« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月28日 (月)

ある週末

今週はいろいろイベントが重なりました。

土曜日はギャラリーコンサートがあり、演奏してきましたが、金曜日は永島志基さんのインスト、日曜日はギターフェスがあり、聴きに行ってきました。

**

「美味しい舞曲集~永島志基、自作品を弾く」のCD発売を記念して、GGサロンにて、インストアライブがありました。

ギタリスト永島志基が、作曲家としての一面を披露。心浮き立つ楽しい作品から、心に染みる抒情豊かな作品まで、ギタリスト、作曲家(そして料理人!)としての多彩な志基ワールドを繰り広げます。(おまけ:秘伝のレシピ付き!)[発売元:ウッドノートより]

中国の生徒さんも多数聴きに来られて、賑やかでした。

Img_3328


Img_3325


Img_3336

曲も演奏も、良かったです。これから、DCを聴いてみます。

**

Img_3331

カピオと喫茶店の間の通り、ここに来ると49歳の時にギターのレッスンを受けるためここに通い始めたころのことが鮮明に思い出されます。

Img_3334

「ギターフェスティバル in つくば」の開場前の様子


Img_3332


Img_3333

  


オープン

201805271256131

 

201805271259161_3


201805271312471


201805271313551


201805271326481


201805271342371

201805271420461

201805271421271


201805271425061


201805271438481


201805271506571

ゲストのクアトロパロス

201805271530341

 

皆さん、お疲れ様でした。

 

参加団体の演奏が素晴らしく、クアトロのインパクト、弱まったかな。

,

2018年5月23日 (水)

5/26(土)ギャラリーコンサート

演奏会場のひたちなか市市民交流センターのギャラリーの展示はこんな感じです。

「何でもアリーナ Part.14」後期が始まりました!
グラスアートやクラフトバンド、クレイアート、香りのクラフト、着物リフォーム、パッチワークと多彩な作品を展示中です。

 

Img_3320


Img_3321


Img_3322


Img_3323

5/26(土)14時からは、「アコースティック・ライフ」(熊坂、幕田)によるギターコンサート(無料)が開催されます。忙しい日常から離れ、色鮮やかな空間、ほのかな香り、そして音楽に包まれるギャラリーでゆったりと過ごしてみませんか♪

 

****

コンサート、無事終了しました。

聴きに来てくれた皆様に感謝申し上げます。

ギャラリーコンサートのプログラム等

 

201805261358231


201805261358232

今回は、交流センターの木村さん、園部さんにお世話になりました。

  


201805261358233

 

第1部 映画音楽とリクエスト曲 熊坂

 

201805261358230011


201805261358236


201805261358237


201805261438242

 

 

第2部 クラシックギター名曲集 幕田


201805261438241


201805261438243


201805261438244

 

アンコール

201805261438240011


201805261438240012

最後まで聴いて頂き、ありがとうございました。

 

この後、二人で反省会へ。
車なのでビールが飲めずに、残念でした。

いろいろ課題はありましたが、今回もギャラリー展示のいい雰囲気の中、暖かい聴衆に囲まれて、それなりに充実した演奏ができました。

アンケートの意見をはじめ、演奏会をやってみると、勉強になることが多くあります。

次回は、違った感じでできたらと考えています。

画像を頂きました。

S Ss

 

 

****

アンケート結果

今回は3名しかアンケート回答がありませんでした。

「また聴きたい曲」は、面白いことに人によって大分違っていました。いろいろな人が聴きに来られるこのような場所でのプログラムには配慮が必要でしょうね。

・エターナリー  2
・パリの空の下 1
・ノルウェイの森 1
・ミッシェル 2 
・鉄道員
・禁じられた遊び 1
・風笛 1 
・メヌエット 2
 アデリータ 1
 マリエッタ
 マリア 1
・スペイン セレナーデ 2
・パバーナ カプリチオ 1
・パッサカリア 1
・ひまわり 2
・アストゥリアス 2

 

「リクエスト」

・G線上のアリア
・イエスタディ
・時代(みゆき)
・少年時代(陽水)

フォークソングや歌の希望もありました。

.

2018年5月22日 (火)

「愛好家の会」情報 小暮浩史 森田綾乃

 

◇6月17日(日)  
  ♬ゲスト 黒田 公子 高木 裕治

  ・ご案内・コンサートプログラム
  
  ・愛好家の自由演奏会  

  
  満員御礼!
  募集は、締め切らせていただきます。

 

 

◇7月29日(日) 
  ♬ゲスト 小暮 浩史


  ・東京国際GC優勝記念コンサート

  Kogurev

 

小暮さんからメッセージを頂きました。

「アコラの皆様、ご無沙汰しております。

こちらは元気にやっております。

プログラムについて、数曲、ご紹介しますね。

 

アリアと変奏第一番/G.レゴンディ

ソナタ/D.スカルラッティ

南米風変奏曲/S.アサド

2つのリディア調の歌/N.ダンジェロ

 

昨年の国際のプログラムとほとんど同じですが、これらを軸にしながら、他にもパリッとした小品も弾きたいと思っています。

当日を楽しみにしております!」 (小暮)

 

⇒詳細が決まりましたら、告知いたします。

 

 

◇9月29日(土) 
  ♬ゲスト 森田 綾乃

  Images

森田さんからメッセージを頂きました。

「アコラ界隈の皆さんとお近づきになれるのが嬉しく、お会いできるのを楽しみにしています。

どうぞ、よろしくお願い致します。」 (森田)

 

⇒こちらも、詳細が決まりましたら、告知いたします。

   
◆森田綾乃ウェブサイト  
https://kikokuuri1003.wixsite.com/ayano-guitare


◆YouTube
https://youtu.be/MfMnfhdxo3Y?t=1m28s

 

公開レッスン会も開催いたします。

・受講料 1コマ 40分 5000円
・聴講料 500円

 

申込み順で、3~4 コマになりますので、受講希望者はお早目に連絡をください。

 

注目ニュース!

森田綾乃さんは、第2回 南麻布純音楽祭(6/10)で、山田浩貴作曲の「ギター協奏曲」を、世界初演するそうです。

.

2018年5月20日 (日)

宇都宮方面

宇都宮に行ってきました。

 

Dsc04419

北関東を降りて、ろまんちっく村で一休み。

昨日とは打って変わって、半そでではいられないほど涼しかった。

ちょっとした買い物。

 

ろまんちっく村から少し行ったところにある「さくら温泉」

飾りっ気が全くないところだが、100%源泉かけ流しで、朝からリフレッシュ。

まだ、大した距離走っていないが。

 

今、人気になっている大谷資料館あたりの観光地

なんでも、オータニ資料館だと思ってくる人もいるという。

Dsc04420

Dsc04421


ギター仲間のMさんの案内で、日光の杉並木の中にある蕎麦屋へ

Dsc04422

この辺では有名な店らしい。美味かった!

Img_3303

 

それから、Mさんの新居を訪問

Img_3304


Dsc04423

1900年代初期の蓄音機。電気を使わず、ゼンマイを巻いて聴く。

針も、竹、鉄と当時のものを使っている。

これで聴くSP盤のセゴビアは凄かった。音圧が半端でなく、まるで目の前で演奏しているかのような迫力と臨場感があった。

 

宇都宮モティ

今日は廣岡さんのギターコンサートがあり、Mさんと聴きに行きました。

2部構成、2時間で、内容もギターの名曲ぞろいで素晴らしかった。

満員のお客さんでした。ギターをやっているようには見えない年配の方が多かったですが、廣岡さんの人柄に溢れた説得力のある演奏にひきこまれ、皆さん満足していたようです。

コンサート後は、おいしいインドカレーを頂きました。


Img_3305


Dsc04425


Img_3307

 

北関東で1時間ちょっと、ICを降りてから30分位かかりましたが、昔に比べて道路事情が良くなり、ずいぶん近く感じました。

帰ってから、ろまんちっく村で買ったものをひろげたら、いつもスーパーで買うようなものばかりだったので、笑ってしまいました。

茨城も栃木も、野菜が美味しいんですね~


Img_3309

.

2018年5月16日 (水)

愛好家の会(6/17)のお申し込み状況

〇6月の「ギター愛好家の会」は、満員御礼を申し上げます。
募集は、終了いたしました。
「愛好家の自由演奏会」で演奏される曲目が決まりました。
下方に掲載します。
 
・日時:2018年 6月17日(日)
 
・内容
①愛好家の自由演奏会      
  (6分程度以内/人)
 
②黒田公子&高木裕治 コンサート
 

Kurodatakagi_2

 

ゲストコンサート」の詳細はこちら

 

◇「愛好家の自由演奏会」の曲目

・プレリュード アルマンド

・谷村俊二 いい日旅立ち

・アルベニス 朱色の塔

・フェレール タンゴ2番

・バッハ サラバンド (BWV1002)

・カーペンター イエスタディ・ワンス・モア

・バッハ プレリュード (BWV998)
 ポンセ バレット

・ノイマン 愛のワルツ

・バッハ プレリュード (チェロ組曲3番)

・フォルティア マラゲーニャ

・バリオス 大聖堂

・ソル アンダンテ・ラルゴ

・プレトリウス 三つの舞曲

・バリオス ワルツ第4番
 アルベニス セビリア

・バッハ  カンタータ147番より DUO
 「主よ人の望みの喜びよ」   柴田健 編

 

・演奏なし(9名)

曲目は変更の可能性があります。

.

2018年5月14日 (月)

ジヴェルニーサロン(5/13)開催しました

201805121238291

 

「プログラムのない会」

◇先日のシニアギターコンクールのリスペクト部門で最優秀賞を受賞したSさんの演奏からスタート

201805131001561


201805131005451

あまり演奏されないコストのエチュードOp.38-8、
受賞にふさわしい格調ある演奏でした。

 

◇続いて、5/26(土)のギャラリーコンサートで演奏する二人が、プログラムから抜粋して演奏。

201805131012212


201805131012215

 

◇以降、あいうえお順に、近況紹介、ギター演奏

201805131049101

普段の練習を試す場として、こういう機会を利用しているというような話があった。


201805131058441

歌詞カードを持って来られたが、歌うためでなく、紹介とのこと。

 

201805131104031


201805131104032

アコラで初めて演奏するSさん
少し緊張したようですが、ソルのエチュードを大変きれいな音で演奏されました。

 

201805131114531

太陽がいっぱい。アンケートでも人気が高く、名曲です。


201805131121411

日立から5人で来られ、ギター演奏と、歌を披露してくれました。


201805131130162 201805131130164_2

 

その後、少し時間があったので、2巡目。

201805131012214

ひまわり、この曲もアンケートで人気が高かった。

 

腱鞘炎で聴くだけの方、ギターはやらないが聴きに来てくれた方などもいて、約半年ぶりにジヴェルニーサロンを開催したが、クラシックギターに親しむ場として利用していただけたらと思います。

 

 

 

***

3月に吉田正音楽記念館のカフェコンでお世話になったリディアさんが、「うのしまヴィラ」のライブに出るというので、応援に行ってきました。

ポーランドから日立に来て18年、3人娘の母親でギターを弾きながらポーランドの曲を歌いました。

Img_3297

Img_3300

201805131426382


201805131443181


201805131542461

 

このライブは、毎月やっており、来月が2周年に当たるそうです。

***


201805121233331


201805121234021

201805121235051





















2018年5月10日 (木)

GW後半

Img_3222


Img_3276

懸案だったモッコウバラとパーゴラ。
モッコウバラをすっかり取り除いてみたら、パーゴラが予想以上に劣化していた。


Img_3269

大量のモッコウバラ、ゴミ袋に8つ詰めたが、まだまだ残っている。
これは明日にします。


Img_3273

ゴミ袋に詰めていても、結構きれいで、もったいないです。
モッコウバラは、虫がつかないのと、トゲがないので維持管理しやすいです。
これで、トゲや毛虫がついていたらもっと大変な作業になります。


Img_3272

 

◇シニアギターコンクール

P1080848

・リスペクト部門で、アコラに来られている清水和夫さんが最優秀賞を受賞。
5月13日のジヴェルニーサロンで、受賞曲を披露してくれるのではないかと期待しています!

・シニアの部は、ひたちなか市の鈴木幸男さんが第1位
・ミドルの部は、東京の箭田昌美さんが第1位

両名とも、大変説得力のある演奏。すなわち自分がやりたいことががんがん伝わってくる演奏でした。もちろん、テクニック、音楽性も備えた上で。
過去に優勝した経験のある今のメンバーが参加している限り、ただ間違いなく演奏しただけでは予選通過、本選上位入賞は難しいでしょう。

箭田さんは、予選では2次審査で通過で微妙でしたが、本選ではタンスマンのカバティーナの3曲をしっかりした音で明瞭に聴かせました。

川田隆夫さんは、シニアの部第2位。ソルのグランドソナタ、選曲も渋いが、手堅い、ミスの少ない演奏。

佐々木みことさんは、ミドルの部第2位。弾きなれたセビリアは絶品だった。
発表前に本人に会ったので、セビリアだけで良かったのでは?と思わず言ってしまいました。ソルの演奏に大きな違和感があり、審査員がどうみるかで決まると思ったが、やはり、こういったコンクールではマイナス要因になってしまうのでしょう。審査員のツボにはまったといっても良いでしょう。
課題曲ロシータで独特のいいニュアンスを感じた場面があり、もったいなかったですね。

昨年の優勝者の演奏(種谷さん、近藤さん)には、聴き入りました。

審査の傾向なども見えてきましたが、シニアギターコンクールは、来年からは秋開催になって、リニューアルするとのことです。GWはギタブン祭りとのこと。
おそらく、ミドル世代は家族サービスで忙しくて、参加しにくいことを考えたのかな。。。

 

◇巨匠セゴビア

去年、こんなTV番組があったんですね。
見逃していました。

ららら♪クラシック 伝説の名演奏家 セゴビア
https://www.youtube.com/watch?v=jNDhIpbLOzs

ギター黄金期をつくった巨匠、高校時代に知って夢中になった。
当時は、どうやって弾いているか分からなかったが、今は、動画が見られ、セゴビアトーンのタッチをはじめとして、演奏テクニックがよくわかりますね。

アンドレス・セゴビア | ギターの歌 1976年の音楽
https://www.youtube.com/watch?v=Q_dZi_eCv3Y

 

この辺の曲はセゴビアのギターならではの世界がありますね。

セゴビア・コレクション第14集/スペイン名曲集I
https://www.youtube.com/watch?v=YF-GrvVHhnU

最近はセゴビアを知らない人もいるという。一時代を築いた演奏スタイルは再評価されるべきでしょう。
テンポは自由に変えるべきだと本人が言っているようですが、最近の演奏スタイルからはやりすぎと感じるところもありますかね。

.

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ