« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月24日 (月)

ギター愛好家の会(4/23)@アコラを開催しました

ギター愛好家の会を開催しました。

Dsc03784


Dsc03783

ヒメリンゴの花がいつの間にか咲いていました。芝も少しずつ緑になってきました。

最初に、谷島崇徳さんと私で、いちむじんに敬意を表して「一夢人」を演奏しました。ご本人を前に緊張していたのでしょう、録画するのを忘れてしまいました。そのため、画像は無しです。昨年の秋に演奏して以来ほとんど合わせておらず、ぶっつけ本番でした。
 
アルボル版での演奏もぜひ聴きたいですね!

 

今回はアコラで初めて演奏される方が3名

Dsc03791


Dsc03792


Dsc03793


Dsc03794


Dsc03795


Dsc03797

皆さん、経験豊富な達者な方々で、演奏ありがとうございました。


Dsc03798


Dsc03800


Dsc03801


Dsc03802


Dsc03803


Dsc03805


Dsc03808


Dsc03809


Dsc03810

 

愛好家の自由演奏の〆は、いちむじんの演奏で有名になった「紫陽花」。 宇高さんを前に緊張したと思いますが、堂々とした演奏でした。

Dsc03812

 

今日になってからのキャンセル者が2名居ましたが、聴くだけの方も居てなかなか賑やかでした。

 

打上で、宇高さんからいろいろ貴重なアドバイスも頂きました。

・本番でミスった場合の立ち直り方
・右手の親指の方向(目からうろこでした)、等々

 

会が無事終了できて、ほっとしました。

 

 

 

.

 

.

宇高靖人・杏那コンサート@アコラ

4月23日にアコラで、ゲストに宇高靖人・杏那さんを迎えて、ギター愛好家の会を開催しました。

良い天気となりGW前に常陸海浜公園のネモフィラを観ようという人で常磐自動車道が大渋滞で、宇高ファミリーの到着が危ぶまれましたが、無事、コンサートを終えることができました。

多くの方に遠方からも参加していただき、満員状態で、ありがとうございました。

 

Img_1702


Img_7031 

 

***

Dsc03814


Dsc03816

 

◇プログラム
1、オーバーザレインボー(Gt) 武満編 
2、ジョンゴ(Gt)  
3、スカボローフェア(Gt.Fl)
4、龍馬伝(Gu Fl) 佐藤直紀 
5、アッシャーワルツ(Gt) N. コシュキン
  
休憩
  
1、ベネズエラワルツ1〜4全楽章(Gt.Fl) A.ラウロ  
2、ロンドンデリーの歌(Gt.Fl)   
3、ロッソロッサ(Gt.Fl) 宇高作曲


Dsc03818


Dsc03820

良い表情です~  


Dsc03823


Dsc03825

プログラムにない曲を2曲追加してくれました。

 
ロンドンデリーの歌では杏那さんのソロも


Dsc03828

更に、アンコールを2曲も


Dsc03833

ヴラボ―!

 

皆さんからの感想です。

◯いつも大変お世話になっております。
伺って大変良かったです。
皆様方の演奏、音楽をどうとらえていらっしゃるか、どのように向き合われてこられたか、大いに考えさせられました。自分は次回どうすれば良いのか、考える場になっております。
愛好家の自由演奏会の冒頭の一夢人の演奏、心に響きました。  
また、ゲストのお二人の演奏は、聴く人々を曲の中に引き込み感動を与えてくださいました。 才能ばかりでなく、地道な努力にもよる賜物だと思いました。何よりも心から音楽を楽しんでおられるのに、感銘を受けました。
有難うございました。
  

◯素晴らしいコンサートでした!
楽しい時間をありがとうございました!!
また宜しくお願いします。
 

◯素敵な演奏でした。
アコラで松澤さん、北口さんの演奏に続いて、宇高さんの演奏を聴きました。今までとは違った良さがあり、とても良かったです。人柄も良いですね!

 

◯昨日はありがとうございました。
楽しいコンサートでしたね。
ギターの音がでかくてビビリました。
フルートがかき消される勢いってなかなかないですよね。
本人を目の前にして弾くってのはなかなかない経験をさせていただきました。作曲者の前で弾くより緊張しますね。
手がぷるぷるしちゃいました。

 

◯峯村哲郎です。
愛好家の演奏と宇高ご夫妻のコンサートともに素晴らしく、心和む時間を過ごさせていただき、ありがとうございました。

愛好家の皆さんは、それぞれに個性と自己主張を感じ、楽しく聴きました。最後のDuoは息が合っていて印象的でした。フォーレは、個人的に懐かしかったです。

宇高ご夫妻のコンサートは、なんといってもギターの音量の豊かさでした。フルートとのDuoにぴったりで、フルートとギターの音量のバランスが良く、お二人の掛け合い絡み合いが最高でした。全楽章演奏は初演というラウロは、杏那さんも解説されたように「こう来るか」という感じの編曲でした。ギター Soloもコシュキンや武満編などは、私に馴染むテンポ感で聴き入りました。さすが第一線で活躍されているプロだなと思いました。また是非聴きたいと思うお二人のコンサートでした。

こうした場を提供下さる熊坂さんに重ねて感謝します。
P.S. Flying Dutchmanへの挑戦を期待しています。

  
  

一世を風靡した「いちむじん」が解散し、アルボルというギターとフルートのデュオで活動を開始しているということです。お二人の演奏はそれぞれの楽器の特徴を活かした、繊細で、かつダイナミックな演奏で聴き入りました。「いちむじん」がギターデュオの新しいレパートリーを開拓し定番になったように、この新しいデュオがギターとフルートの新しい定番を造り出してくれることを期待します。

ラウロのベネズエラワルツも、ちょっとピアソラのタンゴの歴史のような編曲(ドイツ在の知人作曲家による)で、面白かったです。
ギターとフルートのバトルもありましたね。

 

Img_9202


***

大いに盛り上がった打上

Img_9265

Img_4820


Img_4326

Img_9556

2017年4月17日 (月)

カリス・サンデーサロン(4/16)

昨年末から都合がつかず暫らく行っていなかった、恵比寿のギターショップ・カリスさんのサンデーサロンに行ってきました。

メルツをいろいろ見ていますが、愛の歌という曲が3曲あったので、有名な作品13のものを除いて、愛の歌(ワルツ)、愛の歌、夕べの旅をやってみました。
2曲目のものは、4小節4段という小品です。
冷房の正面に2時間近くいたせいか、指が固まっていました。今日は暑いくらいだったのでそんなことはないだろうと思っていましたが、油断は禁物です。

サンデーサロン(愛好家)の演奏の後は、シプリアン・ツアイの投げ銭コンサートがありました。

樋浦さんが経歴などを紹介しました。
2016年第6回イーストエンド国際ギターフェスティヴァル優勝者で、ペロアの弟子。
レッドゲイトのギター。アナヴィドヴィッチ用に2台つくったもののもう一台とのこと。1mも離れていない最前列で聴いたが、左端だったので音圧などは感じられなかった。その代り、左手の親指が見える位置だったので、いろいろ参考になりました。
オーケストラを意識しているという演奏で、若者らしい新鮮な印象を受けました。

・愛のロマンス
・ソナタ「ボッケリーニ讃歌」(テデスコ)
・アストゥリアス(アルベニス)
・パルティータⅡBWV826(バッハ)
・華麗なロンド第3番(アグアド)
・フェリシダージ(ジョビン~ディアンス編)
・タンゴ・アン・スカイ(ディアンス)

アンコールはアサドの静かなきれいな曲でした。

アグアドのロンドは良く弾かれる2番ではなく、3番で一層難曲で、華麗に演奏していました。こういう古典を新しい感覚で演奏するのは非常に良いですね。

Cyp1thumb180xauto1123

Img_2827

CD発売記念

Img_0669

 

今日は打ち上げがなかったので、約40年程前に一緒にギターを楽しんだことのある知人と恵比寿で暫らくぶりにギター談義(飲み会)をしてきました。

2017年4月 9日 (日)

4/9 レクチャーコンサート(吉野雅文、井上えいじ)開催しました

素晴らしいレクチャーコンサートでした!

Dsc03770

限定25冊の世界に一つだけのマティエカのソナタ全集。

Maza(吉野)さんの労作、ありがとうございます!

◯バロックギター入門 井上えいじ

Dsc03757


Dsc03758


Dsc03759


Dsc03760


Dsc03761

バロックギターの構造、セッティングと弦の選び方、張り方、タブラチュアの読み方などについてのお話しと演奏。
実演のノリがすばらしかった。

 

◯19世紀ギター入門 吉野雅文

Dsc03762


Dsc03764


Dsc03765


Dsc03766


Dsc03767


Dsc03768

ウィーンの古典派について、当時の19世紀ギターを使用し、特にマティエカのソナタについて原典なども参照しながらレクチャーしていただきました。
ソルから始まり、マティエカのソナタの素晴らしい演奏で、その真価の一端を知ることができました。
充実した貴重な時間でした。

アンコール! 

Dsc03769

バーデンパウエルのトリステーゼ

 

 

◯愛好家の自由演奏会

Dsc03772

この楽譜集を買った人は演奏してください、とMazaさんから。

ソナタⅥから、スケルツィオとフィナーレ

 

はるばる奥州市から来られたKさん

Dsc03774


Dsc03775


Dsc03776

シニアコンクールにチャレンジとのこと。
5月にまた会いましょう。

Dsc03777

この会にちなんで、サンスとド・ヴィゼーの曲を演奏してくれました。


Dsc03778


Dsc03779

ハウザーの演奏が楽しそうです。
群馬から参加、ありがとうございます。

 
Dsc03780

最後に、Yさんのヴァイス。
マティエカは初めて聴いたが感銘を受けたという感想を頂きました。

北関東から、愛好家が集いました。
ぜひ、この有意義なレクチャーを全国展開してほしいですね。

  


Dsc03771

 

 

お疲れ様でした! 

Img_3496

Img_8852

アイナメの煮つけ定食@魚市場
美味し。

 

◯感想を頂きました。

Mです。
本日は、貴重な場を提供いただき、ありがとうございました。

バロックギターは、初めて聴きました。バロックリュートなどの高貴な雰囲気に比べると大衆的で、井上さんが最後にモダンギターで弾かれたボサノバと共通したノリを感じました。

19世紀ギターは、これまでになく強い印象を持ちました。Matiegkaの古典的な美しさと相まって、その素晴らしさと可能性に魅了されました。
そして、世界唯一のMatiegkaのソナタ集限定版が手に入ったのも貴重です。
いずれにしても、講師の吉野さんと井上さんの造詣の深さに只々感心しました。

こうしたギター音楽周辺の普段触れらない分野に接する機会を提供いただいた熊坂さんに重ねて感謝します。年に一度ぐらいこうしたレクチャーコンサートがあるといいですね。(企画の大変さを顧みず、すいません。)

4月23日も、よろしくお願いします。

 

Yさん
両師匠の前の演奏で緊張しました。レクチャーコンサートは素晴らしい企画でした。
まだまだ学ぶべきことが沢山ありますね。
マエティカの作品はチャレンジしがいがあると思います。

 

NMさん
こんにちは。
4月9日のジヴェルニーサロンに参加させて頂きありがとうございました。
レクチャーコンサートを行って下さった井上えいじ様と吉野雅文様の音楽への並みならぬ情熱を感じております。無事お二人をお送りすることが出来ました。
栃木県宇都宮市に移住するまで1年を切りました。毎日がカウントダウンすると同時に新たな生活が始まると思うと希望も湧いてきます。
アコラを目標に私の目指すギター音楽を愛する小さなサロンが出来たら幸いと思っております。

 

Nさん
先日のレクチャーコンサート、面白く聞かせていただきました。
小学生がいきなり大学の講義を聴いた感はありますが、専門的なことは別として十分に音楽を楽しめました。
次回は6月4日のミニコンサートを聴講させていただく予定です。

.

2017年4月 5日 (水)

4月になりました・桜

Img_7142

水戸の千波湖の周辺は千波公園となっていますが、隣接する偕楽園を合わせた総面積は、都市公園としてニューヨークのセントラルパークに次いで世界第2位の広さだそうです。
好文亭は千波湖越しに観ることが多いですが、西側からも広々とした公園の向こうに好文亭が眺められます。画像で青いのはネモフィラです。もともとは、海浜公園より前にここにネモフィラが植えられていた記憶があります。

Img_2249

昨年末にアコラで演奏した松澤さんと同門の一星さんのコンサートがギター文化館であり、行ってきました。小原聖子先生、黒江さんなども来ていました。昨年よりも良い演奏になっていました。

 

4月は、レクチャーコンサートが9日の午前中に、宇高さんのコンサートが23日の午後にあります。

◇4月9日(日) レクチャーコンサート (吉野雅文、井上えいじ)
  
  19世紀ギターとバロックギター
 

井上えいじ

Inoue

バロックギター

Image2

吉野博文

22368040_2243299236_119small

 

19世紀ギター

22368040_2242628513_136large

 

茨城では、桜はもうちょっとでしょうか?

これは、上野公園

Img_1945


Img_3215

職場の前にある枝垂れ桜

Img_5696


茨城でも、季節になると湊線の周囲にはこんなところもあるようです。

Img_9776

(湊線応援サイトから引用)



 ◇4月23日(日) 愛好家の会

    宇高 靖人 コンサート

 

O0480048013872777985

   宇高さん・いちむじん

この後は、6月までお休みです。

***

芝公園、増上寺付近の桜

Img_6096


Img_2323


Img_8836

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ