« Part3小暮浩史ヴェリア国際GC優勝記念演奏会 | トップページ | Part1 現代のヴィルティオーソへのメッセージ »

2017年9月 4日 (月)

Part2 愛好家による小暮さんへの祝演

進行: 長塚 彰

Dsc04104s


  

水谷 允彦   エレジー (J.メルツ)

Dsc04105


Dsc04106


橋居 信彦   大聖堂 (A.バリオス)

Dsc04107


中野 久美子  カンシオン (スペイン民謡)

Dsc04108


佐藤 恵二  ロンドンデリーの歌 (アイルランド民謡)
          聖母の御子 (カタロニア民謡)

Dsc04109


鈴木 昌良   川の流れのように (見岳 章、福田 進一編)

Dsc04110


清水 和夫   ソナタイ長調34 ソナタ第26番 (N.パガニーニ)

Dsc04111


山崎 弘一   アヴェ・マリア (C.グノー、F.タレガ編)

Dsc04112


梅村 昭男   魔笛の主題による変奏曲 (F.ソル)

Dsc04113


幕田 弘幸   バスクの調べ (A.マンホン)

Dsc04114


山本 英雄  二つのワルツ (F.クレンジャンス)
          遠く離れて (C.パイエ)

Dsc04115

 

小暮さんから、フランスのお菓子を頂きました。  

Dsc04116


Dsc04117

 

 

***

感想を頂きました。m(__)m

〇小暮さんの圧倒的な演奏だけでなく、愛好家の方々の祝演も素晴らしいものばかりでした。超初心者にとっては身近に一流の演奏に接することができたことをうれしく思っています。 Nさん

○蒼々たる愛好家の皆さんの演奏は、それぞれの思いが感じられ、祝演にふさわく素晴らしかったです。エレジー、魔笛、そしてトリのクレンジャンスが強く印象に残りました。 Mさん

○愛好家の祝宴、そして長時間の演奏会を聴いてくださった聴衆の皆様に厚く御礼を申し上げます。何よりも聴いて下さる方がいて、演奏者にもそれが伝わってきます。

こういう場で注目されながらの演奏はほんとうに大変だと思います。
録音を聴き返してみますと、休憩時間の騒音の中で聴こえてくるギターの響きもいい感じでした。ギターって正面切って聴くのも良いですが、窓を開けたとき遠くからギターの音が聴こえてくるような気がして、途切れ途切れに聴こえてくるギターの音っていうのも好きです。聴き手に押し付けない、むしろ聴き手の想像力を喚起するようなところがギターにはありますね。
愛好家の演奏ではそういうところも味わいが感じられました。
プロの演奏にはさらに自己主張が感じられ、音の一つ一つもすばらしく、ほんとうにいい勉強になりました。  主催者

.

.

« Part3小暮浩史ヴェリア国際GC優勝記念演奏会 | トップページ | Part1 現代のヴィルティオーソへのメッセージ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Part2 愛好家による小暮さんへの祝演:

« Part3小暮浩史ヴェリア国際GC優勝記念演奏会 | トップページ | Part1 現代のヴィルティオーソへのメッセージ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ