« 今年は時間がある | トップページ | 4月も半ば »

2020年4月 2日 (木)

常陸太田あたり

常陸太田の道の駅で買った焼酎がうまかったので、蔵元を訪ねてみようと思っていた。

近くに行く機会があったので、行ってみることにしました。

途中に佐竹寺という古いお寺が有った。

鎌倉時代から江戸時代にかけて常陸国を支配した佐竹氏に縁の寺とのこと。

Img_5463

Img_5467

Img_5461

Img_5462

Img_5466

Img_5464

Img_5465

かなり古くなっていたが往時の風格が感じられた。

桜もまだ残っていた。

 

少し行くと、蔵元に着いた。

剛烈富永酒造店、江戸時代からここ「金砂郷」で酒造りを行っている。

Img_5469

Img_5468 

敷地内をぶらぶらしていたら、話しかけられました。

6代目当主・富永継則氏

東日本大震災の際に、江戸時代からの建物が損壊してしまったそうです。
かつて横溝正史の映画などの撮影にも使われたそうです。

高い建物は焼酎を作る蒸留棟とのこと。
伝統的な日本酒のほか、地元産のさつまいもを使った焼酎「極の紅はるか」など新しい焼酎もつくっています。

Img_5472

Img_5471

蔵元の向かいにもお寺がありました。

Img_5473

Img_5474

Img_5475

佐竹氏の時代、この辺りは栄えていたようですね。

当主から紹介された「米工房」で常陸秋そばをいただきました。

絶品

Img_5477

 

近くに、水戸黄門で有名な西山荘があります。

立ち寄ったら、すばらしい日本庭園がありびっくりしました。

そういえばここに来たのは中学生くらいで、もう50年経っているのですね。

Img_5481

Img_5485

Img_5489 

助さんの住居跡

Img_5486

歴史を感じさせる街、うまい酒と蕎麦、良いところでした。

 

Img_5491

当主に勧められた金砂郷そばを使用した焼酎。

芋焼酎に加えて、蕎麦焼酎、楽しみが増えました。

スマホに留守電が入っており、返信したら、5月9日(土)に水戸植物公園で行うことになっていた 「植物にちなんだ音楽会」が中止になったという連絡でした。この新型コロナの状況では致し方ないと思います。

昨年から企画立案していたので残念ですが、やっていたのは構想のみで、肝心のお話の詳細な内容や演奏の弾きこみはこれから1ヶ月間でやろうと思っていたので、早めに中止と分かり助かりました。

Img_5493

また、5月17日(日)は、恵比寿のカリスギターショップで行われる「サンデーサロン」を予約していましたが、こちらも中止ということです。

4月、5月の演奏関係の予定はすべてチャンセルです。

これまで時間がなくてできなかった諸々の環境整備など、ゆっくりやる良いチャンスかもしれないですね。

Img_5451

芝、張り替え中。

« 今年は時間がある | トップページ | 4月も半ば »

コメント

水戸市植物園の「植物にちなんだ音楽会」は、どんな企画なのかと気になっていたところです。開催されるのを楽しみにしています。

中川様 本イベントは中止です。延期ではないので、幻の企画となってしまいました。
なお、秋に「植物にちなんだ音楽会Ⅱ」をやることになっております。しかし、こちらもどうなるか、何とも言えないですね。内容は、Ⅰとは違って、演奏がメインとなります。よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年は時間がある | トップページ | 4月も半ば »