« 蜜蜂と遠雷 | トップページ | 久々のソル »

2019年10月 7日 (月)

ちょっとびっくり自分の演奏が。。

ウェブを見ていたら、まだ200回位しか視聴されていない自分の演奏が引用されていて、ちょっとびっくりしました。

Img_4935

 

サイトURL;John-Quijano


John-Quijanoさんは、コロンビアのギタリストらしい。

 

メルツのコンチェルティーノ、

この曲は歴史的イベントであるマカロフのギター作曲コンペティションにて、コストと競って第1位を獲得した曲です。私がギターを再開した2004年頃にはこの曲を弾いている人やレコード類はなく、文献に出てくる幻の曲的な感じでした。その後、林祥太郎やエカチャイの演奏で知られるようになりました。
一見テクニカルな曲なのでバリバリ弾く人が多いですが、自分はピアノコンチェルトの緩徐楽章のような感じが出せたらと思って演奏しました。この曲にはメルツが模索したギター演奏技法が盛り込まれています。メルツ当時の手書き譜をみると2000年代に出版された楽譜には記載されてない記述があり、メルツの意図を想像しながら再現しようと試みました。

2012年、シニアギターコンクールの優勝者演奏に向けて練習していたころの演奏。

 

 

 

.

 

« 蜜蜂と遠雷 | トップページ | 久々のソル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蜜蜂と遠雷 | トップページ | 久々のソル »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ