« ちょっとびっくり自分の演奏が。。 | トップページ | ギターで楽しむ演歌・歌謡曲コンサート(10/20)で演奏しました。 »

2019年10月13日 (日)

久々のソル

ハギビスで那珂川の周辺が氾濫し、水戸市では大変なことになっています。ひたちなか市でも湊地区、枝川地区で大きな被害を受けました。

被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

小さな被害。

我が家の換気システムから漏水し、一晩中起きて対応していました。

Img_5002

まだ午後で台風が来る前ですが、左手前のコーナーから雨水が連続的に漏れてきます。

Img_5004

住宅会社にメールを入れたら、換気システムを止めるようにとのことでした。

止めたら漏れが小さくなりましたが、夜になって台風が本格的に来るとまた漏れ出しました。

バケツ、2杯くらいで済みましたが、一晩中起きていました。

 

***

その間、久しぶりでソルを聴いてみました。

ソルはギター再開した時から、十年弱まじめにレッスンを受けたりしていました。

エチュード、魔笛(Op.9)、第7幻想曲(Op.30)、悲歌風幻想曲(Op.59)、第2幻想曲(Op.7)をやりました。

1曲に1年近くかけた曲もありました。当時は、Youtubeもあまりなく聴ける演奏が少なく、有名でない曲は音源がなくジェファリのソル全集を見て一応ですがどんな曲が有るのか全曲なぞりました。それで大体分かっている気になっていたのですが、最近ソルの曲の演奏を聴いて少し気になっていたので、この機会に5時間位いろいろ聴いてみました。

6弦をFに調弦する第3幻想曲(Op.10)は当時も少しやったのですが、やはり良い曲ですね。

Op.7のものを第1幻想曲と呼ぶ人もいます。たしかに、Op.4の幻想曲の楽譜に第2幻想曲と書かれておりますので、内容からみてもOp.7のものが第1幻想曲にふさわしいです。

Op.7の譜面はピアノのような2段譜になっていますが、これは、ピアニストのプレイエルに捧げたためでしょうか。プレイエルはピアノを開発した人の一人でもあり、有名なプレイエル社をつくった人なんです。そんな人にギター曲を捧げた、ギターでもここまでできるという、ソルの並々ならぬ思いが感じられます。

この曲にétoufféという表記が出てきます。ピッチカート的な特殊奏法です。こんなところも、ソルはピアノでは出せないギターならではの効果を示そうとした思いが感じられます。

このétouffé、ソルを勉強した人ならご存じでしょう、ソルは晩年ギター教則本を書いていてその中でも説明されています。ただ、この教則本、難解で有名です。ソルの性格か、音楽の話の前に、物理や数学的な話が多いです。菅原さんはソルは数学を学んだのでそういった独自性、知識を示している。。。と話されていました。そんなこともあってか、ソルのいう弾き方でやっている人は少ないです、

 

とても良い動画がありましたので、紹介します。

HOW TO PLAY PIZZICATO (pizz) on the Classical Guitar

There are six kinds of pizzicato:
 1.Fernando Sor's étouffé technique
 ・・・

いろいろ参考になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« ちょっとびっくり自分の演奏が。。 | トップページ | ギターで楽しむ演歌・歌謡曲コンサート(10/20)で演奏しました。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょっとびっくり自分の演奏が。。 | トップページ | ギターで楽しむ演歌・歌謡曲コンサート(10/20)で演奏しました。 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ