« ハートフルな秋 | トップページ | 「AMF in ひたちなか 2017」のご案内 »

2017年11月 5日 (日)

ハートフルコンサートを開催しました

2017年11月4日(土) @Acoustic Life 

ご来場くださった皆さま、大変ありがとうございます。

深謝いたします。

   

◇主な曲目

1部 林檎坂332

クラリネット:坂本 沙織
ギター:熊坂 勝行

Rz332as


・竹田の子守唄
 
A.ピアソラ
・タンゴの歴史から 1930 カフェ
・オブリビオン
・アヴェ・マリア

Rz332ds

Rz332gs

 

2部 清水&ダニエラ

ギター:清水 宣晶
ソプラノ:ダニエラ・ブスタマンテ

Dsc04197s

・ウマワケーニョ (花祭り)
・トナーダ (チリ民謡)
・クエカ  (チリ舞曲)
・涙のパヴァーヌ (J.ダウランド)
・ブラジル風バッハ (ヴィラ・ロボス)
 他

Dsc04198

Dsc04226

ダニエラさん、チリの音楽の複雑なリズムを巧みな指さばきで弾きながら、陽気な中にメランコリックな味わいを醸し出し、さすが本場の歌い手。

日本でたまに聞くまがい物的な南米音楽とはまったく違っていた。

Dsc04227

 
ギターソロは、ロボスのエチュード11番
見事な演奏で、会場からため息も。

Dsc04200

Dsc04208

ダニエラさんは、本来はソプラノ歌手で、前半は珍しいソルの歌曲を2曲、後半は、ダウランド、ロボスのギターと歌のオリジナル曲を熱唱。

ブラジル風バッハはかなりの高音域まで使われるが、ホール一杯に響き渡った。かつ繊細な歌い回しも聴きどころで、ちょうどよいボリューム感だった。ダニエラさんも非常に歌いやすかったとのこと。

 

 
Dsc04210

ブラヴォー

          

       
◇懇親会

日本の歌を代永さんのウクレレとリードで、ゲストも飛び入りで参加し、皆で歌い、楽しみました。

Img_20171104_153802


Dsc04211

ダニエラさんは日本の歌に大変興味があるとのことです。アンコールでは、日本の歌を披露されました。

終演後も、多くの方が残られ、坂本さん、ダニエラさん、清水さんとの話が尽きないようだった。

 

◇リハーサル風景

Dsc04228

Dsc04187



  

◇感想など

・とても良い企画で、ギターとの様々なコラボを楽しむことができました。

 

・音楽会 ハートフルでした。
クラリネットとギターとのディオ いいですね。
オブリビオン 好きな曲です。
  
ダニエラさんの唄、想いが伝わってきました。
ディオっていいですね。
 
清水さんは、左手にフォーカルジストニアを患いながらとプロフィールに書いてありましたが、わかりませんでした。頑張ってる姿を見ると、気力をわけてもらった気になります。
ありがとうございます。



・楽しい時間を過ごさせていただきました。

クラリネットの腕は遅々として進みませんが、音楽を通して知らない人と出会えることが、何よりと思っています。

ありがとうございました。

 

・昨日は、大変お世話になりました。
御自宅のコンサートホールに、熊坂さんのギターへの情熱を強く感じながら、音楽を愉しませて頂きました。
当方、会社勤めの間長く中断していた趣味を、数年前から我流で再開したばかりです。
今後ともよろしくお願いします。

 
 

20171104memories 

Img_4659_2

.

« ハートフルな秋 | トップページ | 「AMF in ひたちなか 2017」のご案内 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハートフルコンサートを開催しました:

« ハートフルな秋 | トップページ | 「AMF in ひたちなか 2017」のご案内 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ