« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月29日 (金)

キャメロン・オコナー(12/15)コンサート 内容フィックスしました

12_v22




12月15日(日) 

開場:13:30 開演:14:00 終演:17:00頃

会場:Marisのアトリエ

概要:①愛好家のミニコンサート(♪FreeTime:プレアクト)

   ②キャメロン・オコナーコンサート

♪キャメロン・オコナーコンサート(15:30~17:00頃)
                       

◇プログラム

J.S. Bach: Prelude in E major

JSバッハ: プレリュード 1006a ホ長調

Cameron O’Connor: A Short, Sentimental Song

キャメロンオコナー:短いセンチメンタルな歌
 
  

Richard Wagner: Hymn to the Evening Star

R.ワーグナー:夕星の歌 キャメロンオコナー編

 

Fernando Sor: Fantasy in D (ca. 1830)

F.ソル: ファンタジーニ長調

 

Tarrega/ Hirota (arranged by Kanengiser): Lagrima-Hamachidori

タレガ/ 弘田 龍太郎: ラグリマ-浜千鳥 カネンガイザー編
      
  
 
Tarrega: Capricho Arabe

タレガ: アラビア風奇想曲
  
 

Isaac Albeniz: Sevilla

アルベニス:セビリア 

 

—-intermission—-

 

Sakamoto Ryuichi (arranged by Sato Hirokazu) : Merry Christmas, Mr. Lawrence

坂本龍一:戦場のメリークリスマス  佐藤弘和編
 

Cameron O’Connor: Two works

キャメロン・オコナー:2つの作品 

  Ⅰ. Rain in the Old Growth Forest

  Ⅱ. Perturbation Variations
                                        

Sato Hirokazu: Christmas Carols Medley

佐藤弘和: クリスマスキャロルメドレー

 

  

♪愛好家のミニコンサート(♪FreeTime)14:00~15:00頃

(演奏曲目は、最下段)

        

料金: 3,000円

料金は、♪コンサートと♪愛好家のミニコンサートを含みます

・メンバー登録でワンドリンクサービス

(打上・食事会の料金は別。いつものグールマンドで打上・食事会を行います)

        

 

(キャメロン・オコナー プロフィール)

カリフォルニア州立大学 ノースリッジ校 ギター演奏科 学士取得

ジュリアード音楽院 音楽修士取得

南カリフォルニア大学 ソーントーン音楽学校 博士号取得    

南カリフォルニア大学 ソーントーン音楽学校 大学院 アシスタント    

南カリフォルニア大ベーカーズフィールド、リバーサイドシティーカレッジ、

ベーカーズフィールドカレッジの講師を経て現在はオレゴン州立大学教員   

東京国際ギターコンクール 入賞

フランシス・ウォルトン国際ギターコンクール 入賞 

他 数々のコンクール入賞

ソロ、室内楽、現代音楽で様々なキャリアを持つ

リンカーン・センター でタン・ダン指揮の元のコンチェルトにてデビュー  

ジュリアード音楽院、アスペン音楽院にてシャーロン・イズビンのアシスタント

を務めUSCにてカネンガイザーのアシスタントを務める。
 

長野県でのギターサマーセミナー ヤングアーティスト ゲスト演奏を行う。

・作曲家としても国際的な活躍をしており

“Perturbasion Variations”が長沙国際ギターフェスティバルにて  特別賞受賞

“3つのノースウエスタン情景” がオタワ(カナダ) 21世紀ギター会議での演奏会に選ばれた。

 

Img_3608



2018年、長野県原村でのサマーセミナーでお会いし、ワーグナー研究家のオコナー氏とメルツ編のワーグナーの「さまよえるオランダ人」について情報交換しました。快く、初見で演奏してくれました!

素晴らしかった!

左手薬指がばね指になってしまって厳しいですが、この「さまよえるオランダ人」が収録されているメルツのOp.8オペラレビューから、12/15は「椿姫」を2018年のオコナ-さんへの感謝を込めて演奏することにしました。

 

◇キャメロン・オコナ- 演奏動画

 R.ワーグナー:夕星の歌

 ・M.C.テデスコ:タランテラ

素晴らしい美音。雑音らしきものがいっさいない!

 

***
♪FreeTime

◇愛好家の演奏プログラム

・熊坂勝行
  Everything(MISIA歌)     松本敏明 
  ヴェルディのオペラ「椿姫」による幻想曲 メルツ

・宮原修
  ジャニー・ギター V.ヤング
  素朴な歌     佐藤弘和

・田崎敏雄
  プレリュード バッハ 
  ラグリマ   タレガ

・幕田弘幸
  アンダンテ Op-39   コスト
  

・北川みゆき:ビオラ   北川幸代:ピアノ
     夢のあとに      フォーレ

 
・北川貞之:バイオリン 熊坂勝行:ギター
   カンタービレ  パガニーニ

 

 (曲目、演奏順等、変更の可能性があります)

 

 

 

 

2019年11月24日 (日)

種谷さんのワンコインコンサート(11/24)

種谷さんのギター文化館ワンコインコンサートを聴いてきました。

201911241458175

 

オーソドックスな演奏で、感動しました!

クラシックギターの本質が伝わってきました。

 

201911241359441

201911241458171

201911241458173

201911241458174

201911241458175

201911241458176

201911241458177

後光がさしているような感じでした。

良い時間でした。

 

これからのますますのご活躍を祈念いたします。

 

 

 

2019年11月23日 (土)

G-Clefで、黒田・高木・小林コンサートを聴きました(11/23)

Img_5185

つくば市のG-Clefで、ハイレベル・アマチュアの黒田、高木、小林3人によるクラシックギターのコンサートがあり、聴きに行って来ました。

会場のカフェG-Clefは、私も十年ほど前に3回、ギター愛好家の仲間とコンサートをさせて頂いた懐かしい場所です。

Img_5164

マスターの自作のログハウス、手造りとはとても思えません。

 

「G-Clef コンサート」

晩秋の午後のひとときを ギターの音色とともに~

Img_5167

ヘンデルのパッサカリアから、コンサートの幕開けにふさわしい典雅な響き。

 

Img_5171

 

 

Img_5165

Img_5176

Img_5178

 

夫々のソロ。

Img_5167 

最後は、ウエスト・サイド・ストーリーより、5曲。

高木さんの編曲も良かった。

とてもいい内容のコンサートで幸せな気持ちになりました。

教養というのか知的というのか、聴きに来られた皆さんも一緒に良い時間をつくっていた感じでした。

 

77332049_2628810747186859_30205120080563

 

Img_5187

美味しいお菓子を頂きました。

高崎の名店らしいですね。

 

***

「教養というのか知的というのか、」言葉が見つかりませんでしたが、家に帰ってお酒を飲んで早々に寝込んで、目が覚めたら、「クール」という言葉がぴったりすると浮かびました。

「クール」&「ホット」かな。

 

2019年11月20日 (水)

水戸 紅葉

車で通ったら紅葉がきれいだったので、思わず入園してしまいました。

茨城県立歴史館の公園。

Img_5133

Img_5132

Img_5131

Img_5129

茨城県らしく、年に1回しか使用されていないピアノ室。

 

Img_5124

 

 

水戸植物公園では、ボタニカルアート展を開催していました。

Img_5136

Img_5139

湖水地方を思わせる景観

 

Img_5146

Img_5147

Img_5144

Img_5149 

Img_5148

この会の先生の作品とのこと

Img_5151

1年目にデッサンして、翌年に色付け、仕上げるという会員の方のボタニカルアート

なかなかの取り組みです。

他にも力作ぞろいでした。

 

Img_5152

 

30年前にはよく通っていた場所、今は温室などを含む建築物をリニューアル中で見物できる植物は少ないが、紅葉の風景に癒される。

 

***

荘村清志さんの自伝の新聞記事15回をまとめて送ってくれた方がいたので、読んでみました。

初回と自伝の最後にギターについて書かれているので、引用しておきます。

「ギターは、ひとりぼっちでいることのすばらしさを教えてくれる楽器です。ギターという相棒が僕の人生にいただけで、こんなちっぽけなひとりの男の人生がどんなに豊かに、どんなに深い彩りを携えることになったのか。人生をモノクロームから極彩色にできる音楽の力を知ってほしくて、僕は楽器を手にしているのかもしれません。」
 

「ギターは世界のどこにでも持っていける、とても贅沢な楽器です。ケースを空けてちょっと爪弾けば、その場で出会いが生まれる。それでいてオーケストラという「家族」には属していない。多様であればあるほど豊か。自由というものを象徴する楽器です。
誰にも耳を傾けてもらえないまま消えていく音がある。生まれた瞬間、空気に溶ける。宿命にあらがわずに。でも、消えたあとに、より強く心の中で響き始める音もある。人生そのもの。僕の人生も、まだ始まったばかりです。」

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年11月18日 (月)

アコースティック マルシェ 松澤結子 /細谷寛子 (11/17)開催しました

満員のお客様で大盛況でした!

ご来場いただいた皆様には厚く御礼を申し上げます。

 

♪コンサート

#細谷寛子 コンサート 

 19世紀ギターによるミニコンサート

201911171400012

201911171400013

201911171400016

・アントン・ディアベリ ソナタOp.29ー2より
 Allegro risoluto、
 Adagio、
 Menuett

 

#松澤結子 コンサート   

 マヌエル・カセレスのギター

201911171400010018

1m1430091
201911171400010017

 

201911171400010022

201911171400010024

・レゴンディ エチュード No.1
・ジュリアーニ "おお、空よ静かに"の主題による変奏曲
・ヴィラ=ロボス  ショーロ No.4
・カルドーソ ペルーのワルツ
・タレガ マリエッタ
・タレガ アルハンブラ宮殿の想い出
・グラナドス スペイン舞曲第5番

アンコール 
・タレガ ロシータ

 

1m1430092

1m1430093

 

201911171400010032

 

茨城新聞の取材がありました。

157399628567458005

 

 

♪ Free Time 

ご来場されたお客様の演奏、交流会

201911171548152

201911171548153

201911171548154

201911171610461

201911171616441

201911171622551

201911171627272

201911171638231

・見上げてごらん 夜の星を いずみたく~蓮見編

・500マイル     H. West

・前奏曲 第2番  F.Tarrega

・アレグロ・モデラート D.アグアド

・荒城の月            滝廉太郎~佐藤弘和

・ワルツ ホ短調  S.Nakamura

・魔笛の主題による変奏曲 F.Sor

・アンダンテ Op-39    N.Coste

 

♪打上

Img_5116


皆様、お疲れ様でした!

 

***

感想を頂きました。

◎朝から迎えに来ていただいたり、会の準備から演奏、打ち上げまでお忙しい中、色々お気遣いをいただきありがとうございました。
久しぶりにあの素敵なアトリエで演奏できて光栄でした。
また、熊坂さんをはじめ、お客さまもあたたかい方ばかりで本当に有り難かったです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
来月東京国際コンクール会場でお会いできることを楽しみにしています。松澤結子

 

◎昨日は、演奏させていただきありがとうございました。
19世紀ギターの音色を沢山の方々に聴いていただき嬉しく思っております。
いつも以上に穏やかで和やかな雰囲気でしたので、落ち着いて演奏出来たように思います。 細谷寛子

 

◯昨日は、アコースティック・マルシェに参加させて、いただきありがとうございます。
話すことが、下手でわかりにくかったと存じます。
久し振りに、演奏ができ希望がもてました。
始めてアコラで、演奏した時の想いを思いだしました。
その時に、一緒に演奏した幕田さんも、演奏できるようになり、よかったです。
打ち上げの時、松澤さんのとなりに座り、スペイン舞曲の話しができました。
レゴンディのエチュードさわやかでした。
曲に入っていく表情素敵です。
一段と磨きがかかり、輝いてました。
細谷さんの一生懸命、練習した姿が浮かびます。実力つけましたね。とても楽しかったです。


◯おはようございます。
昨日のコンサート、ありがとうございました。
松澤さんの演奏、素晴らしかったです。
きれいな音色ですね。
ホールもすごいですね。よくご自分でおつくりになりましたね・・・
感心しました。

 

◯「細谷‣松澤ギターコンサート」に、本日行ってきました。
場所は、亡くなられた奥様の制作されたパッチワーク等を作品展示されているMarisのアトリエ(アコラ)と命名されている素敵な会場でした。
松澤さんのギターの音色には驚かされました。
素人ながらクラシックのすごさを感じた次第です。
それにしても自宅に立派な会場があり、たいしたものですね。

 

◯急な参加でごめんなさい。
なかなか松澤さんの演奏も聴けなかったのでどんどん素敵になっていく事に感動しています。
細谷さんの演奏も久しぶりでした。
皆さま、心を込めて弾かれていますね。
また、久しぶりに中野さんはじめ、お会いでき嬉しかったです。
熊坂さんの会は、温かさにあふれています。
またいつか伺えるのを楽しみにしています。

◯17日の松澤/細谷コンサートを聴かせていただきありがとうございました。また、Free Time では、ワルツ(S.Nakamura)を演奏させていただきましたが、ギクシャクしたお聞き苦しい演奏となってしまい申し分けなく思っています。

ここ1~2年人前で演奏しようとすると右手の指が硬直して思うように動かせなくなる症状がでてまともな演奏ができなくなり悩んでいます。練習やレッスンではスムースにできたことが演奏ではできなくなるのでなるので、緊張によるせいかとも思いますが、以前より演奏の機会も増えたので、緊張によるだけでもないようです。加齢によって今までより少ない緊張でも、血流などに影響するせいかとも思っていますので、一度診察を受けようかとも思っています。また、まともに演奏できるようになりましたら、演奏にも参加させていただきたいと思っています。

 

アンケートから

・すばらしい演奏に聞き入りました。特に音が美しいですね。
 皆さんの演奏をたのしく聞かせていただきました。Wさま

・素敵な空間にギターの音色がマッチして素晴らしかったです。
 ありがたく聴かせて頂きました。
 お二人のますますのご活躍を楽しみにしております。Sさま

・初めて参加させていただきました。
 ギターの音色にとてもいやされました。
 また、参加させていただきたいと思います。
   ありがとうございました。

・音がきれいでとても素敵でした。
 アットホームな雰囲気のコンサートで身近に演奏を聴くことができ楽しかったです。 Mさま

・何年かぶりの松澤さん、ペルーのワルツ、スペイン舞曲が印象的でした。落ち着いた雰囲気が良かったです。(ギター文化館を含め4回目です)

 細谷さん、笑顔が可愛かったです。細谷さんが弾くと19世紀ギターの音色がとても心地良くひびきました。  Kさま

 

◯萩原健さんのFacebookにも写真付きで投稿されておりました。

78103693_1418064718344541_44555800118055

○クラシックギターコンサート
 クラシックギターの素敵な音色に心癒されました✨
馬渡にある「Marisのアトリエ」で定期的に開催していますので是非ともご来場ください🎵

 

 

 

 

 

 

 

2019年11月 6日 (水)

Guitarras de Plata & KAHON ジョイントコンサート

つくば市のNOVA小ホールで、11/4にGuitarras de Plata & KAHON ジョイントコンサートがありました。

シューベルト、ベートーベンの作品など普通のギターコンサートでは聴けない曲を、ギターならではの味わいも加味した演奏で、聴き入りました。

これで、Plataが解散するという話もあるようで、残念です。

これからのメンバーの皆さんの活動が楽しみです。

201911041304381

 

1st Stage 合同演奏

201911041331111

201911041334421

 

2nd Stage Plata

201911041355021

 

3rd  Stage  KAHON

201911041435121

 

4th  Stage  合同演奏

クイズを交えながら演奏という楽しい趣向

201911041503151

201911041529151

 

観客も満員の盛況でした!

 

 

 

 

2019年11月 2日 (土)

菊池寛実記念高萩炭礦資料館で演奏しました(11/2)

Img_5075

蔦が紅葉してきれいです。

 

Photo_20191103083102

Photo_20191103083101

集まりだしたお客様

 

「昭和を生きた心に残る名曲をソロギターで」というタイトル、演奏はアントニオ・マリンクマということでやってみました。

201911021359161

201911021359162

 

「いつでも夢を」、地元高萩市にお住いの佐藤恵二さんに応援演奏をして頂きました。

201911021359164

201911021359165

 

201911021359166

201911021359160014

アンコールでは、佐藤さんが「川の流れのように」を演奏し、昭和から平成への雰囲気がありました。

何となく、平成から令和への時代の変化にも通じるものを感じました。

 

演奏前に、小山ダムに行ってみました。

201911020847081

201911020850491

201911020915342

本格的な紅葉はまだでしたが、台風の影響で水かさが増したのでしょうかダムからの放水も勢いがあるようでした。

 

炭礦資料館の近くにあるお手まき公園

Img_5069

Img_5070

Img_5071

 

炭礦資料館は冬季は3時で閉館なので早めに帰宅でき、「マチネの終わりに」を鑑賞してきました。

 

***

感想を頂きました。ありがとうございます。

◯本日はお疲れ様でした。
素晴らしいコンサート、ありがとうございました。
なんと言っても、身近なところで生演奏を楽しめるというのが魅力です。
特に「再会」のアレンジ曲には、感激でした。
コンサートのスナップ写真を撮りましたのでお送りします。
御礼まで。

 

 

 

 

 

 

 

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ