« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月28日 (火)

ギター巡礼(長野編1)

6年目のお盆も終え、人からの勧め、お誘いもあり出かけることに。。
 

◇サマーセミナー in 原村

Img_3570

Img_3572

田口秀一さんが、亡くなられた稲垣稔さんと一緒に2007年にスタートしたこのセミナーに参加するのは初めてだが、稲垣さんが元気なころに家内とコンサートのみを聴かせてもらう形で参加したことがあった。

家内と稲垣さんは同じ年に亡くなったようだ。稲垣さんの追悼イベントに親友のJ.M.レーモンさんが参加したことから、毎年レーモンさんがこのサマーセミナーに参加しているようです。

首都高が渋滞しないうちに通過しようと早朝に家を出たので、13時半の開講よりだいぶ前に9時半頃ホテルに着いてしまった。田口さんが、ホテル前で台風で散った落ち葉を掃いていたので、びっくり。

田口さんからも紹介があった近くの天然温泉で、時間調整。
  

・レッスン

初日 鈴木一郎先生

Img_3582s

急に一郎さんのレッスンを受けることになったので受講曲に迷ったが、キャメロン・オコナ-さんがR.ワーグナーに造詣が深いということで、昨年弾いた「さまよえるオランダ人」で受講。前の週にギャラリーコンサートがあったのでその練習が精いっぱいで、前日に楽譜を探して一夜漬けの受講で、申し訳なかった。一郎さんからは、リズムと表現について指導いただいた。

この日の最後のレッスンだったので、欧州と日本のイベント事情などについて時間をオーバーしてお話を伺うことができた。

 

2日目 J.M.レーモン先生

201808250857241

稲垣さんのCDに入っているコンプラント(哀歌)で受講。レーモンさんからはもっとゆっくり弾くこと、もっと表情をつけるよう指導頂いた。また、出版譜をこう弾いたらいいと少し見直して頂いた。

この曲、先週のギャラリーコンサートで弾いたがあまり反応はなかったが、理由はその辺にもあったようだ。譜面通りに機械的に弾いてはいけない。もっと自由に表現豊かに、確かに当たり前のことだが、最近すっかり忘れていた。

201808250948473

Img_3589
 

3日目 田口秀一先生

Img_3592

田口さんとはホマドリームができたころに菅原さんのところで会ったことがあった。左右の手の演奏方法に独自の考えをお持ちの方との印象だった。

今年のアコラのギター新年会に渡邊茜さんを呼んだが、それは少し前に聴いた茜さんの演奏が1年前の演奏に比べ様変わりしたこともあった。田口さんから昨年茜さんがこのサマーセミナーにやってきて演奏方法を指導したことが影響しているかなという話があった。最近、自分がやっている弾き方とは真逆なので大変勉強になりました。
 

・講演(1日目)

Dsc04521

鈴木一郎先生 「神様からの贈り物」~ギターと旅と私~

著名な作曲家、演奏家との交流の一端を話された。

神戸出身でセゴビアに師事、パリ、バルセロナを拠点に世界各地で活躍。パラモス音楽祭やバルセロナ・ギターフェスティバルの音楽監督を務めた功績で、文化勲章をスペイン政府から授与されている。名ソプラノ、ヴィクトリア・デ・ロス・アンヘレスとの30年にわたる共演、パコ・デ・ルシア、コンパイ・セグンド、フェデリコ・モンポウ、武満徹などの演奏家・作曲家との交流歴は凄い!

講演に続いて演奏されたが、MCで、レッスンでの私のマリンが良かったと皆さん前で話されてびっくり。アルカンヘル、ハウザー、ブーシェなどで参加している方々もいるのに。。
  

Img_3587
  

・講師コンサート(1日目)

鈴木一郎、J.M.レーモン、田口&レーモン、岩永善信

それぞれ個性的な演奏を聴かせていただきました。

Img_3627

田口先生のFBから画像を借用

 

小原聖子先生、一星さんも聴きに来られ、賑やかでした。
  

・受講生コンサート(2日目)

十数名の受講生が10分弱の演奏。プログラムの中ほどで演奏。
ギター関係者の前なのでアリアⅠ、Ⅴで前日申し込んだが、演奏前にレッスンを受けたレーモンさんからコンプラントを弾くよう直前に耳打ちされ、最初断ったが順番が回ってくるまでに変更し、アリアⅤとコンプラントを演奏。プレッシャーの中でいきなりアリアⅤはやはりきつかった。コンプラントはレッスンで注意したことが反映されていたとコメントを頂いた。

201808251645372

レベルの高い演奏が多かったが、「宵待草」のような曲も面白かった。
  

・新人育成コンサート(2日目) 

渡邊茜さんの演奏の目玉は、昨年このセミナーで会ったレーモンさんが茜さんのために作曲したライジング・サンという曲を初演すること。 

201808251949231

201808252009561

レーモンさんも大絶賛でした。

井上郁夫さん

201808252020301

 
キャメロン・オコナ-さん
 
201808252036101

 

井上&オコナ- デュオ

201808252109131

R.ワーグナーの「ジークフリード牧歌」(オコナ-編)、20分以上かかり熱演。

 

・懇親会(2日目のみ参加)

201808252236351

ライジング・サンを指導する場面も。

201808252357081

ブーシェ、ハウザーの試奏などもあり、10時からあっという間に12時になり、解散となりました。

 

・オコナ-さんとの時間(3日目)

朝食後レッスンまでの空き時間に、オコナ-さんと会話できました。

201808260833111


201808260833113


Img_3608


Img_3607

R.ワーグナーの研究で論文を書いたオコナ-さん、メルツのオペラレビューの中のワーグナーのオペラ「さまよえるオランダ人」よりの楽譜を出したら、私のギターで即座に演奏してくれました。

素晴らしい音色とテクニックで、食堂に残っていた方々も思わず振り返って聴き入っていました。

 

・セミナー終了(3日目)

Img_3621

  
Img_3613

Img_3623

Img_3624

携帯が圏外でつながらず、ギターに集中できた3日間。

先生方、ギター愛好家の方々のギター愛を感じました。

旧知の方、初めてお会いした方にも親切にして頂き、楽しい時間を過ごしました。

9月に初めてアコラに来る予定の方と、2人部屋で偶然同室になりびっくりしましたが、大変お世話になりました。

 

Img_3598

 

201808261315441

須坂に移動

.

2018年8月20日 (月)

トリニティコンサート(9/9) @ギター文化館の告知

Bf65b874c69b57945ef71a86540ef132

ギター文化館HPコンサート情報

ギター文化館の主催で、9月9日(日)14時から、「ギター&クラリネット&ヴァイオリンによるトリニティコンサート」が開催されます。

 

◎プログラムと演奏者  

◇魅惑のヴァイオリン&クラリネット◇  
  石田朋也(Vn) 坂本沙織(Cl)

バッハ インヴェンション2番 9番  
       
  

◇哀愁のクラリネット&ギター◇  
   林檎坂332(Cl:坂本沙織 G:熊坂勝行)

吉松 隆 ベルベット・ワルツ

ピアソラ  「タンゴの歴史」から 1930 Café       

マンガーニ アルバムの綴り                  

アルベニス アストゥリアス(Gソロ)      

                  マジョルカ 

武満 徹    小さな空 
            

休憩 
 

◇情熱のヴァイオリン&ギター◇  
  DUOカリス(Vn:石田朋也 G:高矢研治)

ピアソラ 「タンゴの歴史」から 1960 Nightclub

マスネ  タイスの瞑想曲

プーランク 愛の小径

ショパン ノクターン第20番 嬰ハ短調
       (遺作)

クライスラー 愛の悲しみ

イベール 間奏曲

ヴィヴァルディ 「四季」から夏・第3楽章 
          
 
◇最後に4人+1で◇

ピアソラ タンゴオペラ「ブレノスアイレスのマリア」から
      「私はマリア」

(曲目、順番は変更の可能性があります)

 

DUOカリスの情熱的な演奏と林檎坂332の哀愁感いっぱいの演奏、聴き応えのある内容になっていると思います。

マンガーニの「アルバムの綴り」は坂本さんの一押しで、クラリネットの旋律が美しい曲。原曲はクラリネットとピアノで、ピアノのところをギターに編曲して演奏します。

また、「マジョルカ」は、クラリネットとギターとのデュオで演奏します。

1コイン演奏会ということですが、文化館の入館料500円でコンサートも聴けるということで、コンサート自体は無料のボランティア演奏です。

.

2018年8月18日 (土)

ジュリアーニ 薔薇

Rose_2


ランディ絵画展、

谷下田朋美先生の作品「薔薇」

アンコールに、この絵のイメージ、というか「べた」でジュリアーニの「薔薇」を演奏しました。

ジュリアーニというと男性的でテクニックを重視した作曲家というイメージが強いが、アンサンブルやコンチェルトの緩徐楽章では美しいメロディを聴かせてくれる。なぜかソロ作品ではそういった曲が少ない。しかし、「私の愛する花の選集」という花の名前が付けられた10曲の小品からなる作品など、なかなか美しい作品もあり、以前からプロの方にも勧めているが誰も弾いてくれない。それで、自分で数年前に弾いたりしたが、演奏のつたなさからかあまり反応はなかった。

そんなこともあり、今回は、クレンジャンスの小品とこの「薔薇」を用意した。コンサートの流れでこちらを演奏したところ、アンケートで、谷下田先生から「感激した」と言葉を頂き、大変嬉しかった。

 

今日は、これまでの異常気象と打って変わって、爽やかな涼しい日だった。

ひたちなか市の夏祭りがあり、山車が付近を通るたびに、お囃子の音が今日ばかりは騒音に感じられ、コンサートの実施が懸念された。しかし、午後からは山車が駅前に来ることはなく、無事、コンサートを開始できた。

ただ、市長選の立候補者の宣伝カーが通るなどのハプニングもあった。

Img_3539


Img_3540



今回お世話になったランディの黒澤さんのご挨拶。

201808181358590012


201808181358590013

約45分のプログラムで、①絵画から受けた印象による曲(クラシックギターの作品)と②ギャラリーを抜け出して、各国、映画音楽の小旅行と帰国、③再び、ギャラリーに戻って絵画から受けた印象による曲(クラシックギターの作品)で纏め、というような構成。

プログラム

201808181358590015


201808181358590014


201808181358590011

 

一歳ちょっとの男の子も聴きに来ました。コンサートに耐えられるかと心配しましたが、コンサートを聴きながら、すやすや寝てしまいました。

Img_3541

 

絵付きのアンケート回答、将来価値が出るかもしれない。

Img_3544

コンサートは明日もあるので、頑張ります。

 

*** 

2日目 夏祭りが盛大に行われている。

Img_3545


Img_3549


Img_3550


Img_3551

 

***

201808191401150011


201808191401150012


201808191401150014


本日は、アコラの関係者がお二人、聴きに来てくれました。

感謝いたします。

お祭りの山車が、近くに居座った感じで、演奏していてもお囃子と共演している感じでした。

聖タレガも、フェスティバルか何かに呼ばれ野外で演奏することになって戸惑ったことが伝記に書いてあったことを、アルハンブラを演奏しながら思い出していました。

また、エレキを弾いているという方や、旧職場で一緒に仕事をした人で、ひたちなか市に住んでいる知人がぶらっと立ち寄ってくれました。

演奏の方は、昨日もやっており、また、最近プチ発表会でもやっており本番3、4回ということで、大分、リラックスして見通し良く演奏できた感じ。特に、ポピュラー系は、楽譜から離れて自由に演奏できた。こういう場ではシンプルな方が伝わりやすいのではないかとの印象です。

アンケート結果(8名);

○また聴いてみたい曲

・アルハンブラの思い出 5

・ノルウェーの森 5

・アストゥリアス 4

・時代 4

・コンプラント 2

・薔薇 2

・優しき玩具から 1

・エターナリー 1

・巴里の空の下 1

 

○リクエスト、感想など

・生のギターは音が違いますね! しみました。。。。

・トトロ

・とても感動しました。素晴らしい演奏ありがとうございます。

・タンゴ(アルベニス)、マジョルカ

・ギター1本で奏でる様々な音色、すごいなと思いました。

 

次に、このようなコンサートをする機会があった場合は、アニメ、演歌などもプログラムに組み込もう。。

2日間、お世話になりました!

.

2018年8月13日 (月)

アポフェスⅢ

37827712_2011077272276476_275830803


37915810_2011077575609779_753096053

蕨市で開催された「アポフェス」に行ってきました。

後半から、間に合いました。

 

5.大坪純平 アルアイレンジャー隊長最後の戦い

201808121707242

映像とエレキギターの共演? 何か新しいことをやろうとしているようだった。

 

6.吉住和宏 300%アップセミナー

201808121838561

楽器と身体について学ぶことで、価値を300%あげるという内容。
得るものが多く、なかなか良かった。

 

7:和光美笛 森田綾乃 佐藤弘和作品

201808121847511

佐藤弘和氏が作曲したオーボエとギターの作品を紹介するコンサート。

・夏の名残のバラ

・小組曲

・素朴な歌 (ギターソロ)

・シャンソン

オーボエは和光さん、ギターは佐藤氏の高弟の森田さんというお二人。オーボエとギターのデュオは、コストの曲などがあるが、ライブは初めて聴きました。デッドな感じの会場でしたが、ギターの音も良く聴こえました。小組曲は、6つの小品からなるもので、フランス風の優雅な作品。森田さんの演奏、この人は自然体でうまい~

 

8:アポヤン道協奏曲 ぺロワちゃんZ

201808121945251

フィナーレを飾る!

皆様、お疲れ様でした。

 

夏の熱い日、茨城ー神奈川・横浜ー埼玉・蕨ー上野ー茨城と、長い一日でした。また、帰り、上野から電車に乗ろうとしたら、常磐線は人身事故でストップしており、更に長い一日となりました。
何とか、その日のうちに帰宅できました。

 

Img_3510s_3

クリアーファイルやシールなどお土産も頂きました。

.

.

エリスマン邸プチ演奏会

Img_3505

横浜の山手西洋館のひとつエリスマン邸で「ながおか」さんが主催するプチ演奏会があり、参加してきました。このプチ演奏会は大変な人気で、毎年申し込もうと思っても空きがなく、今年はたまたまキャンセルがあった際に申し込みができ、やっと願いが叶いました。

エリスマン邸は、生糸貿易で活躍した、スイス生まれのフリッツ・エリスマン氏の邸宅で、設計は、「近代建築の父」といわれるチェコ人の建築家アントニン・レーモンドだそうです。

 

Img_3506

 

Img_3507
 

Dsc04496


Dsc04498

1階には暖炉のある応接室、居間兼食堂、庭を眺めるサンルームなどがあります。椅子やテーブルなどの家具は、レーモンドが設計したもの。

昔の厨房部分は、喫茶室になっており、入場待ちの観光客があふれそうに並んでいました。みそプリンが有名なようです。ここでランチを食べようか迷いましたが、念のためコンビニでランチを買っておいたのは、正解でした。

地下ホールは貸しスペースとして利用されており、ここで演奏会が行われました。
一般の方も、聴きに来られました。

 

Dsc04506


Dsc04513

アリアⅠ、Ⅴと木漏れ陽のロマンスを演奏。

 

Dsc04517

  


Dsc04519


Dsc04520

この前、アコラで演奏して頂いた高木さん。バッハのフルートソナタBWV1031から第1、第2楽章をフルートとのデュオで演奏。

 

 

昔、外人墓地やこの辺を観光に来た。
ユーミン世代には懐かしい場所。

今日は暑かったが、急に雨がぱらついたりした。
幸いゲリラ豪雨にはならなかった。

ビアテラスでの打ち上げが定例になっているが、ダブルヘッダーでアポフェスに向かう。
 

Dsc04499


Dsc04501


Dsc04504

.

2018年8月 8日 (水)

「ランディ絵画クラブ作品展」 ギターコンサート(8/18、19)

ひたちなか市 コミュニティギャラリーにて、
「ランディ絵画クラブ作品展」ギターコンサートが開催されます。

8月18日 (土)/19日(日) 開演14:00 
入場無料(自由席)

ご都合がつきましたら、よろしくお願いします。

この日は、ひたちなか市の夏祭りで、周辺は賑わっているようです。

 

  
◇プログラム 

Photo

・コンプラント
 ~中世フランス・プロバンスの抒情詩~
 (ジャン・マリー)
 

Cid_8f9afce1e58c4125aa63d6505dbcaf9

・木漏れ陽のロマンス、G氏の肖像 
 ~優しき玩具~ (吉松 隆)

 

Photo_2
 

・アストゥリアス ~伝説~
 (アルベニス)

 

 
・エターナリー ~ライムライト~
  (チャップリン)

・巴里の空の下
  (ジロー)

・ノルウェーの森
 (レノン=マッカートニー)

 

・時代 (中島みゆき)

 

・アルハンブラ宮殿の思い出(タレガ)

                 

※プログラムは変更の可能性があります。
         

Randy_2




なお、曲目は実際の展示をみて、変更等があるかもしれません。

 

***

8月15日、絵画展を観に行ってきました。

とても良い雰囲気でした。

 

Img_3522s

谷下田朋美先生の作品

 

Img_3523
 

Img_3533

 

Img_3529


 

Img_3531

 

***

ギターの弦、変えてみます。

これまで、セシリア(1-3)とカンティーガ(4-6)を使っていました。

楽器を買った時に勧められたもので、特に違和感がなく使ってきました。稀に、プロアルテを使ったりしました。

GGショップで、キュヒセットというものがあったので、試しに使ってみました。

最初、違和感がありましたが、1週間して落ち着いてきたのか、手がなじんできたのか、割にいい感じです。

よりギターの音らしくなってきた感じです。

リーガル(1)、コラム(2-3)、オーガスティン(4-6)。

 

Img_3501s

.

2018年8月 7日 (火)

愛好家の会(9/29)のお申し込み状況

Imagess

 

9月29日(土) ギター愛好家の会 

 開場:13:00 開演:13:30 

①愛好家の自由演奏会
(6分程度以内/人) 
 

②ゲスト 森田 綾乃 コンサート 

③森田綾乃マスタークラス

④打上(懇親会)

 

会の詳細はこちら

 

◇お申込み状況

①愛好家の自由演奏会  

・A.バリオス 森に夢見る

・F.ソル 綺想曲「静けさ」 作品50

・J.S.バッハ サラバンドとドーブル BWV1002

・F.リスト 愛の夢 第3番

・M.ポンセ エストレリータ
 J.ペルナンブコ 鐘の響

・J.フェレール 水神の踊り

・F.ソル 練習曲 作品35-23
  J.S.バッハ 神よ、われら汝に感謝す BWV29

・ビートルズ エリナーリグビー
         イエスタデー

曲目は変更の可能性があります。

 

 

③森田綾乃マスタークラス  

・J.S.バッハ プレリュード BWV1012

・H.ジロー パリの空の下

・S.ラック クレンピルの主題による変奏曲

.

 

.

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ