« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月28日 (日)

6月も終わる頃 ガーデニング

大きくなりすぎた樹木を伐採しました。

Img_5862

Img_5865

Img_5867

Img_5869

かなり、すっきりしました。

築山、ハクモクレン、椿、ツゲ、松、等々、すべて大きくなり過ぎました。

Img_5856

Img_5870

思い切ってカット。

すっきりしました。

和と洋をバランスさせた庭造りを考えていましたが、そろそろ管理しやすい形にしないといけなくなってきました。

初夏らしい花も咲きだしました。

Img_5863

Img_5864

Img_5855

Img_5853_20200628172801

翌日は早朝から伐採後の片付けやラヴェンダーの一部カットをしようと準備していたが、天気予報を裏切る朝からの雨でできなくなってしまった。

ちょっと5分ほど雨の中、外に出ただけなのに、毛虫のようなものに触れたのか両手、両手首の皮膚が腫れてしまった。

 

もう少しで7月になる。

1週間が過ぎるのが意外と早くなった。

 

 

2020年6月27日 (土)

(8/22)ギター生演奏を聴く時間のご案内

「ギター生演奏を聴く時間」のご案内

8月22日(土)15:00~ @Marisのアトリエ

今回は、スペシャル版としてプログラム9パターンの中から抜粋して演奏します。アメリカ、フランス、ドイツ、スペインの作曲家の作品、また、ギターオリジナル、編曲ものと年代、ジャンルも多様な選曲をしてみました。Lemonもできたらやってみようと思います。

飛び入り演奏もお待ちしています。

 

◆プログラム※

・モナ リザ J.リビングストン 作曲
映画「別動隊」で使われ、ナット・キング・コールの歌で大ヒットした。
竹内永和がソロギターへ編曲した楽譜をもとに演奏します

・アリア第1番、第5番 Op.69 F.クレンジャンス 作曲
クレンジャンスは1951年にパリで生まれたギタリスト兼作曲家。アレクサンドル・ラゴヤと共にパリの国立音楽アカデミーでアリリオ・ディアスに就いて学んだ。
ギターのための作品は600曲を越える。「5つのアリア」Op.69から2曲演奏

・月光 ピアノソナタ第14番 第1楽章 L.ベートーヴェン 作曲
今年はベートーヴェンの生誕250年。F.タレガがソロギターへ編曲した楽譜をもとに原曲の雰囲気に近づくようアレンジして演奏します

・アルハンブラの思い出 F.タレガ 作曲 
トレモロで綴られたギター名曲、アルハンブラ宮殿の情景が美しい

 

※プログラムは変更の可能性があります

Img_5853


2020年6月23日 (火)

(7/2、7/7)ギター生演奏を聴く時間のご案内&参加者募集

「ギター生演奏を聴く時間」は、リクエストに応じ、随時開催いたします。

参加者の飛び入り演奏も welcome です。

当初は、参加者の希望プログラムを当日その場で伺って演奏することで考えましたが、実際の流れを考慮して以下を基本に暫らくやってみたいと思います。

・まず、希望者がメールで相談する。
 希望日(複数)、希望プログラム(曲)、人数等
 5人(目安)以上でしたら開催しますのでなるべく一緒に来られる方をお願いします。

・開催日時とメインプログラムを本ブログに公開
(下記、7月2日のように記載)

・それを見て興味ある方はメールで相談して下さい。
 追加してほしい曲が有れば、合わせて連絡して下さい。

・飛び入り演奏も可能です。なお、事前に相談をお願いします。

会場は「Marisのアトリエ」で、火曜日、木曜日、土曜日の午後3時から30分~1時間。
 コンサート料金は、無料 
(Marisのアトリエの入場料として500円 ワンドリンク付)

◆7月2日(木)15:00~

シニアのために 「愛のロマンス」 その後に。。   

・F.ソル 1778年 スペイン
 エチュード Op.31-1   アンダンテ
 エチュード Op.35-12 アレグレット(月光)

Sorkitaguchi_20200620185801

・N.コスト 1805年 フランス
 舟唄
 エチュード Op.38-3
 
・J.K. メルツ 1806年 ハンガリー王国(現在はスロバキア)
 赤いサラファン(ロシア民謡)

・「愛のロマンス」
 A. ルビラ  1825年 エチュード
 V. ゴメス  1941年の映画「血と砂」
 N. イエペス 1952年の映画「禁じられた遊び」
   映画の曲を纏めた流布版+ による演奏
 
・F.タレガ 1852年 スペイン
 ラグリマ
 アデリータ

Tarrega22
 
・C.ヘンツェ 1872年 ドイツ
 ノクターン

・J.サグレラス 1879年 アルゼンチン
 マリア・ルイサ

・F.クレンジャンス 1951年 フランス
 シャンソネッタ
 舟唄

 

「愛のロマンス」と入門者がその後に弾くと良いと思う曲です。

 

◆7月7日(火)15:00~

ギター名曲集  曲名中に「A」がある曲

・スカボロフェア

・カバティーナ

・タンゴ アン スカイ

・ボヘミアン ラプソディー

・愛のロマンス
  
・アルハンブラの思い出

 

よろしくお願いします。

***

希望プログラムとしてチョイスして頂くプログラムのパターン(只今弾けない曲も記載しています)

① ギター名曲集 「A」
・スカボロフェア
・カバティーナ
・タンゴ アン スカイ
・愛のロマンス
・アストゥリアス
・アルハンブラの思い出

② ギター名曲集 「B」
・カンタービレ CPE バッハ
・プレリュード BWV1012 JS バッハ
・アダージョ カンタービレ ベートーベン
・月光 ベートーベン
・フリア フロリダ
・森に夢見る

③ ギター名曲集
・マイ メモリー
・椿姫幻想曲  メルツ
・ロンド    コスト
・悲歌風幻想曲 ソル
・愛の讃歌

④ ギター名曲集
・2つのアリア クレジャンス
・エチュード1番 ロボス
・エチュード11番 ロボス
・ダンサ ブラジレイラ
・ボヘミアン ラプソディ
・ラブ ワルツ
・月光 ソル

⑤ ギターの響き
・オネスティ
・巴里の空の下
・エターナリー
・サンデー モーニング オーバーキャスト
・ミシオネラ
・この道 

⑥ 映画音楽
・モナ リザ
・愛のロマンス
・エデンの東
・鉄道員
・いつか王子様が
・時のたつまま
・白い恋人たち
・ハナミズキ

⑦ JPOP
・Love Love Love
・Lemon
・ありがとう
・Everything
・アイノカタチ feat HIDE
・ハナミズキ
・見上げてごらん夜の星を
・時代
・北の国から
 
⑧ ギターとヴァイオリン(あるいはフルート)Duo
・アンダンテ、スケルツィオ ジュリアーニ
・カンタービレ パガニーニ
・チェントネーディ ソナタ パガニーニ
・アンダルーサのロマンサ サラサーテ
・1900 1930 ピアソラ
・アヴェ マリア、オブリビオン ピアソラ
・間奏曲 イベール 

⑨シニアのために 「愛のロマンス」の次に~
・F.ソル 1778年 スペイン
 エチュード Op.31-1  アンダンテ
 エチュード Op.35-12 アレグレット(月光)
・N.コスト 1805年 フランス
 舟唄
 エチュード Op.38-3
・J.K.メルツ 1806年 ハンガリー
 赤いサラファン(ロシア民謡)
・F.タレガ 1852年 スペイン
 ラグリマ
 アデリータ
 アヴェ・マリア(グノー作曲)
・C.ヘンツェ 1872年 ドイツ
 ノクターン
・J.サグレラス 1879年 アルゼンチン
 マリア・ルイサ
・A.バリオス 1885年 パラグアイ
 クリスマスの歌
・F.クレンジャンス 1951年 フランス
 シャンソネッタ
 舟唄
アンコールとして
・A.ピアソラ 1921年 アルゼンチン
 アヴェ・マリア(H. Sato編)

Mさん来訪

Mさんがお酒を持ってやってきました。

Img_5843

F.ソルのエチュードにはまっているということで、いろいろ聴かせていただきました。

有名プロのレッスンを受けられており、しっかりとした演奏でした。

私も十年以上前にソルのエチュードをやったことがあり、それぞれいい勉強会になったと思います。

また、ソルをやってみたくなりました。

Img_5841

勉強会は、6月で終わります。

7月からは「ギター生演奏を聴く時間」を開催します。

 

 

 

2020年6月20日 (土)

ギター生演奏を聴く時間 プログラム追加

先日、「ギター生演奏を聴く時間」を試行してみて、プログラムパターンの中にクラシックギターの作品で初心者向けのものがないことに気づきました。

クラシックギターになじみが少ない人向けには、映画音楽やポピュラーソングをギターソロ用に編曲したものを用意していましたが、もう少しクラシックギターよりの内容を考えてみました。また、教育的な配慮からギターの巨匠の作品をとりあげ、生まれた順に並べてみることにしました。といっても、多少聴き映えがするよう、そう言った曲も混ぜてみました。
               

◯シニアのために 「愛のロマンス」の次に~

・F.ソル 1778年 スペイン
 エチュード Op.31-1  アンダンテ
 エチュード Op.35-12 アレグレット(月光)

Sorkitaguchi_20200620185801

・N.コスト 1805年 フランス
 舟唄
 エチュード Op.38-3

 
・J.K.メルツ 1806年 ハンガリー
 赤いサラファン(ロシア民謡)

・F.タレガ 1852年 スペイン
 ラグリマ
 アデリータ
 アヴェ・マリア(グノー作曲)

Tarrega22

 

・C.ヘンツェ 1872年 ドイツ
 ノクターン

・J.サグレラス 1879年 アルゼンチン
 マリア・ルイサ
 

・A.バリオス 1885年 パラグアイ
 クリスマスの歌

5250_coverpic 


・F.クレンジャンス 1951年 フランス
 シャンソネッタ
 舟唄

***

先日来られた方からのリクエストで、グノーとピアソラの「アヴェ・マリア」を聴きたいということでした。

楽譜も頂いたので、グノーはタレガのところに入れました。ピアソラは少し主旨が異なるがアンコールならやれるかな。


・A.ピアソラ 1921年 アルゼンチン
 アヴェ・マリア(H. Sato編)

 

 

2020年6月18日 (木)

(6/18) ギター生演奏を聴く時間 試行しました

202006181608351

ギター生演奏を聴く時間

2020年6月18日(木)15:00~
 @Marisのアトリエ  演奏:熊坂勝行

プログラム
・モナ リザ     (竹内編)
・愛のロマンス
・エデンの東     (竹内編)
・ベートーベン 月光 (タレガ編+)
・ソル 月光
・白い恋人たち    (竹内編+)
・ハナミズキ     (蓮見編+)

アンコール
・いつか王子様が
・時のたつまま
・カバティーナ
・タンゴ アン スカイ

202006181518410011

202006181608353

市内の方3名と龍ケ崎から2名の方に参加頂きました。
遠方からも有難いです。
ギターの生演奏に興味を持っていただけたら幸いです。

熱心に聴いて頂きアンケートにも記入して頂き、感謝いたします。
アンケートを踏まえて、次回の準備をしたいと思います。
月1回くらい開催できたらと考えています。

2020年6月14日 (日)

ギター生演奏を聴く時間について

梅雨になって蒸し暑くなったと思えば、肌寒い日もあり、体調不良になりがちです。

コロナ関係では世の中の動きにいろいろ気障りなことが多いですが、ギターで免疫力をアップして爽やかにいきたいです。

コロナのリスクが払拭できない状況では、プロを招聘して行うコンサートは難しいです。また、愛好家プチの活動は、会場を借りることが難しいこともあり、zoomなどを使ってそこそこ行われているようです。徐々にこれまでのようになると思いますが、仲間内での活動になってしまうことを懸念します。一方、最近ますますシニア世代の生活におけるソロギターの世界観に興味を感じています。

そこで、あまりクラシックギターを生で聴いたことがない方やクラシックギターの曲目になじみがない方を対象にしたミニ演奏会を考えました。

「ギター生演奏を聴く時間」、実際はギターの生演奏を聴いて頂く時間ですが、少人数を前提に事前に連絡をもらって何人か集まったらやるようにしたいと思います。

会場は「Marisのアトリエ」で、火曜日、木曜日、土曜日の午後3時から30分~1時間。

演奏会料金は無料(Marisのアトリエ入場料500円を頂きます)。

珈琲やフレッシュ・ハーブティはご自由に。

 

演奏プログラムは、聴きに来られた方に以下からチョイスしてもらうようにできたらと考えています。私が演奏しますが、参加メンバーの飛び入り演奏があっても良いと思います。

① ギター名曲集
・スカボロフェア
・カバティーナ
・タンゴ アン スカイ
・愛のロマンス
・アストゥリアス
・アルハンブラの思い出

② ギター名曲集 
・カンタービレ CPE バッハ
・プレリュード BWV1012 JS バッハ
・アダージョ カンタービレ ベートーベン
・月光 ベートーベン
・フリア フロリダ
・森に夢見る

③ ギター名曲集
・マイ メモリー
・椿姫幻想曲  メルツ
・ロンド    コスト
・悲歌風幻想曲 ソル
・愛の讃歌

④ ギター名曲集
・2つのアリア クレジャンス
・エチュード1番 ロボス
・エチュード11番 ロボス
・ダンサ ブラジレイラ
・ボヘミアン ラプソディ
・ラブ ワルツ
・月光 ソル

⑤ ギターの響き
・オネスティ
・巴里の空の下
・エターナリー
・サンデー モーニング オーバーキャスト
・ミシオネラ
・この道 

⑥ 映画音楽
・モナ リザ
・愛のロマンス
・エデンの東
・鉄道員
・いつか王子様が
・時のたつまま
・白い恋人たち
・ハナミズキ

⑦ JPOP
・Love Love Love
・Lemon
・ありがとう
・Everything
・アイノカタチ feat HIDE
・ハナミズキ
・見上げてごらん夜の星を
・時代
・北の国から

 
⑧ G&Vn(Fl)Duo
・アンダンテ、スケルツィオ ジュリアーニ
・カンタービレ パガニーニ
・チェントネーディ ソナタ パガニーニ
・アンダルーサのロマンサ サラサーテ
・1900 1930 ピアソラ
・アヴェ マリア、オブリビオン ピアソラ
・間奏曲 イベール

以上の曲目は、今の努力目標で1,2年である程度できたら良いなと思っている内容です。

⑨ ソル作品
⑩ コスト作品
⑪ メルツ作品
⑫ タレガ作品

なども、できたら良いと思いますが、それだけでは目的から少し離れるので、いろいろ親しみやすい曲と混ぜながらやったほうが良いかなと考えています。

Tarreg_2

参加を希望される方、あるいは演奏する側で参加を希望する方は、お問合せ下さい。

さっそくメールを頂きました、

6/18(木)15:00~ 試行します。

 

2020年6月11日 (木)

(7/18)松澤結子レッスン会のご案内

8317201234_38c3d13c55_20200210055801

「松澤結子です。先日はコンサートに来てくださり、ありがとうございました。
レッスン会をひたちなか市で開催いたします。
日時など詳細については熊坂さんより連絡していただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

また、場所が遠いですが、スタジオアランフェスで4月に演奏します。アンサンブルでの演奏は来月銀座ヤマハホールにて"ユベントス"コンサートがありますので、もしよろしければいらしてくださいませ。
よろしくお願いします!」

ということで、ジヴェルニーサロン等でもご案内しておりましたが、
「松澤結子レッスン会」をMarisのアトリエにて開催します。

セゴビア ⇒小原聖子+ギリア、グロンドーナ ⇒松澤結子 
この機会に、伝承の右手タッチを研究されてはいかがでしょうか?


50分 8000円 ミニコンサート付き  
5名限定

聴講&ミニコンサートのみ 2000円
          
 
日程は 7/18(土)13:00~に決定しました。       

<受講曲>

1.タレガ ラグリマ マリア・ルイサ

2.ジュリアーニ スペインのフォリアによる変奏曲

3.メンデルスゾーン ベニスのゴンドラの歌(無言歌:舟歌)

4.タレガ アルハンブラの思い出

5.ダウランド  歌とガリアルド

                            
<ミニコンサート>

・ワルツ第4番/バリオス

・サパテアード/デ・ラ・マーサ

            

(松澤結子 プロフィール) 

7才よりギターを始め、本木盛夫、小原聖子の各氏に師事。桐朋学園短期大学にて佐藤紀雄氏に師事。S・グロンドーナ、T・ケイン、W・カネンガイザー、各氏のマスタークラスを受講。2011、2014年にイタリアのキジアーナ音楽院夏期マスタークラスにてO・ギリア氏のレッスンを受講、及びファイナルコンサートに出演。

第28回GLC学生ギターコンクール中学生の部第1位、第27回スペインギター音楽コンクール第4位、40回神奈川新人ギタリストオーディション主席合格。

 

2020年6月 7日 (日)

【決定】アコースティック マルシェ 高田英里佳 コンサート (11/15)

Takadaconc  

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ観点から、以下のコンサートは延期とさせていただいておりましたが、状況を見ながら、11月15日(日)に開催することといたしました。

プログラムも大きく変わってさらに充実した内容になり、本当に楽しみです!
会場の収容人数が多くありませんので、希望者はお早めにお申込みの連絡を頂ければ幸いです。(受付開始しました)

************

祝! 高田英里佳「スペイン大使賞受賞」
第4回スペイン音楽国際コンクール ギター部門主席!            

2020年11月15日(日)開場:15時 
開演:15時半 終了:17時半頃
会場:Marisのアトリエ
「スペイン大使賞受賞記念コンサート」



♪高田英里佳 コンサート  プログラム

・チェロ組曲第6番より<前奏曲>(バッハ)

・ソナタ6番全楽章(マティエカ)

・組曲「イベリア」よりエル・プエルト(アルベニス)

・ブエノスアイレスの夏(ピアソラ)

*プログラムは都合により変更になる場合がございます。

           

(高田英里佳 プロフィール)
5歳からピアノを習い始め、10歳からはアルトフィールド音楽教室にてクラシックギターを始める。高校時代には軽音楽部に所属したことをきっかけに、ロックギターも習得する。

現在まで、船津ひろみ、森井英朗、熊谷俊之、小暮浩史に師事。またアルバロ・ピエッリ、ルベン・パレホ、トマ・チャバ、ハビエル・コントレラス、エドゥアルド・フェルナンデスのマスタークラスを受講する。

第4回スペイン音楽国際コンクールのギター部門で主席(1位なしの2位)、スペイン大使賞を受賞(2019年)。

現在、東京外国語大学にてスペインの言語と文化を学習、研究している。

  

♪ FreeTime(愛好家の有志演奏会)

ご来場されたお客様の演奏

・ 


        

料金: 2,000円

料金は、♪コンサート と ♪FreeTime を含みます 。メンバー登録でワンドリンクサービス


 

☆☆☆
ギター愛好家の皆様へ!!

本アコースティックマルシェに先立って、高田元太郎のマスタークラスを開催します。

(高田元太郎 プロフィール)
J.L.ゴンサレス、A.カルレバーロ、E.フェルナンデス、A.ピエッリに師事。第4回スペインギター音楽コンクール優勝のほか、海外ではアランブラ国際コンクール1 位を始め主要コンクールでも上位入賞を果たす。
録音CDは「ピアソラ ブエノスアイレスの四季」「鉄腕アトム・オリジナル・サウンドトラック」「といぼっくす:あのころ……」「ハイパータンゴ」「といぼっくす:アコースティックYMO」「Rocks on the Guts~天国への階段」「トリアングロ:3人寄れば」など多数リリースする。
ギターメソッドのスペイン語からの翻訳は書籍「カルレバーロ・著 ギター演奏法の原理」(現代ギター社)を始めとして、さまざまな雑誌に連載をする。
元ボリビア国立音楽院ギター科教授。現在、自身と門下生による”アルトフィールド音楽院”を主宰。昭和音楽大学ギター科特別講師。

・マスタークラス スケジュール、受講生 決定済
11:00~ 長塚彰  
 Andante Op.60-14 F.ソル 
 ドビュッシー讃歌 M.ファリャ
13:00~ 村田成正 
 エンデチャ/オレムス F.タレガ
14:00~ 佐藤恵二 
 「スペインの城」より トレガーノ M.トロバ             

国際ギターコンクール優勝者、上位入賞者を多数輩出している高田先生のレッスンを受けられる貴重な機会です。私は東京にて高田先生のレッスンを受講(不定期)しております。この機会を是非お勧めいたします。また、多くの方にレッスンを共有して頂けたらと思い、公開レッスンとさせていただきました。

何枠聴かれても、聴講料金は、1000円です。受講生は他のレッスン聴講は無料です。  

6月 シニアのためのギター勉強会

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

新型コロナの緊急事態宣言が解除され、自粛も徐々に緩和されつつあります。

ギター文化館では、6月から徐々にイベントを開始し7月以降は注意深くコンサートを行っていくようです。

アコラのイベントは7月18日(土)に松澤結子さんのレッスン会を開催します。

5月はオンラインコンサートを1つ主催し、2つ参加いたしました。

オンラインツールの活用はいろいろあるかと思いますが、やはりリアルな時間が大切だと感じています。

そこで、これまでのようにジヴェルニーサロンができないことから、ジヴェルニーサロンのO、Uの区別はなくして、6月から7月までの間は新型コロナ対策も兼て、適宜、勉強会をやろうと思います。シニアのためのギター勉強会です。

関心がある方は連絡の上、アコラに来て頂ければ幸いです。

Img_5707_20200607084301

サロンも少し模様替えしました。

Img_5814

 

フレッシュ・ハーブティーを飲みながらでも。。。

Img_5791s

Img_5782

今は、マロー(ウスベニアオイ)がきれいです。お茶も良いです。

お茶用には、クールミント、レモンバーム、オーデコロンミント(ベルガモットミント)、アップルミント、スペアミントなどあります。

ハーブのスプレー用のアルコールをジョイ本で見掛けたので購入しました。

この時期なのでしょうか、使用前から7-8割しか入っていませんでした。

それでも貴重。

Img_5815


 

 

2020年6月 2日 (火)

愛のロマンス

NHKーEテレ(再放送)らららクラシックで「愛のロマンス」の作曲者について取り上げられていた。

1952年 映画「禁じられた遊び」のテーマ曲で有名になった。

現在でもクラシックギターの人気曲の一つになっている。

Img_5801

それ以前にも、1941年 映画「血と砂」で類似のギター曲が使われていた。

Img_5803

Img_5804

Img_5805

ビセンテ・ゴメスの演奏と楽譜。

これは、私も昔持っていた。ゴメスの演奏はかなりの速度で弾いていたように記憶している。 

しかし、それより以前、タレガの高弟のフォルテアが「Romance de Amor」というタイトルで楽譜を出版していた。

Img_5806

Img_5807

ところが、更にそれ以前に、スペインのギタリスト「アントニオ・ルビーラ」がESTUDIO(練習曲)として出版していた。

これがオリジナルとのこと。

Img_5808

Img_5809

以上の内容は、大分前からクラシックギター界では周知のことであった。

この辺のことを「現代ギター誌」で紹介した手塚さんもTVに登場していた。

Img_5810_20200602151301

イエペスはじめいろいろな画像・映像が豊富だったので、スマホで撮って、ブログにアップすることにしました。

禁じられた遊びを演奏したころの若きイエペス

Img_5812

13歳のイエペス

Img_5811

この曲を弾いていると長く愛奏されている秘密が分かってくる。

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »