« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月30日 (火)

ギター愛好家の会(3/25)の告知 [ゲスト:中村俊三]

アコラ(Acoustic life)のイベント100回記念期間の最後のイベントとなる「ギター愛好家の会」のゲストとして、中村俊三さんをお招きして、コンサートを開催いたします。

誰でも参加できます。聴くだけでも結構です。

 

◇アコラ ギター愛好家の会 

・日時:2018年3月25日(日)
  13:30~ (開場:13:00)

・場所:アコラ

・内容:

①愛好家の自由演奏会
    (6分程度以内/人)

②愛好家の自由演奏会スペシャル
 ギタルラス・デ・プラタ 特別演奏 

③中村 俊三 コンサート

・参加費用:2000円

 

201212081325191

 

募集は終了しました。(2018/3/18)

***************

愛好家の自由演奏曲目
                 

・カッチーニのアヴェマリア 
 (V.ヴァヴィロフ)

・フリアフロリダ (A.バリオス)
  シンプリシタス1部 (J.イルマル) 

・エチュード二短調 (N.コスト)

・二つのギター (ロシア民謡)

・悲しみの礼拝堂 (V.ゴメス)   

・月光 (F.ソル)

・アラビア風奇想曲(F.タレガ)

・練習曲Op.38-8 (N.コスト)

・ベニスの舟歌OP19-6 (メンデルスゾーン)

・さくらの主題による変奏曲 (横尾幸弘)

・トレモロ曲「夢(Sue?o)」 (F.タレガ)

・大聖堂 (A.バリオス)

・パバーナ カプリチオ (I,アルベニス) 

・ノクターン(C.ヘンツェ)
  アンダンテ ラルゴ(F,ソル)

・3つの舞曲(M.プレトリス)

・オペラ「椿姫」より (J.メルツ)

曲目は変更の可能性があります。

 

 

②ギタルラス・デ・プラタ 特別演奏

Dsc04342

本イベントを盛り上げてくれます!

・ある愛の詩
 (F.レイ/内田信洋編曲)
 
・映画「ピンクパンサー」のテーマ
 (H.マンシーニ/吉田藤太郎編曲)

・Tico Tico No Fuba
 (Edson Lopes)

・タンゴ アン スカイ
 (Roland DYENS)

 

◇ギタルラス・デ・プラタ (銀のギター)
 「ギターフェスティバル in つくば」を通じて知り合った3人(細川、圷、内田)で2012年に結成・活動開始しました。グループ名はアルゼンチンにあったギター・デュオ「黄金のギター(Guitarras de Oro。1959年結成)」にあやかって、かつ、技量・年齢を考慮して付けました。大勢の聴衆の前で演奏するのは2013年5月の「ギターフェスティバル in つくば」が最初でした。

 

③中村 俊三 コンサート

バルベルデ~リョベット編 : 
 クラベリトス

カタルーニャ民謡~リョベット編 : 
 盗賊の歌、
 エル・メストレ、
 糸を紡ぐ娘
   

ベートーヴェン~タレガ編 : 
 アダージョ 
  (ピアノ・ソナタ「悲愴」より)
  

ショパン~タレガ編 : 
 前奏曲第15番 「雨だれ」

 

アルベニス : 
 アストゥリアス、
 
 入江のざわめき、
 
 カタルーニャ綺想曲、
 
 サンブラ・グラナディーナ、
  
 朱色の塔

 

 

◇今回のプログラムについて

中村先生からのプログラムを拝見したとき、タレガ、リョベートがギター託した思いが伝わってくるかのようなプログラムだと感じました。

 

中村先生からは、「今回のセレクションは、すべて “CDに収録した曲、および収録予定の曲“ となっています。」とのことでした。

「アルベニスは基本的に私の編曲で、あまりタレガ、リョベットとは関係はありませんが、強いて言えば「朱色の塔」はリョベット編の影響があります(調などの点で)。 リョベット編はかなり難しく、私の編曲は自分で弾けるようにしてあります。 ただ、聴いた感じでは一般的にギターで弾く「朱色の塔」と言った感じになっているでしょう。

タレガ編とリョベット編も、“編曲” と言うこと以外に特に深い関係はありません。 つまりプログラムの曲は、すべて “編曲作品” と言うことで、一応統一していますが、個々の曲などはそれほど関係ありません。」
 
水戸ギターブログ

.

2018年1月28日 (日)

目白の丘の音楽会の画像など

Img_2409


Img_0151


Img_6812


Img_7095


Img_2397

 


Img_2345

 

Img_4400

目白の丘の音楽会、当日の雰囲気

(BD-Rからの画像)

 

 

***   

 

Img_3075

かって、同じ仕事をした後輩達と

 

***

Img_3171

勝田駅東口前のコミュニティセンターに、2月18日(日) 14:00~ ギャラリーコンサート(入場無料)のチラシが置かれていました。

「映画音楽とギター名曲集」

ご都合がつきましたら、どうぞ。

.

2018年1月22日 (月)

1月も忙しい

今日は大雪です。

Img_2364

少し早めに退社しました。
田町駅は人があふれていました。
山手線も半端ない込みようでした。
6時のひたちに乗れましたが、1時間遅れでした。
家にやっとたどり着きました。
明日は、午後から大きな会議がありますが、出勤できるか?

***

Img_3181


6時半頃の始発バスに乗って、会社に着いたのが9時半頃。

帰りは、久しぶりに勝田駅から家まで歩いて帰ってみました。

 

***

1月は、ギター新年会@アコラ、目白の丘の音楽会@ポン女 といったイベント以外にもいろいろありました。

 

福島の大信町 「初舞台」を飲む会 @ちよだいちば

 

Img_0512


Img_1075


Img_4525

すごい熱気、人気でした。


***

ギタリストのためのアレクサンダーテクニーク @飯田橋

C0167359_12284059


C0167359_12284703

会場のドアを開けたら、なんと、イタリア在住の長岡克己氏とばったり顔を合わせました。
ちょうど、氏が作曲した「ラ・ネージュ」の楽譜を持っていたので、いろいろ話を聴きました。この曲は何かスピリチュアルなものを感じますね。

2人一組でワークをするのですが、松田弦さんも参加していて、一緒にやることになりました。また、谷川英勢さんも聴講で来ていました。

セミナー終了後、長岡氏、弦さんと三人でGGショップへ。

Img_0218

何年か前、長岡さんがGGサロンでコンサートをしたときに録画を手伝わせていただいたことがありました。その後、音信がなかったですが、数年ぶりに再会しました。

松田弦さんが演奏する「Zaqu」を聴いて、弦さんのレッスンも受けて演奏したことがあります。

実は、長岡作品のフリークで、Zaqu、Rui、ファンタジー、ラ・ネージュ、一夢人といった感じで、これまで弾いてきています。一夢人の新バージョンがあって、今度、送ってくれるという話になって(本当かな?)、実現したら嬉しいです。翌日には、日本を離れるそうで、縁があるようです。

.

目白の丘の音楽会で演奏しました

440_6_20171229316121_img_20171125_0

日本女子大の桜楓館で、目白の丘の音楽会:ニューイヤーコンサート2018が開催されました。

三部構成で、一部は一般、二部はゲスト、三部は合唱団。

二部のゲストの一人が、河野智美さん。

この会を企画した永松さんからお誘いを受け、私は、一部でクラリネットの坂本さんとデュオ林檎坂332で演奏いたしました。

ピアソラの1930年カフェとアヴェ・マリア(タンティ・アンニ・プリマ)を演奏。

ソロパートで普段しない若干のミスをしましたが、AMF2017の時に感じた違和感が解消できたので良かったです。今までで一番良かった感じですかね。

 

Img_6776



Img_8635

 

河野さんのゲスト演奏、アルハンブラ、粉屋の踊り、カバティーナ、シャコンヌ、G線上のアリアという充実した内容でした。

粉屋の踊りは最近弾かれないですが、やはりギターが似合う曲で、会場が盛り上がっていました。

 

Img_4684


Img_7704

Nさんが聴きに来てくれました。その他にも、Yさん、Hさんなど知り合いの方が来ていました。


26904027_1805938109417540_874750469

河野さんのFBから画像をお借りしました。

司会は、元News ZEROのキャスターの山岸舞彩さん、豪華でした。

 

今日はカリスの高矢さんからも誘われていました。ダブルブッキングであきらめていましたが、バスにうまく乗れて、レオナルド・ブラーボ&池田慎司ジョイントコンサートの最後にぎりぎり間に合いました。

タンゴ組曲から第2、第3楽章とアンコールのみ。

さすがに本場のリズム感に溢れた二人の息の合った演奏、ブラボーさんの深い音色、歌い回しに、どこかブエノスアイレスの居酒屋にでもいるような錯覚を感じました。

まさに、ブラボーでした。

 

本日は恵比寿で打上。ベルギービールの店で。


Img_0038

Img_0847_4

Img_7789_2

と、ここまでは良かったが、恵比寿駅まで行って、店に楽器を置き忘れたことに気が付くという大失態。

往復、走ってなんとか、予定した勝田止まりの電車に乗れました。

疲れたのと酔いが回って、爆睡して帰れました。

 

***

永松さんから;

熊坂さま、こちらこそ、ご出演ありがとうございました。「林檎坂332」のお二人が奏でる音は、とてもいいと思います。

河野さんの演奏は、さすがでしたね、本当に!
また機会がありましたら、ご一緒できるといいですね。

 

→日本女子大関係者の感想では、ギターを聴く機会が少なかったが、河野さんの演奏を聴いて感動したという話が多かったですね。

また、他の楽器の演奏にまじって、ギターを弾くのはいい経験になります。
林檎坂332の演奏も、残すところ、3月のカフェコン、4月近江楽堂の記念コンサートの2回になりそうです。

.

2018年1月20日 (土)

ギャラリーコンサート(2/18) 映画音楽とギター名曲集

2月18日(日) 14時から、JR勝田駅東口前のコミュニティギャラリーにて、ギターコンサートを行います。

「映画音楽とギター名曲集」という内容です。

20180218concerts_2

◇プログラム

第1部 
・いつか王子様が(白雪姫) 1939

・時のたつまま(カサブランカ) 1942

・モナリザ (別動隊) 1951
・愛のロマンス(禁じられた遊び) 1952
・エデンの東 1955

・鉄道員 1956
・白い恋人たち 1968

・ハナミズキ 2010

 

第2部 
・幻想曲第2番より ラルゴ(F.ソル)※1

・アラビア風奇想曲(F.タレガ)※2

・アルハンブラ宮殿の思い出(F.タレガ)

・クリスマスの歌(A.バリオス)※3

・ソナタ第8番(A.ヴィヴァルディ)
 プレリュードとクーラント ※2、※3
  

◇演奏者  
     熊坂 勝行  ※1佐藤 恵二
  ※2大江 匡之  ※3宮原 修

 

第1部の編曲は、鉄道員が長野文憲さん、ハナミズキが蓮見昭夫さんで、それ以外は、ほぼ竹内永和さんによるものです。

入場は無料ですので、ぜひ、聴きにきてください。

懐かしい映画音楽と、ギター名曲を楽しんで頂けたら、幸いです。

 

Dsc04288s_2


Kuma2





※佐藤さんはインフルエンザで参加できなくなりました。

.

2018年1月16日 (火)

谷島崇徳、渡邊茜ゲストコンサート(1/14)

2018年ギター新年会のゲストコンサート

◇谷島 崇徳

Dsc04289

Dsc04291

Dドロップチューニングへのこだわり

Dsc04293

 

F.ハンド Lesley's song

F.ハンド Missing her

コシュキン Ballads~Moderato

シネーシ 澄み切った空

 

Dsc04295

谷島さんと、3月にカフェ・コンサートをやります。
詳細決まりましたら、ご紹介します。

 

◇渡邊 茜

Dsc04297


Dsc04309

  


Dsc04300s_2


Dsc04305s
 

M.ポンセ プレリュード

F.ソル マルボローの主題による変奏曲

M.クレスポ ノルテーニャ

F.タレガ アルハンブラの想い出

武満徹 イエスタデイ

A.ヨーク サンバースト

J.ロドリーゴ 祈りと踊り

.H.バスケス 落葉する時間



Dsc04306_2

Dsc04314


Dsc04313

Dsc04308

 

アンコールは、オーバー・ザ・レインボー、シークレット・ラヴ

Dsc04316

素晴らしい。

 

予定したプログラムが終了後、参加者のハウザーⅡを試奏。

Dsc04321

Dsc04323

いいですね~え

熊蜂、魔笛などなど、コンサート アフター コンサート開始

 

Dsc04325


Dsc04326

しばし、コンサートの余韻に浸る。

 

打上はいつものレストンで。

Img_0584

良い新年会でしたね。

皆様、お疲れ様でした。

今年もギターを楽しみませう。

 

3月11日に渡邊さんがオペラシティの近江楽堂でリサイタルを行います。今日のプログラムに、悪魔の奇想曲などがプラスされているそうです。聴き逃せないですね。

愛好家の自由演奏会はこちら

 

◇茜さんからのメッセージ

アコラさま
本日はお招きいただき誠にありがとうございました✨
皆さんのギターを好きという気持ちと音楽が好きという気持ちが音になってズシンと響き、活力をいただきました。
今後更に精進していきます。
本当にありがとうございました😊✨

 

◇谷島さんから

今日はお疲れ様でした。
演奏後の雰囲気がいい感じでしたね。

 

 

◇感想

・いつもありがとうございます。
新年会、楽しく過ごす事が、出来ました。
茜さまのダイナミックな演奏。指の動きに、みいってました。

人との交流から、元気をいただき、希望がわいてきます。
茜さまからいただいた楽譜、大切にします。

 

・昨日は素晴らしい新年会を開催していただきありがとうございました。

渡邊さんの演奏はメリハリがあって素晴らしかったです。
3・11のリサイタルを聞いてみたいと思っていましたが、マルバギターCの発表演奏会がこの日にあり、残念ですがこちらに演奏参加します。

 

・本日の演奏会、ありがとうございました。
楽しい時間を過ごすことができました。
関連する写真を何枚か送ります。ご参考にしていただければ幸いです。

ギター新年会 (1/14) 開催しました

ギター新年会、今回のゲストは、谷島崇徳さんと渡邊茜さんのお二人でした。

Dsc04300s

 
Img_8701_2

 

◇愛好家の自由演奏会

Dsc04278

ラ・ネージュ

Dsc04281

青春

Dsc04282

イエスタディ・ワンス・モア

Dsc04283

ラグリマ

Dsc04284

大聖堂

Dsc04286

魔笛による主題と変奏

 

Dsc04287

Dsc04288s

ヴィヴァルディのソナタ8番から

このデュオのお二人は、2月18日(日)のひたちなか市民交流センターでのギャラリーコンサートに、私と一緒に演奏参加していただけることになりました。

 

◇渡邊茜 リハ中

Dsc04276


Img_6285


Img_9355


Img_9942

ゲスト演奏はこちら

 

皆様、
ギター新年会への参加ありがとうございました。

Img_4241

005s

.

2018年1月 7日 (日)

2018年もよろしくお願いします

Img_2164

勝田駅前のコミュニティ・ギャラリーに行ってきました。

写真は小さいですが、金魚のモビールです。

2月18日(日)に14:00から、ギャラリーコンサートを開催することになりました。

その時の展示が、金魚のモビールとトールペインティングで、現在、その関係者の作品も少し展示されており、制作者が来ているということで打合せに行ってきました。

 

Img_1673

トールペインティング作品と金魚のモビール(当日は大きなものが天井から下げられているそうです)に囲まれたギャラリー内でのギター演奏ということになります。

詳細はこれからですが、映画音楽とギター名曲集というタイトルになりました。

昨年はギャラリーコンサートがなかったので、1年ぶりで楽しみです。

***

年末に渋谷でMompou忘年会があり行ってきました。

アリシア・デ・ラローチャから直に指導を受けたピアニスト上原由記音さんを囲む会。

昨年のモンポウ没後30年記念「沈黙の音楽」上原由記音ピアノリサイタルに参加した方に上原さんが声を掛けてくださったもので、いろいろな分野の方が参加しており、楽しく刺激的な時間でした。

 

Img_2106


Img_6396

ギタリストもいました。


Img_6807

私は遠方からの参加ということと、迷子になって時間ぎりぎりに着いたので、一番いい席が残っていました。上原さんはとても気さくな方でした。

以前のブログから;

『「通常、ピアノの音は鍵盤を叩いた後、音は減衰していきます。しかし、フェデリコはピアノの弦は、打鍵した後、互いに共鳴し合うことで倍音が鳴り出し、響きは減衰するのではなく、増えていくと考えます。その為に、私は弱音であっても、深く打鍵することで、この効果を狙います。18日、皆様とこの体験をしたいと思います。」 (上原FBより)

上原由記音の演奏により、フェデリコ・モンポウの音楽、美が会場に響いた。演奏が終わると、フェデリコ・フェデリコはおらず、そこには思い出が残った。』

まさに、Acoustic → Life (^_-)-☆

***

2018年は、自然体で、ギターの多様性と自分なりのギターとの関わりを大切にして行きたいと思います。

2018年の予定

 

引き続き、皆様のアドバイスやご協力を頂いて、楽しいギターライフを一緒にやっていきたいと思います。よろしくお願いします。

.

.

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ