« ギター | トップページ | アコースティック・マルシェ(1/20)終了しました »

2019年1月18日 (金)

1/20 中村俊三新春コンサートの曲の解説

Cimg1054sb


中村俊三新春コンサート の解説が、中村先生のブログに書かれています。

詳細に書かれており、とても参考になりますので事前に見て来られますと、より演奏が楽しめるかと思います。(リンク貼っておきます)

 

◇プログラム

<第1部>
ジョン・ダウランド 
   涙のパヴァーン、 
   エリザベス女王のガリヤード

(解説1)

 

J.S.バッハ  
   組曲ニ長調 (原曲チェロ組曲第1番ト長調BWV1007 中村編)
  1.プレリュード
  2.アルマンド
  3.クーラント
  4.サラバンド
  5.メヌエットⅠ、Ⅱ
  6.ジグ

(解説2)

 

フェルナンド・ソル  
   序奏と「私が羊歯だったら」の主題による変奏曲作品26

<第2部>
エイトール・ヴィラ=ロボス
   ブラジル民謡組曲
  1.マズルカ・ショーロ
    2.ショティッシュ・ショーロ
    3.ヴァルサ・ショーロ
    4.ガヴォット・ショーロ
    5.ショリーノ

(解説3)

 

アウグスティン・バリオス
   大聖堂
  Ⅰ プレリュード(郷愁)
  Ⅱ 敬虔なアンダンテ
  Ⅲ 荘厳なアレグロ

(解説4)

.

« ギター | トップページ | アコースティック・マルシェ(1/20)終了しました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1/20 中村俊三新春コンサートの曲の解説:

« ギター | トップページ | アコースティック・マルシェ(1/20)終了しました »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ