« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月27日 (日)

鉾田市民音楽祭(1/27)で演奏しました

201901271109071

鉾田市民音楽祭が大洋公民館でありました。

鉾田町と大洋村、旭村が合併し、現在の鉾田市になったそうです。それで、大洋公民館でやっているのとのことです。

Img_4263

Img_4261

Img_4264

最初に演奏予定のロックバンドがインフルエンザのためキャンセルになったということで、トップバッターで演奏しました。

立派なパンフレット、会場、スタッフさん、PAの感じも良く、気持ちよく演奏できました。

201901271109073


201901271109072

M.ジュリアーニ 愛の冒険

マシコタツロウ ハナミズキ

老人と若者のデュオということで紹介して頂きました。

演奏が終わって、ロビーに出たらもう写真が貼り出されていました。

Img_4268

***


201901271401561


201901271410041

このあと、しあわせプラザで開催された「わおん」のコンサートを聴きに行きました。

***

ばたばたとした1月のイベントもひと段落。

次はG文化館の2/10のフリコンでの演奏。

歌謡曲と没後60年記念のV.ロボスにチャレンジしてみよう。

.

2019年1月26日 (土)

吉田正音楽記念館 展望カフェコン(1/26)

201901261854064

吉田正音楽記念館の展望カフェコンで演奏しました。



201901261759181


201901261759182


201901261759184

 
◇前半 熊坂

201901261759187

2019012617591811

アストゥリアス(I.アルベニス)
Everything(松本俊明) 
プレリュード(無伴奏チェロ組曲第6番から)(J.S.バッハ)

再会(吉田正)
+ヴィラ=ロボス 前奏曲1番から

 

◇後半 谷島

201901261829531


201901261829532
 
禁じられた遊び(A.ルビラ)
アルハンブラ宮殿の思い出(F.タレガ)
11月のある日(L.ブローウェル)
フェリシダージ(A.ジョビン)

 

◇谷島&熊坂

201901261854062

愛の冒険(M.ジュリアーニ)

201901261854063

アンコールはハナミズキ

 

201901261740291

約50名の方が聴きに来てくれました。


201901261910151

    

聴きに来てくださって、ありがとうございました。


Img_4249


Img_4257


Img_4258


Img_4259

Img_4228

Img_4229

Img_4232

Img_4230
 

感想を頂きました。ありがとうございます!          

・昨日は間近で聞かせていただき、ありがとうございました。

バッハから歌謡曲まで、またお二人のソロあり、2重奏ありで色々な組み合わせをゆっくり、楽しませて頂きました。

ジュリアーニの2重奏は軽やかに弾かれてましたけど、ネットなどで見ると結構動きも大きく、大変そうな曲ですね。

あらためて、素晴らしい演奏をありがとうございました。(Sさん)
  

・夕べは、音楽で楽しみました。

たくさんの方で、にぎわいました。

再会とヴィラ=ロボスを織り混ぜた曲もよかったです。(Nさん)

.

.

ロボスとパガニーニのゼミナール

Img_4226

出勤時にFBをみたら、今日、ブラジル大使館でロボスとパガニーニのゼミナールがあるというので行ってきました。

明日は吉田正音楽記念館の展望カフェコンがあるので今日は早く帰る予定だったが、今、関心のあるロボスとパガニーニについて、二人のギターとの係わりをギター関係者でない方々が論ずるというので、興味津々で行ってきました。

 

Img_4218




Img_4219

Img_4220


パガニーニについて本を書かれている浦久俊彦氏とその本を読んでロボスとの共通性を感じたという指揮者で日本ヴィラ=ロボス協会会長の木許裕介氏の講演会&対談。

知的興味に溢れた、楽しい時間を過ごしました。

今日はそれほど聴衆がおらず、聴衆も交えたフリートーキングの時間があり、ギタリストらしい方も見かけなかったので、アマチュアながらギタリストとしての責務感から少し話題を提供してみました。

・パガニーニの遺品にはヴァイオリンはなくギターがあったということ。

・ロボスのギター曲と、吉田正の歌謡曲との関連性。ちょうど明日、吉田正音楽記念館でその曲を演奏する話。

・マルティン・ルターはギター(リュート)を弾き歌って布教した。その楽器がドイツの博物館に残っている。

ギタリストでない方々がギターに関心を持ってくれていることは、嬉しかった。

Img_4224

東京は良いですね。こんなイベントが無料でやっているのですね。

ここでヤマンドゥのコンサートもあったそうです。

新たに特急指定券を買うことになってしまいましたが、金曜日のうちに帰って来れました。

.

2019年1月23日 (水)

ジヴェルニーサロン(3/3) 開催します

Raouldufyanmones

ジヴェルニーサロン(3/3)のご案内

時間:午前10時~12時ごろ

場所:Marisのアトリエ(アコラ)

費用:500円(飲み物付)

 

内容;

①参加者の演奏・情報交換

 (お申込みは終了しました)      

・北川さま

・ANさま

・KNさま スペイン舞曲第5番

・MSさま

・KMさま

・HHさま

・CHさま

・KSさま

・HYさま

・KSさま  愛の歌

・MNさま

・TSさま 悲しみの礼拝堂 

 

・北川さんのヴァイオリンとギターでDUOもやります。

北川さんが主催する、「Spring Concert Ⅱ」@ギター文化館は
申込者が200名に達し、チケット完売とのことです。
長谷川きよし並みですね。
私もギターで賛助演奏します。 

ギター文化館記事

 

②アコラ15周年記念イベントの状況報告

 演奏参加者は大体申し込み頂けた感じですかね。

 

 

③即席デュオ・アンサンブルの時間

 やりたい曲が有れば、連絡してください。

 参考例 リスト

 このリストには即席でやれるものは少ないと思いますので、弾きやすい曲などを事前にご提供いただけましたら幸いです。

即席デュオ・アンサンブルは、余った時間で行いますので、人数に限りがあります。

この前、吉田正音楽記念館と鉾田市民音楽祭でやった、ジュリアーニの愛の冒険なんかはちょうど良いと思います。

 

 

 

..

2019年1月22日 (火)

ジヴェルニーサロン向け楽譜

ジヴェルニーサロンでの演奏用の楽譜をリストアップします。

今後、順次更新していきます。

今あるものはある程度練習してから弾く曲です。。。

皆様からのご提供をよろしくお願いいたします。

 

◇デュオ

・吉松隆 優しき玩具

 朝の歌
 水色のアリオーソ
 L嬢の肖像
 ベルベット・ワルツ

・いちむじん ギターデュオ コレクション

 紫陽花
 一夢人、など

・上田益 ソルに捧げる15の歌
  原曲+オブリガード
 Op6-8
 Op.35-22
 Op.31-19
 Op.29-13
 Op.6-11
 Op.35-17
 Op.35-7
 Op.31-4
 Op.31-23
  Op.35-18
 Op.35-23
 Op.6-1
 Op.35-24
 Op.35-9
 Op.35-16

 原曲を2、3人で弾いても面白いですね。

・ジュリアーニ 愛の冒険

・モリコーネ ニュー シネマ パラダイス

 

 

◇他の楽器

・パガニーニ カンタービレ

・パガニーニ チェントネーデ・ソナタ 1番

・武満徹 小さな空

・ピアソラ オブリビオン

・ピアソラ アヴェマリア

.

2019年1月21日 (月)

休日・諸々

Img20190121_22070854


今日は休日。

午前中は、K氏とヴァイオリンとギターのデュオの練習をしました。

午後は洗車をした後、いろいろやるべきことがあったが、年間購読の現代ギター誌が配達され、ついつい読みだしているうちに夕方になってしまい、何もできなくなってしまいました。

河野さんが表紙になっており、CD発売とコンサートの記事があった。先週、数年ぶりで河野さんのレッスンを受けたところのタイミングでびっくり。

ラッセルの基礎テクニック講座など役に立ちそうな記事があったが、「シューベルトはギターを愛したのか~」という記事は、あまりのピンボケさに嫌になった。シューベルトがギター曲を書いたかどうかということについて書かれているが、ギターを愛したかどうかとはつながらないし、それはどうでも良いこと。

昔、他の記事を読んだ記憶では、子供の時、家にはピアノはなく、ギターや他の楽器はあって、家族で音楽を楽しんでいたようだ。シューベルトも当然ギターを弾いていた。
マティエカの3重奏をチェロを含む4重奏に編曲しており、私も前に両方の楽譜と演奏を比べて、自分でもギターパートをさらってみたことがある。その印象では、マティエカオリジナルはギターがベースも担当し、ローポジションの和音で伴奏することが多く、チェロにベースを弾かせることで、ギターはベースを弾かなくともよくなり演奏がより容易になり、また和音をより響きの良い音域に移すなど、アンサンブルのバランスが良くなっている。youtubeの演奏例でも、ギターがいい感じで存在感を示している。家族や気心の知れた音楽仲間とのアンサンブルで自分がギターを弾くことを念頭に編曲したものと言われているが、さすがシューベルトだと感心した。

たまたま、午前中にパガニーニのヴァイオリンとギターの曲を弾いたが、パガニーニの魅力は弾きやすく単純な音で、最大の効果を出していることだと思う。ニコレッタというこの記事を書いた人はギタリストのようだが、分かっているのかな。。シューベルトがギターを弾いたことも抹消されるようなら怖いです。

 

***

昨日のアコースティック・マルシェで出た話の流れで、次回のジヴェルニーサロンは、これまで同様何でもありですが、メリハリをつける意味でも、簡単なデュオの曲を持ちよって、即席デュオ演奏をするようなことも企画してみたいと思います。

まだ、1ヶ月余裕がありますので、各自がやりたい曲があればこちらに連絡してください。事前に公開して、ジヴェルニーサロン当日に即席デュオ演奏みたいな感じでできたらと思います。

なるべく、初見でもできるような曲が良いですね。
トリオでも良いですが、難しくなりますね。

 

.

アコースティック・マルシェ(1/20)終了しました

♪中村俊三 新春コンサート


201901201402561


201901201412031


<第1部>
ジョン・ダウランド 
涙のパヴァーン、 エリザベス女王のガリヤード

J.S.バッハ  
チェロ組曲第1番ト長調BWV1007 (中村編)
  
フェルナンド・ソル  
序奏と「私が羊歯だったら」の主題による変奏曲作品26

201901201433311


201901201433312
 

<第2部>
エイトール・ヴィラ=ロボス
ブラジル民謡組曲

アウグスティン・バリオス
大聖堂
 

ブラジル民謡組曲のショリ―ニョは聴く機会があまりなく、当時はやっていた曲を基に作曲したのではというお話。

それに関連して、アンコールでは自作のショーロを演奏。
          

各フィールドを代表するような作品を集めた充実した内容のコンサートでした。

 

 

♪Free Time


201901201549411

ウクレレからまたギターに持ち替えました


201901201553451

リュート組曲第1番制覇に向けて、クーラント


201901201559391

盗賊の歌、よく弾かれる名曲ですが難曲です


201901201606181

珍しいフェレールのスペインの微風


201901201612071

こちらも珍しいアルベルトのソナタ第1番第1楽章


201901201618141

ご自身の編曲によるショパンのワルツ第10番
聴き入りました



201901201623391


201901201623392

アコラには久しぶりです
懐かしいです



201901201629562


201901201631251

中村先生と大学のギタークラブ同期生という縁 
今日は、東京、つくばからもギタークラブ関係の方が参加されました



201901201637001

曲の背景なども研究し、イメージに合った演奏を心がけているとのこと

201901201637003


201901201637004

中村先生と即席デュオで佐藤弘和作品。

皆さんの演奏の後で緊張からミスしてしまいましたが、握手で和解しました。



201901201250541_2

中村先生のCD、6種類あります。

Img_4217

打上は、いつもとは違って蕎麦屋さんへ。

参加者が少なかった分、いろいろなお話を伺うことができました。

いろいろな考えがあるが、不完全な暗譜でミスするより、譜面を見てミスを少なくした方が良いと考えている、というようなお話もありました。

8月10日のアコラ15周年記念イベントには、中村先生も参加されることになりました。

 

◇感想を頂きました。

・中村先生のブログは、多くの視点で様々なことが書かれていてこれまでも大変参考になっていました。そのこともあり一度先生の演奏を直接お聴きしたいと思っていましたが、昨日は、音楽作りを始めとして改めて大いに勉強になりました。また、あれだけの曲を一気に弾いてしまうエネルギーを見せられて、何事も歳のせいに出来ないと痛感しました。先生と同じ生年で、最近すぐ歳のせいにしてしまいがちな自分を反省しながら、大いに元気を頂きました。ありがとうございました。(U様)

 

・新春コンサートをありがとうございました。
久しぶりにアコラのイベントに参加でき、Marisのアトリエの雰囲気を楽しまさせていただきました。その空間に満ちるギターの音色はやはり最高ですね。
特に、中村さんのハウザーはさすがでした。さらに、あのボリューム感のあるプログラムを淡々と弾かれる姿に中村さんのすごさを感じました。ブラジル民謡組曲をまとめて生で聴くのは初めてで印象に残りました。ソルのOp.26は、たまたま前日にギタ文で北口さんの演奏を聴き、お二人の個性の違いを感じながら楽しむことができました。

新春早々、皆さんの演奏に鼓舞され、今年一年気持ちを新たにギター音楽に向かい合いたいと思いました。
遅くなりましたが、御礼方々感想まで。(M様)

 

 

 

.

2019年1月18日 (金)

1/20 中村俊三新春コンサートの曲の解説

Cimg1054sb


中村俊三新春コンサート の解説が、中村先生のブログに書かれています。

詳細に書かれており、とても参考になりますので事前に見て来られますと、より演奏が楽しめるかと思います。(リンク貼っておきます)

 

◇プログラム

<第1部>
ジョン・ダウランド 
   涙のパヴァーン、 
   エリザベス女王のガリヤード

(解説1)

 

J.S.バッハ  
   組曲ニ長調 (原曲チェロ組曲第1番ト長調BWV1007 中村編)
  1.プレリュード
  2.アルマンド
  3.クーラント
  4.サラバンド
  5.メヌエットⅠ、Ⅱ
  6.ジグ

(解説2)

 

フェルナンド・ソル  
   序奏と「私が羊歯だったら」の主題による変奏曲作品26

<第2部>
エイトール・ヴィラ=ロボス
   ブラジル民謡組曲
  1.マズルカ・ショーロ
    2.ショティッシュ・ショーロ
    3.ヴァルサ・ショーロ
    4.ガヴォット・ショーロ
    5.ショリーノ

(解説3)

 

アウグスティン・バリオス
   大聖堂
  Ⅰ プレリュード(郷愁)
  Ⅱ 敬虔なアンダンテ
  Ⅲ 荘厳なアレグロ

(解説4)

.

2019年1月14日 (月)

ギター

Img_4202


Img_4201


アリ・アランゴのコンサートを聴きました。満員で盛況でした。

いろいろなジャンルのテクニカルな曲を多く披露してくれた。正味の演奏時間はこれまできいたコンサートの中でかなり短かかった。11の主要な国際コンクールで優勝しているという、破たんの無いハイレベルな演奏。日本人とは違った感性。

二重奏ではホールによるものか、音がクリアーに聴こえたり、そうでない場面があったように感じました。音は桜井ギターに似た感じだった。

 

**
今年になってからはバタバタし出したが、年末は比較的ゆっくりでき何年ぶりかでレコード大賞や紅白、ドラマの総集編などTVも観ることができた。レコード大賞では昔のJPOP、結構良かった。

 

ギター、いわゆるクラシックギター(親族楽器も含んで)は相当ユニークな楽器だろう。

古くはソロ、アンサンブル、歌の伴奏などに盛んに使われていた。

古典以降はいわゆるオーケストラの中では使われなくなった。音が持続せず、小さいという特徴がなじまない。

ソロは、バッハの無伴奏チェロやバイオリン、リュートの作品などもあり、より以前のルネッサンス時代、ダウランドなど、ソロはリュートが主役だったのではないか。ピアノが発達しショパンやリストが活躍するようになって、また、コンサートが大ホールでやるようになって、ギターは出番が少なくなった。ジュリアーニあたりが他の楽器と共存したひとつの完成形か。

その後も、手軽さもあり生活の中ではギターは弾かれていた。

蓄音機(電気的な再生装置)ができ、生演奏のニーズが少なくなった。また、音楽の内容も複雑になった。

カラオケの普及で、居酒屋などでのギター伴奏のニーズがなくなった。

ジュリアーニ、メルツ、タレガなど、それぞれのギターとギター以外の楽器・音楽との係わり方は興味深い。

ロボス、ピアソラはギタリスト以外でギターのためのユニークな作品を残しており、まさに巨人。

最近ギターが流行った時代としては、禁じられた遊びなど映画音楽でギターが盛んに使われた時代と、フォークソング時代があり、今、クラシックギターに係わっているのはこの世代の人が多い。

一方、エレキギターがバンドの中で使われ、やがてロックフェスなど大規模なイベントでも活躍している。最近はアコギでもなかなか凝った演奏が多い。楽器屋さんから聞いた話ではギターというと9割以上エレキかアコギで、クラシックギターを買う若者はいないそうです。

「ギターは演奏者の心が聴く人の心に直接伝わる、心から出て心へと伝わるものである。」とは、濱田滋郎氏の言葉で、2004年1月のホームページに記載しアコラ活動の原点としています。

昔、雑誌で「心を込めて演奏した」というようなアマチュア演奏家の感想に対して、心を込めても演奏には反映されない、頭で考えたり、指使いが大切といった意見などを読んだ記憶があり、いまだに何らかの影響を受けている。

しかし、濱田氏の言葉は「(クラシック)ギターは心から出て心へと伝わるものでしか勝負できない」と言っているのかなと最近は考えるようになりました。

一方で、ギターは楽器だけでも美しく、音色にも魅せられる。

 

今年はアコラ活動15周年を迎えます。

10周年の時は、個人的な思いとして「ギター美に触れる2日間、表現はDNAを超えられるか」ということでやりました。

15周年は「エボカシオン」かな。

ギターは多様性がある楽器。演奏者それぞれのギター愛が感じられるような演奏って良いですね。

 

.

2019年1月 6日 (日)

展望カフェコンサート(1月)

Home

日立市にある吉田正音楽記念館の展望カフェコンサートで演奏することになりました。

1月26日(土)午後6時~(開場:5時半)

入場無料です。

  

日立市報;

Shihou

谷島崇徳さんと一緒に演奏します。

プログラムは、「ソロギターコンサート」というサブタイトルで、私はギターに編曲された作品を、谷島さんはギターオリジナル的な名曲を演奏します。

 

この展望カフェコンでは、最低1曲は吉田正の曲を演奏することになっています。

吉田正とギターについては以前のブログでも書きましたが、その関係について紹介された記事や、古賀政男のような明示的なものは見当たりませんでした。

しかし、吉田正はギターを弾いた。

吉田がギターを弾いている写真が残っている。

中出阪蔵が製作したギターが記念館に残されている。

Photo

 

その後、吉田の歌謡曲を実際にギターで弾いているうちにある関係性に気づきました。

それを、当日ギター演奏で表現してみたいと思っています。

 

 

「ソロギターコンサート」というサブタイトルですが、最後はデュオで締めたいと思います。

クラシックギターが全盛だった19世紀のサロン、M.ジュリアーニの楽しいデュオ曲を演奏します。

Yazimakumasaka

ご都合がつく方はお運びいただけましたら幸いです。

.

2019年1月 1日 (火)

上質の音楽を少人数で楽しむ会 2019年

 Face21

2019年はアコラ15周年を迎え、下記イベントを開催しました。

8月10日(土)
クラシックギターコンサート in ひたちなか 
~プロ&愛好家との出会い~
@ひたちなか市文化会館小ホール
ゲスト:
小暮 浩史(国際GC優勝者)、他

0810cgc_fn_01s

(終了しました)画像をアップしました
 
 
        

■ブログ Acousticlife  
「音楽」のカテゴリから見てください

   

■イベント 2019年
 
 
<アコースティック・マルシェ 

・1月20日(日) 中村 俊三 新春コンサート  
        (終了)     

・5月19日(日) 熊坂 勝行コンサート 
         ~グラナダの夢~
           (終了)


・7月21日(日)長塚 彰 with フレンズコンサート 
        (終了)


・11月17日(日)松澤 結子、細谷 寛子コンサート
 
                募集中!

 

・12月15日(日)キャメロン オコナーコンサート
 (来日記念)

 

<ジヴェルニーサロン> 

3月3日(日) AM 10:00~   (終了)
 
4月7日(日) AM 10:00~   (終了)
  

6月30日(日) AM 10:00~  (終了)

 
9月14日(土)AM10:00~  (終了)

 

 

<その他のイベント> 

・1月26日(土) 展望カフェコン 谷島&熊坂
      @吉田正音楽記念館 (終了
 
・1月27日(日) 鉾田市民音楽祭 谷島&熊坂
      @大洋公民館  (終了
 
 
・3月9日(土) Spring Concert Ⅱ  賛助出演 
      @ギター文化館 (終了) 
 
 
・4月14日(日) ワンコインコンサート 熊坂
      @ギター文化館 (終了)
  
・4月27日(土) アマチュアギターディ 2019
      @浦安音楽ホール(終了)
 
・6月21日(金) The Colleagues Joint Concert
         一夜限りのコラボレーション
      @名曲喫茶 カデンツァ 
   (終了)

・8月12日(月・祝)恐竜展 ミニコンサート
      @菊池寛実記念高萩炭鑛資料館
                     (終了)
              
 
・8月18日(日) フリーコンサート in 松戸 2019
      @松戸市民劇場ホール
 (終了)   
 

・10月20日(日)ギターで楽しむ演歌・歌謡曲コンサート
      @ギター文化館


・10月27日(日)ペッペルコンサート
      @ソフィアザール駒込

 

■過去のイベント
2018年イベント
2017年イベント 
・AMF in ひたちなか 2017
・アコラ10周年記念コンサート 
・アコラ5周年記念コンサート

会の趣旨 (連絡先など) 
 
35659909_1694981930622413_20629854621458

 

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ