« ギター愛好家の会(3/26)を開催しました | トップページ | 宇高靖人、いちむじん »

2017年3月26日 (日)

北口 功コンサート2017 @アコラ

3月26日、アコラで北口功さんのコンサートがありました。

前半は自らの編曲作品、後半はギターのオリジナル作品で、内容のある、充実したコンサートでした。

Dsc03745


Dsc03744


Dsc03747


Dsc03755


◇プログラム
 ブラームス/ワルツOp.39-15
 シベリウス/スプルースOp.75-5
 モーツァルト/ファンタジー・ニ短調K397
 モーツァルト/ラクリモーサ(レクイエムK626より)
 バッハ/チャコーナ (シャコンヌ)
  無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番BWV1004より

 休憩

 バリオス/コンテンプラシオン(観照)、 
        古いメダル
 モンポウ/ゆりかご(コンポステラ組曲より)
 ソル/
 「エグゼルシス集」Op.35よりNo.3、4、13、17、22
 「ルソン集」Op.60よりNo.1~5
 「ルソン集」Op.31よりNo.1~6、23
 

Dsc03754

アコラでは珍しい、ブラヴォーが。

アンコールは、魔笛とイエスタディ。

使用楽器は、R.ブーシェの110番とのこと。

 

***

さっそく、感想を頂きました。

◯Mです。
昨日は、素晴らしいコンサートをありがとうございました。
久しぶりに感動の時間を過ごさせていただきました。

ギターの素晴らしさを伝えようとするプログラムの意図がしっかりと感じられ、またもやその術中に心地よくハマりました。まさに、それぞれの曲が珠玉でした。

中でも、ファンタジーが非常に印象的でした。さらに、シャコンヌの荘厳な高揚感は最高でした。バイオリン譜に近いのでしょうか?セゴビア版とは全く違って非常に良かったです。そして、ゆりかごをこんなに聴き入ったのは初めてです。これにより耳の分解能が上がったところで、ソルの小品・・・1音1音が心に沁み入りました。和音進行と声部が絡み合うアンコールの武満編は、北口さんならではと感じました。12曲全てを聴いてみたいものです。

4月9日のレクチャーコンサートも楽しみにしています。
よろしくお願いします。

 

◯やっぱり、北口先生の演奏、素晴らしかったです。 
コメントも頂き、これから頑張ろうという気持ちになりました。  
一緒に行った方たちも、大満足でした。

 

◯アコラは満席御礼状態でした。
身内も沢山でそれぞれ緊張するも実力発揮してました。

北口さんの演奏は多数演目を集中したまま弾ききりました。
ブーシェを歌手が体全体を響かせるように鳴らしてました。
音色は絵画に例えば、消失点を持つ立体感でなく色彩遠近法で陰影を付けた如く奥行きを感じさせました。
圧倒的なシャコンヌ、よくぞここ迄のモーツァルト、豊かなバリオスにソルの練習曲です。
その前には、愛好家演奏各人への激励甘口コメントと、お得感満載の午後でした♪

 

◯得難い経験をさせていただきました。
北口先生の演奏もたいへん心に残ります。
今後ともよろしくお願いいたします。

 

◯先日は素敵な会、ありがとうございました!
ギターで聴くクラシックからオリジナル、
重厚な低音やダイナミックな表現、
ハッとするようなピアニシモの表現、
北口さんの表現なさる誠実な音楽に感動いたしました。

.

« ギター愛好家の会(3/26)を開催しました | トップページ | 宇高靖人、いちむじん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北口 功コンサート2017 @アコラ:

« ギター愛好家の会(3/26)を開催しました | トップページ | 宇高靖人、いちむじん »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ