

来年はいわゆるクラシックギター名曲も少し演奏できるようにしたいと思います。

.

« 熊坂ミニコンサート@ギター文化館 終了しました  | トップページ | ギャラリーコンサート(12/23)の告知 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミニコンサートに関連して:

« 熊坂ミニコンサート@ギター文化館 終了しました  | トップページ | ギャラリーコンサート(12/23)の告知 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ