« アフタヌーン・ギターサロン(10/17) 開催しました | トップページ | 菊池寛実記念高萩炭礦資料館で演奏しました(11/2) »

2019年10月29日 (火)

花の東京

2週間ぶりで東京に行ったが、何年も行ってなかったかのように思えた。          

☆ペッペル プチコンサート

Img_5038

Img_5056

73282491_2468579513233900_77780668325266

73299316_2468579493233902_25334943748938

Eajuq9kq_jpeg

 

ソフィアザール駒込、個人宅のサロン。

ペッペルの方々もここを使うのは初めてとのことでした。

グランドピアノがあり、ちょっとしたクラシックのコンサートに向いている。

バイオリンの北川さんのお誘いで参加することに。

東京の職場の方も聴きに来てくれて、感謝。

北川さんの話では、ギター文化館やひたちなか市文化会館よりギターの音が良く聴こえ、バイオリンとギターとのアンサンブルにはぴったりだったとのこと。

何度もやっている曲だが、しばらくぶりで、1回リハをしただけで本番。

パガニーニのカンタービレとチェントネーディ・ソナタ、いいところもあったが、ミスもあった。

Uhes5dfq_jpeg

2vmts0zw_jpeg  

北川さんと奥様(ピアノ)

打ち上げに出られなかったのが残念だった。 

 

☆アルトフィールド10周年記念ガラコンサート

ご指導いただいている高田先生、アコラ15周年記念で大変お世話になった小暮さんも演奏するというので、早稲田の東京コンサ―ツ・ラボに行って来ました。

Img_5057

 

10周年記念ということで、私もお世話になった方々が多く演奏され、また次の世代を担うだろう若い人の演奏があり感慨深かった。

最初に渡辺華さんがアグアドの序奏とロンドを弾いたが、最初の音を聞いたら、うるっとしてしまった。

やはりギターはこころに響く。

アグアドには何曲か彼らしい爽やかな名曲がある。ソルとつき合うようになっておかしくなったのか?

愛好家の村田さん主催のみなかみ温泉でのイベントでお世話になった船津ひろみさんも参加され、印象的な単音の音色と得意のトレモロを聴かせてくれた。

福井浩気さんは自由ヶ丘のサマーセミナーで一緒になり、たぶん中学生だったか夢中で演奏していたことを思い出した。今ではペロアのもとで修業し、さらにアルゼンチンタンゴにはまったそうで、いい味をだした演奏をしていた。

森井さんとはお付き合いはないが、すばらしい歌・語りを聴かせてくれた。

ギターは生活する人の身近にある楽器。

岡野聡子さんのラコート立奏、カルリの作品。ギターはいわゆる頭で考えた音楽よりも、響きによって心に届くものがある。カルリなど、歴史に名前が残っているギタリストは何か名曲があるはず。
例えば、カルカッシは名前ほどに曲が浮かんでこないが、たぶんこれまで弾かれていない曲で良い曲が有るのだろう。そう思ってあたってみたことがあるが、まだ見つかっていない。

そして、小暮さん。

講師演奏の最後は熊谷さん。

小暮さんは9月にフランスから帰国しこれからは日本での活動を開始するとのこと。

Safe_image

最後は、高田先生の指揮で講師と生徒選抜メンバーによるブラームスのハイドンの主題による変奏曲。

高田先生も10年を振り返り感慨深そうだった。アルトフィールド立ち上げ2年後に体調を壊されたことは無念だと思うが、却って指導という面では貢献されているようにも感じた。

 

☆秋葉原 天然温泉

秋葉原のホテルに泊まった。

この前日にオープンしたところでキャンペーン料金でほぼ半額だった。

Img_5039

Img_5045

Img_5046

Img_5048

Img_5049

15年位前、陽子線がん治療装置の医療機器としての承認申請業務のため、この近くにあるCROによく通っていた。

懐かしい場所。

神田ふれあい橋を渡ると、秋葉原の喧騒とは別世界だった。

今では逆にレトロ感があり、海外の観光客もよくこんなところまで、という位よく見掛ける。

部屋は快適だったが、天然風呂は無くても良いという感じだった。エレベータが1つでかなり待ち時間がかかった。

手荷物(ギター)を翌日19時まで預かってくれたのは助かった。

 

☆お仕事(三田界隈)

月曜日は、9月まで勤務していた会社で打合せ。リタイアしたが、しばらく、会議出席やその資料作成のサポートを行うことになった。

少し時間があったので、東京タワー付近まで散歩、徒歩10分かからない。

Img_5050

Img_5051

Img_5052

Img_5053

Img_5055

東京で約6年間勤務したが、特に観光などどこにも行っていないことに、びっくりした。

花の東京、これからは、あまり行けなくなるだろう。

 

 

« アフタヌーン・ギターサロン(10/17) 開催しました | トップページ | 菊池寛実記念高萩炭礦資料館で演奏しました(11/2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アフタヌーン・ギターサロン(10/17) 開催しました | トップページ | 菊池寛実記念高萩炭礦資料館で演奏しました(11/2) »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ