« ジヴェルニーサロン(11/15)のご案内 | トップページ | コフリン 聴きました »

2018年9月24日 (月)

水戸ギターアンサンブル演奏会(9/24)に行ってきました

Img_3707


水戸ギター・アンサンブル演奏会がひたちなか市文化会館小ホールで開催されました。

プログラムは以下です。 

第1部

スカボロー・フェア/詠唱 (サイモン&ガーファンクル)
恋は水色  (A.ポップ) 
オリーブの首飾り (C.モーガン) <合奏>

カノン (J.パッヘルベル)
花まつり (アルゼンチン民謡)
コーヒー・ルンバ (J.M.ペローニ) <小合奏>

アリア第4番 (F.クレンジャンス)
ロス・マレアドス~酔いどれたち (J.C.コビアン~飯泉編)
フェアウェル (S.アサド) <二重奏>


カヴァティーナ (S.マイヤーズ) 独奏 中村俊三



第2部

大聖堂 (A..バリオス)  
  ゲスト演奏 独奏 森田 晴

アダージョ~アランフェス協奏曲より
スペイン舞曲第1番(M.ファリャ) <六重奏>    

行進曲
あし笛の踊り
トレパック
花のワルツ~以上くるみ割り人形組曲より <合奏>

 

 

ギターに適した多くの名曲とチャレンジングな曲があり、魅力的なプログラムでした。今回で18回目ということで、そういった経験の蓄積を感じました。

この演奏会に向けて半年以上、練習を重ねてきたという話が中村先生からありましたが、その成果が十分感じられました。

多くのギター関係者だけでなく、マンドリンの方ともお会い出来、楽しい時間を過ごさせていただきました。

森田 晴さん、ギター文化会館で小さい頃から聴いていたが、高校生になって水戸三高に通学しているとのことギター科ってあるの?音大受験のための準備かな? 若い人でクラシックギターをやる人が減っているという話があったが、演奏者、来場者を見ても高齢者が多い。ぜひ、頑張ってほしい。

クラシックギターという伝統音楽で、若い人の心にどうつながっていくのか?
ギターを演奏している人自身がなぜギターに興味をもったのか、時代のファッションだったのか、それだけではなくもっと本質的なものがあるのだろう。そういうものが、伝わってくると良いのだろう。。。

.

 

 

« ジヴェルニーサロン(11/15)のご案内 | トップページ | コフリン 聴きました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水戸ギターアンサンブル演奏会(9/24)に行ってきました:

« ジヴェルニーサロン(11/15)のご案内 | トップページ | コフリン 聴きました »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ