« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月30日 (日)

今年も大阪

Img_0569

今年も仕事で大阪に行ってきました。

例年と違って、今年はその他の仕事もあって忙しくあわただしいです。

北口さんなどが中心になって開催している「第3回 茨木クラシックギターセミナー 濱田滋郎氏をお迎えして フランシスコ・タレガ および、その周辺 ~スペインにおけるギター音楽の飛翔~」のイベントが週末にあり、当初はそれに参加する予定でしたが、仕事がありやむなくキャンセルしました。タレガは弾く曲が限られるのでアランブラで申し込んでいましたが。指を怪我したこともありキャンセルしておいて良かったと思いました。

また、こちらの茨城でもYさんが立ち上げたソルのレクチャーコンサートというイベントが先々週あり行ってきました。北口さんの演奏はソルの精神を余すことなく伝える名演奏でした。ソルの生涯に関する解説と6名のアマチュア演奏家に対する北口さんの教育的なコメントが、レクチャーと理解しました。弾きにくいシチュエーションの中、演奏者は日頃の練習の成果を発揮した演奏でした。ソルの生涯の解説も、目新しいことはなかったがバランスのとれた適切な内容で好感がもてました。

アコラでは北口さんのソルに関する以下のようなイベントを行いました。

2006年6月 F.ソルの生涯

2010年7月 F.ソルを勉強する会

個人的には、2003年頃から数年間毎月レッスンを受けました。その後もピンポイントで北口さんのレッスンを受けています。

ソルに関しては、エチュード数曲、魔笛、第7幻想曲、悲歌風幻想曲、第2幻想曲(途中まで)などを数年かけて教えていただきました。

その後は、コンクールやちょっとした会場での演奏に関心が行ったようです。

大阪でのタレガの催しに出られなかったので、北口さんからこのソルの会の次は11月にタレガの会をやるのでアランブラを演奏しないかと言われ、その積もりでしたが、会は12月になったとのこと。「AMF in ひたちなか 2017」と重なってしまったので、残念ながら、次回は不参加です。このレクチャーコンサートは、今後も継続してあるそうです。

ソル、タレガは、クラシックギターをやるからには、チャレンジすべきテーマだと思うが、タレガは(自分には)難しい。例えば、ラグリマ、ものすごく悲しい曲という説明を良く聞くが、自分には上質なうれし涙としか感じられない。

昔々、セゴビアのソルと、タレガがカップリングされたLPを聴いた時は心底感動し、何度も聴いたものでした。今聴いたら、どうだろうか?

.

2017年7月11日 (火)

演奏スケッチ 4

2009april_040s

Sor, F. Op. 59. Fantasie élégiaque

「civic11r.mp3」をダウンロード




2009april_041s


中南米風組曲からカンポ ~ マイメモリ ~ ノスタルジー

~ 北欧のワルツ ~ エル・コリボリ

「civic12r.mp3」をダウンロード

 

2009年4月19日(日)に日立シビックセンターで家内とデユオの練習をし、時間が少し余ったので、当時やっていた曲を続けて練習したもので間違いも多く、録音を意識していなかったので途中で止めたりしている。簡易ボイスレコーダーで採ったものをそのままアップしているので音質も良くないが、当時の求道的な雰囲気が感じられたのでアップしてみました。

 

2009april_051s

.

2017年7月10日 (月)

水戸市民音楽会

Img_2159


水戸市民音楽会に行ってきました。

昨年は演奏で参加しましたが、今年は聴くだけです。指の怪我があったので申し込まないで良かったと思いました。

練習の成果が出た良い演奏が多かったと思います。

ギターを弾いていると音量が小さくクリアーに聞こえないのではと気をつかいますが、吹奏楽系で音が大きすぎるのも聞き苦しかったです。あと、オカリナの耳に直接訴えるような音、好き嫌いが分かれるのかと思いました。持続的に楽器にエネルギーを与え音を作っていく楽器と、ピアノ、ギター、ハンドベルのように音が減衰していく楽器の二つがあり、あらためて興味深かったです。

アコラでも演奏されたことのある方々も多く参加していました。

ギターでは、マルバギター同好会、水戸ギターアンサンブル。マンドリンでは、フォンテセレーナ、アクアブレットロ、アマーピレ、ジュピターなど。

フルートの中田さんは、2チームで出ていました。また、ギター制作家の高橋さんが、マンドリンアンサンブルでマンドリンを弾いていました。マンドリンがどんなものなのか試しているそうです。

弦楽器がなかったようです。他に演奏する機会があるのでしょうか。ドニゼッティの歌唱が印象的で注目が集まりました。

プログラムの解説の文字が小さくて、薄暗い会場では読めなかったのが少し残念でした。

 

.

2017年7月 8日 (土)

「AMF in ひたちなか 2017」 一般参加者募集します!

Amf2017

一般参加の方の募集をいたします。
(早割は終了しました)

奮って、ご参加をお願いします!!

 

8分枠(1組) 5000円

5分枠(1組) 3500円

1組の料金ですので、5人で8分でしたら、一人1000円ですね。

 

ソロでも、アンサンブルでも結構です。

 

詳細は、こちらをご覧ください。

「AMF in ひたちなか 2016」のハイライト演奏や今年のゲストの「デュオ・カリス」の演奏がアップされています。

ギター、とくにクラシック系は世界が固定してしまいがちなので、いろんな楽器と一緒にギターを楽しめたらということでやり始めました。今年で、2回目です。

ギター ソロ  :これもあり

ギターデュオ :ショパンが好きだったらしい

ギターアンサンブル

ギターとピアノ

ギターとフルート

ギターとクラリネット ※

ギターとチェロ

ギターとヴァイオリン ※

ギターと声楽 ※

ギターと歌

等々、何でもOKです。

※ 今年のゲストが、演奏します。

 

◇坂本沙織 Cl + G

  ピアソラ タンゴの歴史 1930 カフェ

        アヴェ・マリア

  モリコーネ ガブリエルのオーボエ

 

◇デュオ・カリス Vn + G

  パガニーニ ソナタコンチェルタータから第1楽章

    ピアソラ タンゴの歴史 1960 ナイトクラブ

    モンティ チャルダッシュ

 

◇森と丘のデュオ So + G

  グノー Ave-Maria

 アダン O Holy Night

   ヘンデル Lascia Chio Piango (私を泣かせてください)


2017年7月 4日 (火)

プリンターインク差し上げます

プリンターを買い換えたので、前のプリンター用に買っていたインクが不要となってしまいました。もし、8/7の愛好家の会に参加される方で、下記インクが使える方に差し上げますので、ご希望の方は連絡をください。

・エプソン用IC6CL50 6色セット

・同上 黒 2

・同上 ライトマゼンダ 3

・同上 ライトシアン 2

・同上 イエロー 1

演奏スケッチ 3

2013年8月17日のミニコンサートから、数曲をアップしました。

 

Amand sobre o Mar (アブレウ)

夏らしい感じの曲ではないかと思います。

 

・エセックス伯のガリアルダ (ダウランド)

ダウランドは学生時代には少し弾きましたが、その後殆はあまりやっていませんでした。

 

時代  (中島 みゆき)

この編曲の初演奏です。

 

森に夢見る (バリオス)

この曲は最近では暗譜も難しくなってしまったので、いろいろ難はあるが、記録としてアップしました。

 

当時、ミニコンサートは1部と2部制、各30分で、同じ内容でやるのが通例でした。

プログラムでは、この他に、小鳥たちの大聖堂 (メルリン)とハナミズキ(マシコタツロウ)を演奏しました。30分を超えていたかもしれません。

 
以下、楽譜ファイルに入っている練習中の曲からアンコールとして演奏しました。

 

プレリュード  (モンポウ )
   
クーナ  (モンポウ)

モンポウの原典版が出版されたので、それを取り入れて練習していました。

 

Everything  (松本 俊明)

竹内永和さんの名編曲です。上の「時代」も竹内さんの編曲をもとにしています。

.

2017年7月 2日 (日)

演奏スケッチ 2

7月になって、蒸し暑くなってきました。

昔、演奏したポピュラ―系の曲とクレンジャンスの曲をアップしました。

 

L' Aurore, Chansonnette & Amours perdues
 クレンジャンスの「子供の領分」から2曲と、失われた恋
 2012年12月 

・EL HUMAHUAQ
 花祭り
 

Das Rosas
 そしてバラが
  

The Fool on the Hill & Cavatina
 以上の5曲は、後にも先にもこの時だけの演奏
 各国の曲を演奏したプログラムからの抜粋

 

ダンデライオン  松任谷 由実
 2016年11月

 

Tristesse  クレンジャンス
  
 この曲は当時好きだったが、初めて人前で「アリア Ⅴ」と一緒に弾いたら、アリアの方が受けが良かったのでその後弾いていない。2015年11月
こっちの方が弾きにくい。  

Gymnommage, Horizon & Lament
クレンジャンスの「子供の領分」から2曲と、ラメント
  2016年11月

L' Aurore, Chansonnette
 冒頭と同じ曲の別演奏
  

 

Magic  Sky  K.Kusunoki
2013年のギター新年会での谷島さんと演奏
ほとんど初合わせだった
  

ポピュラー系の曲はあまり事前練習をしていないので、今聴いてみるといろいろ難がありますが、記録としてアップしました。

2016年以降はタッチ(爪)を変えたので、演奏はずいぶん楽になりました。また、最近は、エチケットとして自分の演奏を一回は聴いたうえで手直しして演奏するようになったので、演奏は安定してきたかと思いますが、自分では昔の方が気にいっている演奏もあります。

ラ・マリエ、咲きました。

Img_3603


Img_3701

新苗は花を咲かせると弱ってしまうので摘花するように、とのことで、切ったものを利用してみました。

.

.

 

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

無料ブログはココログ