« 展望カフェコン・フリコン | トップページ | 2月も終わる頃、「ギター&ピアノ」に向けて »

2020年2月24日 (月)

【変更】アコースティック マルシェ 高田英里佳 コンサート (3/14)  

Takadaconc  

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ観点から、3月14日は【延期】とさせていただきます。
楽しみにお待ちいただいておりました皆様にご迷惑をお掛けしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
11月15日に、開催が決定しました! 【新しい案内はこちら】
よろしくお願いいたします。


***
祝! 高田英里佳「スペイン大使賞受賞」
第4回スペイン音楽国際コンクール ギター部門主席!            

2020年3月14日(土) 開場:15時 
開演:15時半 終了:17時半頃
会場:Marisのアトリエ
「スペイン大使賞受賞記念コンサート」


アコラ会員限定、少人数にて開催いたします。

♪高田英里佳 コンサート  プログラム

2つのエチュード(ソル)

チェロ組曲第3番より<前奏曲とジーグ>(バッハ)

アラビア風奇想曲(タレガ)

組曲「イベリア」よりエル・プエルト
(アルベニス)

バイヨン(アギーレ)

ブエノスアイレスの夏(ピアソラ)

*プログラムは都合により変更になる場合がございます。

(高田英里佳 プロフィール)
5歳からピアノを習い始め、10歳からはアルトフィールド音楽教室にてクラシックギターを始める。高校時代には軽音楽部に所属したことをきっかけに、ロックギターも習得する。

現在まで、船津ひろみ、森井英朗、熊谷俊之、小暮浩史に師事。またアルバロ・ピエッリ、ルベン・パレホ、トマ・チャバ、ハビエル・コントレラス、エドゥアルド・フェルナンデスのマスタークラスを受講する。

第4回スペイン音楽国際コンクールのギター部門で主席(1位なしの2位)、スペイン大使賞を受賞(2019年)。

現在、東京外国語大学にてスペインの言語と文化を学習、研究している。

  

♪ FreeTime(愛好家の有志演奏会)

ご来場されたお客様の演奏

・バラのこころ ガリシア
 

・Andante Op.60-14    ソル 
 ドビュッシー讃歌     ファリャ 


        

料金: 2,000円

料金は、♪コンサート と ♪FreeTime を含みます 。メンバー登録でワンドリンクサービス


 

☆☆☆
ギター愛好家の皆様へ!!

本アコースティックマルシェに先立って、高田元太郎のマスタークラスを開催します。

(高田元太郎 プロフィール)
J.L.ゴンサレス、A.カルレバーロ、E.フェルナンデス、A.ピエッリに師事。第4回スペインギター音楽コンクール優勝のほか、海外ではアランブラ国際コンクール1 位を始め主要コンクールでも上位入賞を果たす。
録音CDは「ピアソラ ブエノスアイレスの四季」「鉄腕アトム・オリジナル・サウンドトラック」「といぼっくす:あのころ……」「ハイパータンゴ」「といぼっくす:アコースティックYMO」「Rocks on the Guts~天国への階段」「トリアングロ:3人寄れば」など多数リリースする。
ギターメソッドのスペイン語からの翻訳は書籍「カルレバーロ・著 ギター演奏法の原理」(現代ギター社)を始めとして、さまざまな雑誌に連載をする。
元ボリビア国立音楽院ギター科教授。現在、自身と門下生による”アルトフィールド音楽院”を主宰。昭和音楽大学ギター科特別講師。

・マスタークラス スケジュール
11:00~ 長塚彰  
 Andante Op.60-14 F.ソル 
 ドビュッシー讃歌 M.ファリャ
13:00~ 村田成正 
 エンデチャ/オレムス F.タレガ
14:00~ 佐藤恵二 
 「スペインの城」より トレガーノ M.トロバ             

国際ギターコンクール優勝者、上位入賞者を多数輩出している高田先生のレッスンを受けられる貴重な機会です。私は東京にて高田先生のレッスンを受講(不定期)しております。この機会を是非お勧めいたします。また、多くの方にレッスンを共有して頂けたらと思い、公開レッスンとさせていただきました。

何枠聴かれても、聴講料金は、1000円です。受講生は他のレッスン聴講は無料です。  

 

« 展望カフェコン・フリコン | トップページ | 2月も終わる頃、「ギター&ピアノ」に向けて »

コメント

3月14日(土)開催の高田英里佳コンサートの"聴くだけ"に参加します。よろしくお願いします。

鈴木俊彦様 参加申し込みいただき、ありがとうございました!よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 展望カフェコン・フリコン | トップページ | 2月も終わる頃、「ギター&ピアノ」に向けて »