« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月19日 (日)

西念寺 銀杏フェスト

Img_1452

このところの寒さで銀杏の葉はすっかり落ちてしまっていた。

Img_9835

Img_6433

西念寺にある植物学的、世界的にも珍らしい天然記念物の「お葉つき銀杏」。

 

報恩講という寺の行事に合わせ銀杏フェストが行われ、そこでDuo Chotto(谷島G、中田Fl)のコンサートがあるということで、行ってきました。

急な寒さで風邪をひいてしまい、途中のレストランでおいしいランチでもと思っていたが、コンビニで簡単に済ませ、とりあえず西念寺に向かった。

茶色に染まった里山の風景が、快晴の青に包まれて美しい。

カーラジオからは、アグアドのアダージョが流れていた。
やがて、ソルのセレナーデ、西念寺に着くころには、アルベニスの旅の思い出に変わっていた。

 

Img_7941


Img_9446


Img_4077

西念寺には何度か来ているが、このようなイベント時に来たのは初めて。

講堂で講話があった。講話は、「親鸞聖人のお浄土」という題で筑波大学の先生が話された。ん、で、というところで1時間経ち、終わってしまった。

講話には無かったが、親鸞の悪人正機説、学生時代には頭では理解してもどこか実感がなかったが、いつの間にか親鸞のいうところが少し理解できる年になっていた。


Img_2181

        

しばらくして、銀杏コンサートが始まった。

Img_0150

Dsc04257

Duo結成して10年という。息の合った演奏だった。今回は南米ものと佐藤弘和の作品だった。ピアソラのフルートソロはかっこよかった。

コンサートと今日の講話が妙に重なるので、率直に若い住職に感想を話したが、フェストの人の流れを整理することでいっぱいいっぱいのようだった。

コンサートの後で暗くなった境内の銀杏をライトアップして愛でるのが、この銀杏フェストのひとつの目玉になっているようで、若い住職が、「銀杏の葉が全部落ちてしまってどこをライトアップしていいか困っています」と何度も申し訳けなさそうに話しているのが、おかしかった。

Img_6051

吾国山、親鸞が比叡山に似ているということから、この地に寺を建てたといわれている。
この場所に来てみて、実感することができた。

Dsc04188s

夕暮れの吾国山と紅葉

 

Img_5064

イベントの一つ、野菜のマーケット。大きな大根と生姜を買って帰りました。
冒頭の銀杏の実は売り物ではなく、自分で幾らか置いて、一袋頂いて帰るということでした。

帰ってからさっそく頂きましたが、普通食べているものとは全く違っていました。殻が薄く簡単に割れ、しかも中身が黄緑でつやつやして、やはり貴種なのでしょう。

美味(^^♪

.

2017年11月18日 (土)

西本夏生 & 林 祥太郎

公開録音コンサート
ギターとピアノで奏でるスぺイン音楽

~S.ブロトンズ/ギターとピアノのための協奏曲を中心に~

西本夏生(Pf.)  林 祥太郎(g.) @東音ホール

Img_6962


プログラム

・P.J.B.ピコー:ニーニャ・ミランダ

・E.マルチェリ:アンダルシアの夜

・J.ヴィラプリニョー:ギターとピアノのためのカプリッチョ

・S.ブロトンズ:ギターとオーケストラのための協奏曲op.78
「我らの海」 他

Img_1202


Img_9662


この二人の演奏、丸の内で聴いて、これが2度目です。

前回より、会場も良く、楽しめました。

スペイン、カタルーニャの雰囲気が一杯でした。

2017年11月17日 (金)

サッポロ

Img_2016_2

明日の朝からの打ち合わせのために前日入りした札幌。千歳空港では雪が舞いだしていた。紅葉の時期は過ぎて、また雪に覆われた街でもなく、観光には不向きな時期。

北海道大学の構内を散歩しながら、今晩の宿に向かう。
旧理学部、レンガ造りの建物は今はノーベル賞受賞を記念したユニークな博物館となっている。外からは目立たないようになっていて、立ち寄る観光客は少ないようである。


Img_3948

前に来たことがあり、立ち寄ってみた。たまたま、チェンバロの無料ボランティアコンサートがあり、呼び込まれて入ったが、最後のアンコールの曲だった。ギターで良く弾かれるが、という紹介があり、ディアハンターのカバーティーナが演奏された。

Img_9595

安らぐ時間だった。

何の脈絡もなくドストエフスキーの小説の女性が一瞬浮かんできた。。

Img_2125_2

写真には写さないようにしているが、観光客というよりは外人の学生とかなりすれ違う。構内に国際交流的な学科?センター?があるようだ。欧米人、アジア人など多様な感じ。

Img_7915

普通のところが、なんとなく美しく、懐かしい感じ。

Img_7966

Img_7905

北18条から大学を出て、ホテルに向かう。

1泊3500円という格安料金、早割か楽天など何かのサービスかと思ったが、入口に料金が出ており、常時この価格らしい。カプセルでもなく、普通のビジネスホテルで、冷蔵庫にはペットボトルの水のサービスもあった。都内ならゆうに1万円はするだろう。

簡単な各種パン、ジュース、コーヒーの朝食も付いている。北欧風のしゃれた喫茶店で食べる。

Img_7790_2


Img_3361

夜は仕事のメンバーとの懇親会があるが、開始時間まで時間があったので、ぶらぶら狸小路へ、40年前にあった店は世代交代でほぼリニューアルしていた。

Img_1213

塩ラーメン、つい食べてしまった。

Img_5352

 

サッポロビール園、ライトアップがきれいだった。

Img_7631

Img_0327

飲み放題、食べ放題のコースを堪能した。9時半頃に解散。

事前に聞いていたギターが弾ける店に直行。ここで、スマホのバッテリーが切れるというハプニングが発生。西十八丁で地下鉄から出たものの初めていく場所で途方にくれ右往左往したが、何とかお店を見つけました。

店に入ったら、川田さんがギターを弾いていました。

1ヶ月ほど前に、札幌で行く店を聞いただけで会うという話はしていなかったので、それももう10時半を過ぎており、感激しました。

Img_7093

Img_3219

Img_4482

Img_9880

終電車近くまでギター談義で、宿に帰ったのはちょうど0時で、ボジョレヌーボが解禁になったというニュースをやっていた。

円山カンタービレは、オープンして1年経ったということで、これから札幌のギターの聖地になりそうだ。ギターだけでなく、クラシック音楽の各種コンサートも定期的にやっており、マスターは川田さんのギタ友とのこと。

楽しかった (^^♪

,











2017年11月13日 (月)

ギター愛好家の会(11/12)開催しました

◇愛好家の自由演奏会

Dsc04238

・ノクターン、愛の歌、
 夕べの旅 (J.メルツ) 

 

Dsc04256

・無伴奏バイオリンソナタ第2番より
 アンダンテ (J.S.バッハ)
  

Dsc04233

・11月のある日 (L.ブローウェル)

 

Dsc04234

・50の練習曲第41番カンシオン
 イタリアーナ (M.カルカッシ)
  

Dsc04236

・大聖堂 (A.バリオス)

 

Dsc04237

・エレジー (J.メルツ)

  
 

◇ゲスト コンサート

①山本英雄

Dsc04239_2

「ギター愛好家のための小品集」

・J.S.バッハ プレリュード(BWV998)

・シューベルト/タレガ 別れ

・F.クレンジャンス 二つのワルツ

・L.ブローウェル 新シンプルエチュード 
                         No.1、.4、9
      
・M.D.プジョール ラプラタ組曲より 
   プレリュード、タンゴ、ミロンガ

・R.ディアンス 20の手紙より No.4、No.6

・A.バリオス フリア・フロリ

・J.ペルナンブコ 鐘の音

Dsc04240

Dsc04241

Dsc04243

アンコールは、イルカの歌
 

②水谷允彦

Dsc04244

・詩的ワルツ集(E.グラナドス)

・グランソロ(F.ソル)

・シャコンヌ(J.S.バッハ)



Dsc04245

Dsc04246

 

Dsc04249

アンコールは、サンバースト

 

◇打上

Dsc04250

Img_6949


Dsc04251

Dsc04252

***

この前のメルツの延長で、ウィーンに在住するようになったころに出版されたOp.4 ノクターン、親しみやすい曲集「カッコー」の中から「愛の歌」と「夕べの旅」。どれも、短く、簡素ながら美しい作品ということで演奏したが、ビデオのボタンを押したが、録画に失敗していた。
ハートフルの時も録画に失敗したので、要注意。途中で気付いて、画像のために「カッコー」の中の「赤いサラファン」を追加で演奏することに。今回、初めて人前で、アルマギターを使ってみた。

ゲストコンサートは、茨城のアマチュアの名手をということで早くから企画し、今年の新生シニアギターコンクールで大活躍した山本英雄さんと長塚彰さんを予定しておりました。ところが、長塚さんはその後、指の具合が悪いとのことで、長塚さんが親しく以前にアコラにも来ていただいたことがある水谷允彦さんに替わっていただくことになりました。愛好家のための小品集と、大曲集といった内容で、大変充実したコンサートになりました。演奏も、繊細な演奏と、やや粗削りながらスピード感ある演奏とスタイルも対照的。

愛好家の自由演奏とゲスト演奏とで、お互いに刺激を受けたのか、いつもならレストランで打上というところを、時間が早かったこともあり、サザコーヒーでギター談義。
楽しい、密度の濃い、良い時間となりました。

次回の愛好家の会は、来年の3月25日(日)で、ゲストに中村俊三さんをお迎えします。また、この会はアコライベント100回(公式)にあたり、何か記憶に残るものをしたいが、まだノーアイデア。「上質の音楽を少人数で楽しむ会」にふさわしいものを考えたいと思う。

.

2017年11月 8日 (水)

「AMF in ひたちなか 2017」のご案内

Amf_cmykss_2

Ura_cmykss

”ギターを囲んで” アコースティック ミュージック フェスティバル
<AMF in ひたちなか 2017>

12月9日(土)13:00開演 (開場12:30)です。

観覧無料です。

よろしくお願いいたします (^^♪

詳細

2017年11月 5日 (日)

ハートフルコンサートを開催しました

2017年11月4日(土) @Acoustic Life 

ご来場くださった皆さま、大変ありがとうございます。

深謝いたします。

   

◇主な曲目

1部 林檎坂332

クラリネット:坂本 沙織
ギター:熊坂 勝行

Rz332as


・竹田の子守唄
 
A.ピアソラ
・タンゴの歴史から 1930 カフェ
・オブリビオン
・アヴェ・マリア

Rz332ds

Rz332gs

 

2部 清水&ダニエラ

ギター:清水 宣晶
ソプラノ:ダニエラ・ブスタマンテ

Dsc04197s

・ウマワケーニョ (花祭り)
・トナーダ (チリ民謡)
・クエカ  (チリ舞曲)
・涙のパヴァーヌ (J.ダウランド)
・ブラジル風バッハ (ヴィラ・ロボス)
 他

Dsc04198

Dsc04226

ダニエラさん、チリの音楽の複雑なリズムを巧みな指さばきで弾きながら、陽気な中にメランコリックな味わいを醸し出し、さすが本場の歌い手。

日本でたまに聞くまがい物的な南米音楽とはまったく違っていた。

Dsc04227

 
ギターソロは、ロボスのエチュード11番
見事な演奏で、会場からため息も。

Dsc04200

Dsc04208

ダニエラさんは、本来はソプラノ歌手で、前半は珍しいソルの歌曲を2曲、後半は、ダウランド、ロボスのギターと歌のオリジナル曲を熱唱。

ブラジル風バッハはかなりの高音域まで使われるが、ホール一杯に響き渡った。かつ繊細な歌い回しも聴きどころで、ちょうどよいボリューム感だった。ダニエラさんも非常に歌いやすかったとのこと。

 

 
Dsc04210

ブラヴォー

          

       
◇懇親会

日本の歌を代永さんのウクレレとリードで、ゲストも飛び入りで参加し、皆で歌い、楽しみました。

Img_20171104_153802


Dsc04211

ダニエラさんは日本の歌に大変興味があるとのことです。アンコールでは、日本の歌を披露されました。

終演後も、多くの方が残られ、坂本さん、ダニエラさん、清水さんとの話が尽きないようだった。

 

◇リハーサル風景

Dsc04228

Dsc04187



  

◇感想など

・とても良い企画で、ギターとの様々なコラボを楽しむことができました。

 

・音楽会 ハートフルでした。
クラリネットとギターとのディオ いいですね。
オブリビオン 好きな曲です。
  
ダニエラさんの唄、想いが伝わってきました。
ディオっていいですね。
 
清水さんは、左手にフォーカルジストニアを患いながらとプロフィールに書いてありましたが、わかりませんでした。頑張ってる姿を見ると、気力をわけてもらった気になります。
ありがとうございます。



・楽しい時間を過ごさせていただきました。

クラリネットの腕は遅々として進みませんが、音楽を通して知らない人と出会えることが、何よりと思っています。

ありがとうございました。

 

・昨日は、大変お世話になりました。
御自宅のコンサートホールに、熊坂さんのギターへの情熱を強く感じながら、音楽を愉しませて頂きました。
当方、会社勤めの間長く中断していた趣味を、数年前から我流で再開したばかりです。
今後ともよろしくお願いします。

 
 

20171104memories 

Img_4659_2

.

2017年11月 4日 (土)

ハートフルな秋

Img_9529

11月4日のアコラでのハートフルコンサートのために足利のギターリスト清水さんとチリ出身の歌手ダニエラさんが前日入りでやってきました。

那珂湊、大洗方面を案内しました。好天に恵まれ良かったです。

Img_0606

Img_1442

Img_2622

大洗海岸

 

Img_1513

那珂湊お魚市場

   

Img_3660

酒列磯前神社の神秘的な参道

 

Img_9480

この神社、最近パワースポットとして人気になっているというが、確かに何かが感じられる場所だった。

Img_3915

阿字ヶ浦

 

それから、アコラで、お魚市場で買った貝や生牡蠣をつまみながら明日のコンサートの打合せ。

 
ところが予約していたレストランが予約されておらず、豪華なディナーに、と行きたかったが、駅前のホテルにチェックインしてから安くて美味い行きつけの中華料理店に変更。

オーナーが台湾人で、お客さんも台湾人の家族づれが多く、会話が賑やかで大爆音状態でしたが、ダニエラさんもこういう雰囲気は慣れていて好きなようでした。
話しやすい場です。清水さんの流暢なスペイン語で助かりました。本場の味付けで、少し日本人向けにもしているようですが、口にあって良かったです。


Img_1764

ボリュームが多く、食べきれずに残したものはお持ち帰りしました。
明日のコンサートが楽しみです。

***

今日の午前中~お昼は、鉾田でアコラを設計施工したハウスビルダーが毎年行っている感謝祭に行ってきました。

晴天で、最高の日和でした。数十人があつまり、若い家族が意外に多く、景気が良くなっているのかなと思いました。

Img_6662

アコラにも来ていただいたことのある鹿嶋のご夫妻と年1回の再開、話が弾みました。
明日のコンサートにも来てくれることになっています。

地元の美味しい食材をつかったものなどが食べ放題で、ついつい食べて過ぎてしまいました。

最近スリム化したところが、今日の昼と晩の食事でお腹がパンパン状態に戻ってしまいました。

.

2017年11月 3日 (金)

アコースティック・ミュージック・フェスティバル(AMF) in ひたちなか 2017

”ギターを囲んで アコースティック・ミュージック・フェスティバル(AMF) in ひたちなか 2017”、このイベントは今年で2回目となります。

趣旨は、簡単に言えば、ソロ楽器としてのギターの良さを活かしつつ、ギターだけでなく他のアコースティックな楽器との演奏、それを通じてレベルアップや交流を楽しむといったものです。

2016年の演奏動画、2017年のゲストのプロフィール、演奏動画などは、こちらのサイトにあります。ご参考にしてください。(Falice音楽教室HP内)
                      

・日時 12月9日(土)
     13時~16時(開場12時半)   

・場所 しあわせプラザ(ふれあい交流館)
     ひたちなか市南神敷台17−6
     029-262-5775   

・観覧 無料

・主催 AMF in ひたちなか 実行委員会

・後援 Acoustic Life

    Felice音楽教室

 

◎ゲスト:
坂本沙織 クラリネット
 
 (カーネギーホール演奏のキャリアをお持ちです)
        
Sakammoto

林檎坂332(坂本、熊坂)として演奏




        
石田朋也 ヴァイオリン、 高矢研治 (DUOカリス動画)

Caris


西村知花子 ソプラノ、 永松知雄 (森と丘のDUO)

Img_1175s

Dsc03733

 

◎演奏曲目(変更の可能性あり)

・熊坂勝行 オープニング、
 クレンジャンス アリアⅠ、Ⅴ(動画)

Kuma


・橋居信彦 バリオス 大聖堂

Dsc04107


・幕田弘幸 メルツ エレジー

Dsc04114_3


・谷島崇徳 ヨーク サンバースト
         シネシ 澄み切った空

Dsc03993s

 

・梅村昭男 菊池和幸 モーツアルト 
  アダージョ ピアノ協奏曲23番Ⅱ

Dsc03469s

Dsc03730

 

・中川眞理子 丹朋子 アルビノーニ 
 弦楽とオルガンのためのアダージョ 

Cimg1076s


Cimg1075s

・久保田浩 及川英幸 カルリ 
  二重奏曲ト長調作品34-2

Cimg1065s


Cimg1064toris_2


・プレアデス
 (細川 菊池 梅村 鈴木 山田 橋居)
  ラベル    亡き王女のパヴァーヌ 
 ヘンデル アラ・ホーンパイプ
     

Dsc03734 

Dsc03730

Dsc03469s

Dsc04110

Dsc03697

Dsc04107

<休憩>


・ピアノ4手連弾 
  (清水直美・谷島あかね)
  くるみ割り人形メドレー

・ピアノ6手連弾 
  (清水直美・辻田暁海・谷島あかね)
   久石譲  海の見える街 
   久石譲  となりのトトロ 

・ピアノソロ 
  谷島あかね
   樅の木  シベリウス
   フィナー レ  カプースチン
   ドゥムカ チャイコフスキー

・谷島崇徳 谷島あかね 
   テデスコ ファンタジー

2011jan


・森と丘のDUO 西村知花子 永松知雄

 グノー  Ave-Maria
 ダウランド  Time stands still
 ヘンデル Lascia Chio Piango (私を泣かせてください)

20170802_100049

 

・DUOカリス 石田朋也 高矢研治

 J.マスネー タイスの瞑想曲
 A.ピアソラ タンゴの歴史から 1960 Nightclub
 V.モンティ チャルダッシュ

Caris

・林檎坂332 坂本沙織 熊坂勝行

 A.ピアソラ  タンゴの歴史から 1930 Cafe
          アヴェ・マリア

Rz332ds


・林檎坂332+谷島崇徳+DUOカリス+全員

 モリコーネ ガブリエルのオーボエ

 

◎演奏タイプ

ギターソロ
ギターデュオ
ギターアンサンブル(6重奏)
ピアノソロ
ピアノ連弾(4手、6手)
ギターとピアノ
ギターと歌(ソプラノ)
ギターとヴァイオリン
ギターとクラリネット

 

ギターライフをより楽しむため、ギター以外の楽器とのアンサンブルにもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 
きっと、新しい魅力を発見することでしょう。

 

Img_8625

Img_5536

◎演奏参加される方へのお願い 

・11/4までにお願いします。
 取り急ぎ手元にある画像を使いましたが、各人の画像を送ってください!
このブログの内容をもとに配布資料を作りますので、
内容の変更、その他ご意見などありましたら、併せてお願いします。
 

・11/12までにお願いします。
 当日到着、帰宅の大体の予定(湊線を使う方は連絡ください)
 懇親会参加の有無
 当日、録画、写真撮影をご協力頂ける方

 なお、ステージ関係スタッフのご協力よろしくお願いします。    

 

◎当日のスケジュール

○リハーサル
 ゲストリハ:10時からですので、それに間に合うように会場に来てください。会場へは、9時から入れます。

 一般リハ:11時から、演奏順に行いますので、間にあうように来てください。10時ごろからホワイエで練習可能です。

 ピアノ使用リハ:12時から12時半までとなります。

 

○開場 12時半から

○開演 13時から

○終演 16時ごろ予定

○来場者の見送り

○写真撮影(ステージにて)

○片付け

○打上 会場駐車場から徒歩で行けるインド料理店を予定。
 予算2000円未満 (ノンアルコールビール含むワンドリンク付きカレーセットメニュー)

  

※ 椅子は、ピアノ椅子が2つ(背付)あります。
   譜面台、足台はアンサンブルの方は、持参してください。(ソロ、デュオはこちらのものを使っていただいても結構です)
  

追記

 ホワイエでの演奏;

  ①開場~開演 自由に使ってください
      (順番などは希望者間で相談して決めてください)

  ②開演~休憩 自由に使ってください
      (ホールでの演奏順で希望者間で相談してください)

  ③休憩~ピアノ連弾あたり(ゲスト優先) 
       ・森と丘のDUO
       ・DUOカリス

  ④ピアノ連弾あたり~終演 
      (ホワイエでの演奏はせず、ゲスト演奏を聴いてください)

追記2

 しあわせプラザ(ふれあい交流館) アクセス

 周辺の地図

 お昼は各自、持参してください。なお、食料品のスーパーが近くにあります。

 

 

 

2017年11月 2日 (木)

忙しすぎる秋

Img_9039_2


Img_4288_3

11月3日は母の命日だが、いろいろ予定があるので、2日に墓参りに高萩に行ってきました。その後、奥の院に行ってみた。紅葉はまだだった。


Img_4650_2

Img_3263_2

子供のころによく行った花貫渓谷に行こうと思い、高萩ダム、名馬里に立ち寄りながら、花貫へ。しかし、毎年のことながら、手前の有料駐車場に停めて、そこから歩いていかないとダメなようになっていて、早々に退散。

家に帰るのに、ナビに従ってみたら、十王ダムを通過した。ちょうど11時で噴水が上がっていた。近くに地酒では気に入っている椎名酒造があることは知っていたが、行ったことがなかったので行ってみた。
ちょっと気がつかないような場所にあった。


Img_7163_2


Img_3521_2


Img_6119_2


Img_6131_2

店の人に聞いて、酒屋には出していないここでしか買えないお酒があるというので購入。さらに、6種類を木箱で購入、大人買い。。。いいえ、こちらはお試しセットです。店に人の話では、作るのに手間がかかるので、この木箱セットもここでしか扱っていないとのこと。計7本(1本は一升瓶)、いろいろ味わえそうです。

それから、夕方は、「~ギターを囲んで~アコースティック・ミュージック・フェスティバル(AMF) in ひたちなか 2017」の会場となる「しあわせプラザ」で会場担当者と打ち合わせをしました。昨年もやっているので、あっさり終了です。

メインホール

Img_8625_2


Img_5536_2

  

第2会場となるホワイエ

Img_7263_2

あと、1ヶ月しかない!

①11月4日 ハートフルコンサート、②11月12日 ギター愛好家の会、③12月9日のAMF と続くので、こなせるのか、ぎりぎりの状況になってきた。
ギター愛好家の会はゲストに、山本英雄さんと水谷允彦さんを迎え、充実した一日になりそうです。

夜、Hさんご夫婦がアコラにあるものを届けに来てくれました。素晴らしいオーダーメイドの作品でサロンの雰囲気がアップいたしました。

11月4日は、アコライベント(裏)100回記念で、それに間に合わせて下さって、感謝いたします。なお、アコライベント(公式)100回記念は、⑤3月のギター愛好家の会になります。裏は、最近のジヴェルニーサロンをカウントしたものになります。この辺のカウントは幅がありますので、11月4日から来年の3月までを100回記念の期間とします。上記の3イベントに加え、④ギター新年会もあります。よろしくお願いします。

明日は、ハートフルコンサートの清水さん、ダニエラさんが足利から来るので、那珂湊、大洗あたりを案内する予定で楽しみです。

その前に、お昼は鉾田でハウスビルダーの感謝祭があった。毎年の行事だが、忙しすぎる。。。弦は交換したが、ギターを練習する時間がない。

 

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ