« ギャラリーコンサート (2/8) のご案内 | トップページ | リベルタウィンズ第10回定期演奏会 »

2020年1月11日 (土)

ギター 黄金時代の巨匠たち

今から約半世紀前に出版された高橋功著「ギター 黄金時代の巨匠たち」 ー古賀正男氏の七十歳の誕生日のお祝いにー

Img20200111_08140766

Img20200111_08145183

Img20200111_08145184

Img20200111_08152457

冒頭を飾る巨匠たち。

 

古典からタレガまで、各巨匠について当時の文献のエッセンスをまとめている。

他の章でバッハ、シューベルト、ウェーバーなどについても書かれている。

マティエカはシューベルトの中で、アルカスはタレガの中でちょっとだけ触れられている。

 

現在はウェブでさらに膨大な情報、最新の研究成果などが簡単に手に入り、例えば生年月日や当時の評価など、幾つか気になるところはある。

そういったことを補いつつ、評伝に興味がある。

歴史に残る巨匠の作品にはギターの魅力の本質があり、ウェブで当時の楽譜が簡単に見られ、またちゃんとしたCDの演奏も多く聴けるので、時間のあるシニアにはうれしい環境になっている。

比較的最近まではプロの演奏家は自分の腕を披露するようないわゆる難曲を演奏することが多かったが、ギターは音が多い方が、また複雑な音楽が、良いとも限らない。これまでアマチュア向きの作品としてプロがとりあげなかった巨匠たちの作品には、少ない音で絶妙な効果を醸し出す瞬間があり、そういった作品をプロも演奏するようになってきている。これもシニアにはうれしい。

 

評伝には13人の巨匠が書かれているが、ポートレートは11人しかない。メルツとレニャーニが載っていないことに気づいたので追加しておきます。

220pxj__k__mertz

メルツはよく見かけます。

Legnani

レニャーニは初めて見ました。本物?

 

 

 

 

 

 

« ギャラリーコンサート (2/8) のご案内 | トップページ | リベルタウィンズ第10回定期演奏会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ギャラリーコンサート (2/8) のご案内 | トップページ | リベルタウィンズ第10回定期演奏会 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

無料ブログはココログ