« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月26日 (木)

アコースティック マルシェ 高田英里佳 コンサート (3/14) 募集開始します


Takadaconc  

祝! 高田英里佳「スペイン大使賞受賞」
第4回スペイン音楽国際コンクール ギター部門主席!            

2020年3月14日(土) 開場:15時 
開演:15時半 終了:17時半頃
会場:Marisのアトリエ
「スペイン大使賞受賞記念コンサート」



♪高田英里佳 コンサート  プログラム

2つのエチュード(ソル)

チェロ組曲第3番より<前奏曲とジーグ>(バッハ)

アラビア風奇想曲(タレガ)

組曲「イベリア」よりエル・プエルト
(アルベニス)

バイヨン(アギーレ)

ブエノスアイレスの夏(ピアソラ)

*プログラムは都合により変更になる場合がございます。

  

♪ FreeTime(愛好家の有志演奏会)

ご来場されたお客様の演奏        

料金: 2,000円

料金は、♪コンサート と ♪FreeTime を含みます 。メンバー登録でワンドリンクサービス

(高田英里佳 プロフィール)
5歳からピアノを習い始め、10歳からはアルトフィールド音楽教室にてクラシックギターを始める。高校時代には軽音楽部に所属したことをきっかけに、ロックギターも習得する。

現在まで、船津ひろみ、森井英朗、熊谷俊之、小暮浩史に師事。またアルバロ・ピエッリ、ルベン・パレホ、トマ・チャバ、ハビエル・コントレラス、エドゥアルド・フェルナンデスのマスタークラスを受講する。

第4回スペイン音楽国際コンクールのギター部門で主席(1位なしの2位)、スペイン大使賞を受賞(2019年)。

現在、東京外国語大学にてスペインの言語と文化を学習、研究している。
 

☆☆☆
ギター愛好家の皆様へ!!

本アコースティックマルシェに先立って、高田元太郎のマスタークラスを開催します。

受講希望者はメール等で連絡して下さい(先着優先)

・ワンレッスン50分 
3枠(11時― 13時ー 14時ー) 

・料金:10,000円
アルトフィールドでのワンレッスンより安価な特別料金

受講曲:自由
 曲名は1月中に連絡お願いします

(高田元太郎 プロフィール)
J.L.ゴンサレス、A.カルレバーロ、E.フェルナンデス、A.ピエッリに師事。第4回スペインギター音楽コンクール優勝のほか、海外ではアランブラ国際コンクール1 位を始め主要コンクールでも上位入賞を果たす。
録音CDは「ピアソラ ブエノスアイレスの四季」「鉄腕アトム・オリジナル・サウンドトラック」「といぼっくす:あのころ……」「ハイパータンゴ」「といぼっくす:アコースティックYMO」「Rocks on the Guts~天国への階段」「トリアングロ:3人寄れば」など多数リリースする。
ギターメソッドのスペイン語からの翻訳は書籍「カルレバーロ・著 ギター演奏法の原理」(現代ギター社)を始めとして、さまざまな雑誌に連載をする。
元ボリビア国立音楽院ギター科教授。現在、自身と門下生による”アルトフィールド音楽院”を主宰。昭和音楽大学ギター科特別講師。

・マスタークラス スケジュール
11:00~ 長塚彰  
 TBD
13:00~ 村田成正 
 エンデチャ/オレムス F.タレガ
14:00~ 佐藤恵二 
 「スペインの城」より トレガーノ M.トロバ             

国際ギターコンクール優勝者、上位入賞者を多数輩出している高田先生のレッスンを受けられる貴重な機会です。私は東京にて高田先生のレッスンを受講しております。この機会を是非お勧めいたします。また、多くの方にレッスンを共有して頂けたらと思い、公開レッスンとさせていただきました。

何枠聴かれても、聴講料金は、1000円です。受講生は他のレッスン聴講は無料です。
  

高田門下生 河野智美※ 小暮浩史※ 熊谷俊之※ 山田唯雄※ 船津ひろみ※※ 福井浩気  秋田勇魚  田中春彦 大沢美月  橋本淳史  渡邉華   大島祥 足立江美子 服部文厚  生田直基  吉住和倫 他

※:アコラでコンサートをしたギタリスト 東京国際ギターコンクール優勝者、ファイナリスト
※※:みなかみ愛好家の集いにゲスト出演

 

2019年12月22日 (日)

フリーコンサート (12/22) 演奏しました

ギター文化館のフリーコンサートは12月は谷島さんのゲスト演奏があるので毎年参加しています。

74回優勝者 長塚氏

201912221301081

75回優勝者 箭田氏

201912221311431

 

最近、ギター文化館のイベントにあまり参加していなかったが、新たな愛好家の方々が参加されており興味深かった。

仲木氏

201912221339081

鈴木茄魚氏

「雨だれ」が新鮮でした!

201912221347051

大竹氏

201912221353481

アンサンブル花水木

ハーモニカの四重奏、とても雰囲気のある演奏で感動しました。

201912221359331

箭田ご夫妻のデュオ

以前クラリネットとデュオをやった時、この曲もちょっと候補に考えた。その時にyoutubeでこのデュオが弾いていた曲を聴いたが、その時とは全然違って印象的な演奏だった。
大変素晴らしかったので、投票でも1位を受賞しました。

201912221432061

こちらは杉澤氏&新井氏のデュオ

この曲は有名だが、実際にバイオリンとギターで聴いたのは初めて。(どこかで聴いた気もするが、今回の演奏は印象に残ります)

201912221434061

岡野氏&谷尾氏のデュオ
アコースティック・マルシェでの岡野氏の演奏のときよりも上品になっていた。

201912221443021

野田氏 2コマ使って熱演 

201912221452551

201912221503181

藤井氏

自作のアコギで演奏 先生の指導のもとで製作費50万とか演奏も良い感じだった。

201912221521021

中居氏

しっかりした良い演奏でした。

201912221544511

山本氏

201912221551281

 

私はこのところアクシデントで、これが弾き納めのつもりでアルハンブラとロボスのエチュードを演奏。

言い訳になるが、指がこわばって思ったようでなかった。
3位を頂いて、御礼を申し上げます。

201912221551283

201912221551284

この後トリで鈴木氏が演奏。2位を受賞。

 

ゲスト演奏は谷島氏

安定感のある演奏でした。
アルカスの2曲はたぶん国内では誰も弾かない難曲。

201912221630211

この後、谷島さんとアルコール無しの打ち上げ。

4月12日(日)に「Marisのアトリエ」で演奏して頂けそうです。
今、巷で話題となっている谷島さんがある作曲家に委嘱したギターとピアノのデュオ作品「バラの組曲」もやってくれそうです。
詳細はまた後で。

***

1位受賞風景

Img_5274

Img_5272

実は箭田さんとは結構古くからお付き合いがあります。

Img_5275

 

家に帰ったら、奥歯が激痛くなって頭痛までしてきました。演奏中でなくてよかったです。

 

 

 

 

 

 

 

2019年12月21日 (土)

1/19 10:00- Giverny Salon 開催します

1/19(日)AM 10:00- 12:00

Giverny  Salon 開催します。

「愛好家の自由演奏会」

 1枠 8分以内 

 参加費:500円

参加希望者は、メール等にて1/9(木)までに連絡をお願いします。

Sea424

 

次回は、3/4(水)AM 10:00- 12:00 に
開催予定です。

 

<演奏 申込み状況>

・前奏曲第1番 タレガ

・前奏曲第2番 タレガ
 別れの一本杉 船村 徹

・カンシオン

・月光 ソル

 カッチーニのアヴェ・マリア ヴァヴィロフ   

・エチュード1番 ロボス
 プレリュード5番 ロボス

・喝采     中村泰士
 トリーハ Moreno-Torroba

・盗賊の歌 リョベート
 

・Zuyderzee op.20 コスト
  

・・ワルツ (秋の木の葉から) コスト

・・マリア・ルイサ サグレラス 
  イエスタディ・ワンス・モア カーペンターズ  

・・禁じられた遊びのテーマ ルビラ

 

 

 

<連絡事項1>

今年はクラシックギターの味わいのある曲をなるべくとりあげたいと思います。

4月1日(水)か19日(日)のジヴェルニーサロンで、その日のミニイベントとしてナポレオン・コストの曲を持ちよって演奏したいと思います。

希望者はご連絡をお願いします。曲名もお願いします。

(候補)

・秋の木の葉 から ワルツ 

・アルプスの小径 から ロンド

・25の練習曲 から 

・ヨハンシュトラウスによる16のお気に入りのワルツ から

 

<連絡事項2>

2月8日(土)ギャラリーコンサート  @ひたちなか市コミュニティギャラリー(勝田駅前) についてご紹介します。

 

<連絡事項3>

3月4日(水)ジヴェルニーU についてご紹介します。

    

その他、情報交換、何かアイデアなどございましたら、サロンなどで相談できたら幸いです。

 

2019年12月17日 (火)

アコースティック・マルシェ キャメロン・オコナー (12/15)開催しました

キャメロン・オコナー コンサート

「これからどんな風にギターを弾こうと自分の勝手なんだが、今日キャメロン・オコナーの演奏を聴いて本当に良かったと思う。」

 

201912151524383

満員のお客様どうもありがとうございました。
満員のため何名かお断りしたり、また一方で急に来られなくなった方などもいてばたばたしました。

 

自然体

201912151524380016

201912151524380013

201912151524380011

201912151524380014

201912151524380015

201912151524381

きわめてオーソドックスな演奏

豊かな音楽性

美しい音色

 

 

大谷明ひたちなか市長も聴きに来られました。

201912151522002

 

201912151524386

 

 

オコナー氏のコンサートに先立って、愛好家の演奏会

201912151405181

201912151405182

201912151433191

201912151440551

201912151442251

201912151448401

201912151448402

201912151448403

 

終演後は、オコナー氏と撮影会

201912151622570015

Image1

Img_5255

Img_5259

Img_5256

 

Img_5263

Img_5262

アグアドの試奏

Img_5261

 

打上はいつものお店

Img_5265

Img_5268

オコナー氏から、一人一人の演奏についてアドバイスを頂いた。

とても有意義な時間だった。

 

 1m160429 

 1m165313

 

 

◯感想

・本日は良きコンサートでした。ストリングス、MISIAも良かったです。初めてのご自宅もホールも素敵でした。写メして、成美寮同期へ送りました。茨城新聞記事はOさんへ差し上げたので、後日カラーPDFで送ってください。
気持ちよく、今、自宅に戻り、家内と団らんして、報告しています。また、案内を下さい。(Kさま)

・昨日は素晴らしいコンサートを催していただきありがとうございました。まさか、ひたちなか市でこのような機会に出会えるとは夢にも思っていませんでした。
ところで、神戸にも多くの若手ギタリストが活躍しています。中でも、山崎由規と荒木善彦のDuo Gen Noteは実力もあり、先のスペイン公演でも大変好評でした。二人は私の神戸時代の先生でもありましたので、東京公演の機会にひたちなか市の方まで足を伸ばしてくれるよう頼んでみようかと思った次第です。
いかがでしょう、熊坂さんの年間計画の中に入れていただくことは可能でしょうか。
もし可能でしたら、Duo Gen Noteに連絡を取ってみたいと思います。 (Hさま)

・ひたちなか市 大谷市長さんもお見えになって(^^)
素晴らしい演奏、迷いのない指の運びに見入ってしまいました。(Sさま)


・昨日のコンサートは素晴らしかったですね!
著名なプロの方の迫力のある生の演奏を目の前で聞くことができて本当に良かったです!
呼んでいただきありがとうございました。 (Mさま)

←参加していただきありがとうございました。
キャメロン・オコナーは、2014年東京国際ギターコンクールで1位から4位まで僅差の中で4位でした。ちなみに1位トーマ・チャバ、2位ザビエル・ジャラ、3位小暮浩史でした。オコナーが1位という人もいたようです。
チャバ、ジャラのようにテクニックを披露するタイプではないのですが美音と音楽性が心に迫ります。😊

 

・先日のコンサートに参加させていただきありがとうございました。
また、ブログにも写真をのせていただき嬉しく思います。ギターを続けていきたいと改めて感じました。
楽しかったです。次回も楽しみにしております。 (Tさま)


・一昨日は素敵なコンサートを聴かせて頂き大変ありがとうございました。
フリータイムでの演奏は皆さん素晴らしく、特に北川さん母娘共演のフォーレには聞き入りました。
ビオラ単独での生の音はあまり聞く機会がないのですが内省的で深い味わいのある音でした。
また奏法の詳しいことはわからないのですがほとんどビブラートはかけていないのに正確なピッチで弾かれた音が全くぶれずにスーッと気持ちの中まで伝わってきました。
お母さまとの息の合った演奏もさすがで感激しました。

オコナーさんの演奏は和音は塊としてのパワーが大きく、またハーモニクスなど繊細なところはきめ細かく、ダイナミックレンジの広さを感じました。また、自作の曲や佐藤弘和編の曲など色合いも味わいも違っていて、音楽の幅が広いですね。
とても充実した時を過ごさせて頂き、ありがとうございました。
(Sさま)

 

 

 

2019年12月14日 (土)

キャメロン・オコナー氏 来日

13日に浅草に泊まったオコナー氏、12時半に石岡駅に到着。

Img_5248

 

石岡の由緒ある神社をちょっと見物。

Img_5246

Img_5247

Img_5243

Img_5249

それから、蕎麦屋に行った。

Img_5250

Img_5251

立ち食いソバなら3分で出てくるところ、超人気店でお客も混んでおり、野菜天ぷらそばが出てくるのに小1時間。。

福田進一リサイタルに間に合わないと焦ったが、最初のバッハを聞き逃しただけで、何とかプログラムの多くを聴くことができた。

オコナー氏も、アストゥリアスなどとても良かったとのこと。

 

Img_5253

Img_5252

それから、急いで大洗まで行こうとしたが、すっかり暗くなったので那珂湊から河口を眺めて観光はおしまい。

 

Marisのアトリエで指ならし。

201912141741452 

オコナー氏は、最近アントニオマリンを手に入れたとのこと。杉の66㎝のマリンだった。

私のマリンと弾き比べしたり情報交換しました。オコナー氏はブリームに心酔しているとのことで、その演奏はさすが。

明日のコンサートがますます楽しみになってきた。

 

明日の打ち上げはイタリアンなので、今晩は中華店へ。オコナー氏は肉は食べないそうです。

明日の朝食のお土産もゲット。

ホテルは勝田駅前で、年末の土曜日の夜のせいか駅前が大勢の若者でにぎわっていた。

 

 

 

 

 

 

 

2019年12月12日 (木)

クリスマス オーナメント

水戸植物公園で来年の催事打ち合わせをしてきました。

5月9日(土)に「植物にちなんだ音楽」に関する会で演奏する予定です。ちょっと話も交えられたらと考えています。

その後は、10月3日(土)になりそうです。

 

植物園、今の季節は樹木がとてもいい感じで湖水地方を思わせる風景に出会えます。

5月の演奏会のころは草花がとてもきれいだと思います。

Img_5229_20191212225701

Img_5230_20191212225701

Img_5235

 

キャメロン・オコナーさんのアコースティック・マルシェも迫ってきました。

例年のようにクリスマス・オーナメントを並べてみました。

 

Img_5236

Img_5237

 

Img_5238

Img_5239

Img_5241

Img_5240

 

♪Free Time、愛好家の演奏も楽しく、なかなか充実した内容になると思います。

 

Img_5242

待ち遠しいですね。

ばね指が治らず、相変わらず演奏は厳しいですが、かえって細かいことにあきらめがついてそれも良いかなと思うこの頃です。

 

オコナーさんから、無事、羽田に着いたと連絡がありました。

14日は、福田進一リサイタルを一緒に聴きに行きます。

 

 

 

 

 

 

2019年12月10日 (火)

荘村さんから友達の申請が。。

フェイスブックでShomuraさんから友達申請の承認依頼が届きました。

まさかと思いましたが、やはりあの荘村さんでした。

その前日、東京国際ギターコンクールの2次予選で顔を合わせたのでご挨拶はしたのですが。。

新聞に連載された荘村さんご自身の履歴の記事もとても感動的でした。

 

たぶん、フェイスブックを始められたので多くの方にそのことを紹介するために発信されたのかと思います。

それでも、345人(当時)のひとりになっているのは、嬉しいです。

 

Shomura

 

それにしても、

フェイスブックの基本データに、誕生日 1947年10月13日と携帯電話番号まで公開してしまうのはやり過ぎでは。

 

 

 

 

 

2019年12月 8日 (日)

ギター

 今年はいろいろ有った年だった。

年末も、ギターを通じて新旧の出会いがあった。 

4日 東海ステーションギャラリー アイヴィル

5日 東京 仕事 忘年会

6日 東京 仕事 ペトリット・チェック コンサート

7日 東京国際ギターコンクール2次予選

 

***

*ステーションギャラリー

ぶらっと立ち寄ったら銅版画の個展をやっていました。

強烈な印象の龍ばかりが展示されていた。

75237503_1375922715915027_35738429312466

Img_5210

作家さんがいて、札幌出身というので話していたら、ギターの響きの中で過ごしていたという。。。

 

*アイヴィル

フルート四重奏とキューバンジャズの夕べ
 

エミリス:

異なる音大を卒業したメンバーで構成され、海外のコンクールなどでも活躍している。

78395057_1390119781150723_46889105483167


Conviana:

昔聴いた深津さんの音楽に似ていると思った。

話をする機会がなかったので後でFBを見たら、共通の友達はたった一人でそれが深津さんだった。

78268979_1468515799967236_47500469381690

 

こんな感じで飲食をしながら聴きました。演奏中も自由に出入りして会場の外にある飲み物、食べ物を取ってくることができます。

これは良いですね。

音楽好きの大人の方が多く来ていました。

78345072_1390119787817389_85262208395179

声を掛けられて誰かと思ったら、高校のギター同好会でただ一人の同期だった方。

びっくりしました。大学院の先生になられていました。

その方の息子さんのクラスメートがエミリスの一人ということで、ツーショット。  

Img_5216

少し前に、12月15日のキャメロン・オコナーさんのチラシをアイヴィルに置かせてもらいに来たが、今日来たらちゃんと置いてあったので安心しました。

Img_5208

 

*武蔵野市民文化会館

ペトリット・チェクのリサイタル

CDは持っていたが、コンサートを聴いてびっくり!

まさに奇才。ギターのパガニーニ。

 

と思ったら、NakajimaさんのFBにもパガニーニと書かれていました。

79020906_3533748306643207_19711212613502

Img_5218

Img_5219

 

(以下の画像は、Nakajima HarumiさんのFBから引用)

79187221_10157392745016072_5252532874573

78473079_10157392745131072_4301431844550  

 

メルツ、バリオスなどが良く、特にメルツは最高だった。

ただ、プログラムの後半は曲自体が今一つで、惜しかった。

ここ数年聴いた中で最も刺激的な演奏だった。

CDやYoutubeではその凄さは見せていなかった。。。

 

 

*ハクジュホールで東京国際の2次予選

8時半頃に着いてしまった。代々木公園を散策しようと思っていたら雨になってしまい困った。

9時からはハクジュホールが空いたので開場までの1時間半、ロビーでじっと待っていました。といっても、そういうマニアのために順番に座って待てるよう椅子が用意してあります。

2番乗りでしたので、ためらわず最前列の中央やや右手に座りました。

 

Img_5220

78565013_2626315010790231_67972524070016 

Img_5221

Ikuo Inoue

Img_5222 

Rina Yamaguchi

Img_5223

78890785_1070742163278671_47395362684325

6人が明日の本選へ。

残念ながら、日本人は進めなかった。

課題曲のピアソラは、表現が大きく2つにあるように感じました。皆さん優れた演奏家ですが、比較して聴くといろいろ分かり勉強になります。

自由曲ではサントルソラのイタリアーナ、唯一スマホに取り込んでいる曲だが、こんな曲もコンクールで弾かれるとは。
昨日のペトリット・チェクや東京国際コンクールに出ている海外の若手・猛者の演奏など、ギター表現の魅力、まだまだありそうです!

 

***

 

201912071000141

 

201912071712502

 

 

 

 

 

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »