« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月31日 (月)

山陰ギタ弾こ会

8月29日、安来市で「山陰ギタ弾こ会」がありました。

◆早朝 中海の向こうに大山

202008290908341

 

◆なぎさ公園

ログハウスで指ならし

202008290839561

202008290849331

202008290849332

 

◆和鋼博物館

ここでも大変ご厚意を頂きました。

Img_6024

Img_6022

202008291057201 

202008291057202

◆第10回 山陰ギタ弾こ会 14:00~

117305040_658312141704666_27914211568992
 
~主催された木村秀樹さんのFBから(抜粋)
本日はギタ弾こ会の例会を安来市中央交流センターで行いました。
暑い中にもかかわらず、演奏されたみなさま、わざわざ聴きに来てくださったみなさま、そして、はるばる山陰に来てくださった3組のみなさま、本当にありがとうございました。お疲れさまでした。
賑やかな会場にギターやフルートの音が響きわたる生の演奏会、本当にありがたく贅沢な時間をみなさまと過ごすことができ、音楽の素晴らしさをしみじみと感じさせていただきました。
ゲストの加藤丈晴さん、熊坂勝行さん、伊吹稔さんご夫妻と素晴らしい演奏を聴かせていただきました。本当にありがとうございました。

202008291354361

202008291403141

202008291418561

202008291439561

(画像は演奏者の一部分です。木村さんのFBに全員の画像あります)

以下、ゲスト演奏

岡山の加藤丈晴さん

202008291546031

 

202008291548202

202008291548203

118611682_671489270386953_82584602481891

202008291548205

・モナ リザ

・アリア1番 5番 F.クレンジャンス

アンコールは、スペインのフォリア F,カルリ

 

広島の伊吹さんご夫妻

 202008291614081_20200829203101

 

主催の木村さん、いろいろ大変な中、本当にありがとうございました。

202008291642091_20200829203101  

202008291642191 

118379953_671489407053606_82082403736481

この会も、クラシックギターのこういった他の会と同様に、皆さんのギターに対する取り組みが真摯で心暖まる演奏会でした。

    

・FBで頂いた感想、ありがたいです。

安来で演奏を聞かせていただき、ありがとうございました。
こんなギター曲があるなんて!とビックリ(゚o゚)/。
すごい演奏力ですね。

 

◆マジックアワーの中海 

Img_6026 

Img_6025 
         

もちろん、ノンアルコールビールです。

202008291733201

主催者の木村秀樹さん始め、なぎさ公園ログハウスでの指ならし、和鋼博物館での練習など、山陰の方々の暖かさに触れた日でした。

 

ギター巡礼

番外1 浜松

番外2 浜松 大山

番外3 米子 下松

 

 

山陰ギタ弾こ会 番外3

◆米子 米子城跡

石垣がすばらしく、仏の古城を思わせる詩情があった。

石垣からの中海の眺めもすばらしい。

202008300713581

202008300721081

202008300721251

202008300722521

202008300723291

202008300724371  

202008300725241

202008300725242_20200831215201

202008300727451_20200831215201

 

◆松江城

202008300838001

 

◆宮島SA

202008301101561

202008301101562

 

◆下松市 笠戸島

高校時代の親友と

学生時代一緒にスペイン旅行

202008301351403

名物 ヒラメの刺身

Img_6031

彼は専門のスペイン語を活かしパナマで長期勤務したあと、故郷で学習塾を経営中

Img_6039


高校時代のイベント、映画「夜のピクニック」のモデルにもなった「歩く会」での写真

Img_6040

Img_6041

 

◆宝塚北SA 

去年一部開通した新名神高速道路にナビが追いついていなかったため、ジャンクションで予想していなかった新名神に入ってしまった。ただ、間違というわけでもないが、誤解を与え不安を感じるような道路の表示で、宝塚北SAからナビをリセットしようとしたら、検索不能とのことで困った。インフォメーションで聞くとそのまま直進すれば東京方面に通じているとのこと。

Img_6049

手塚治虫のグッズ

Img_6052

下松を午後4時頃に立ち、1000kmちょっとありましたが都心部を早朝に通過でき、ひたちなか市に翌日の朝7時半ごろに帰ってきました。意外に北関東自動車道が混んでいました。月曜日の出勤前の時間で、週末水戸、ひたちなか市を離れていた人々が帰ってきたのかなと。

まだ夏真っ盛りの中国地方とは違って、車を降りたらひたちなか市はすでに秋の気配になっており爽やかでした。

 

山陰ギタ弾こ会 番外2

◆浜松市 遠州灘海浜公園

虹がきれいだった。 

Img_6005

Img_6006

Img_6007

 

◆砂丘公園

Img_6013

Img_6017

Img_6014

 

◆風車公園

Img_6012

 

高校の親友が浜松で医師になっています。  

浜松名物の鰻をご馳走になりました。

202008281234034  

 

◆浜松→米子

202008281422021

 

カーナビに頼って運転していたら、いつのまにか違うところを走っていました。

インターチェンジで実際に走るべき車線(左)とカーナビの指示した車線(右)が違っていました。カーナビの音声と道路標識が違っていたので気になったが、もう車線変更ができない状況になっておりあきらめました。高速を降りて一般道をかなり走って違う自動車道から復帰しました。四日市あたり。カーナビに不信感がでて不安になりましたが、1時間ほど遅れてリカバーできました。

道路が新設されたりして、ナビが追いついていないんですが、道路のつくり方にも一考が望まれますね。

 

◆大山

202008281818261

予定より遅れたが、まだ明るかったので江府で降りた。

202008281839591

その後、暗くなって米子近くでナビの指示でおかしなところに案内され、更にナビ不信に。スマホのナビと併用し無事今日の宿に着くことができました。着くまで気づかなかったが、ここは30年位前に仕事で日立金属に行った際に泊まったことがある気がする。

ホテルの駐車スペースが少なく、駐車場は市営のちょっと離れたところになってしまった。

何はともあれ、まず一杯。

Img_6020

山陰ギタ弾こ会 番外1

1日目は浜松市で休憩

◆浜名湖 舘山寺温泉

Img_5987

202008271058351

Img_5989

Img_5992

202008271211031

202008271218441

202008271206491

 

◆エアーパーク

ゼロ戦も展示されてました

202008271352341

202008271355251

 

◆弁天島

202008271519121

202008271519122  

202008271519123

 

◆肴町通り

Img_5996

Img_5998

Img_5999 

Img_6001

2020年8月26日 (水)

(9/27)ギター黄金時代の巨匠たち ♫パリ編 決定

180pxdionisio_aguado_001

内容が決まりましたので、あらためてブログをおこしました。

今回は、ギター愛好家のデュオ演奏もございます。
コロナ禍で少人数での開催になると思われますので、お早めにお申し込み頂ければ幸いです。
                     

◆「ギター生演奏を聴く時間」
ギター黄金時代の巨匠たち(パリ編)
開催:2020年9月27日(日)15時~17時頃

♫パリで活躍した巨匠の作品 熊坂
・F.カルリ 1770年 イタリア
 ラルゲット      
 ポコ アレグレット 
 スペインのフォリア      

・F.ソル 1778年 スペイン
 ラルゲット      Op.35-3
 アレグロ モデラート Op.29-17 

・N.コスト 1805年 フランス
 「秋の木の葉」より 

・D.アグアド 1784年 スペイン
 アンダンテと華麗なロンド Op.2-2

曲目は変更の可能性があります。

 

♫愛好家の演奏
 藤田孝子、細川千恵子 二重奏

・かあさんの歌 佐藤弘和編曲

・黄昏のワルツ 加古隆作曲

 

◆演奏会料金は無料(Marisのアトリエ入場料500円を頂きます)。

珈琲やフレッシュ・ハーブティはご自由に。

お申込み・お問合せ ma-gyumug-765019@ijs.dream.jp

 

◆飛び入り演奏を希望される方は、事前に連絡をお願いします。

 

ソルとコストについてはそれぞれの会をやる予定ですので、今回はパリで活躍した巨匠としてその中でもカルリとアグアドに焦点をあてる考えです。
カルリの作品は洗練されていて品が良く、入門者のための作品でもそれが言えるかと思います。その他にいろいろ調べたら面白い曲が有りましたのでそれをやってみようと思います。前回アンコールで弾いてみた曲ですが、もう少し弾きこんだ演奏をしたいと思います。
アグアドの「アンダンテとロンド」は皆さんご存知の超有名曲です。高校生の時にホルヘ・アリサのコンサートで聴き、この曲に感激しました。この年になってチャレンジします。また、つい先日亡くなられたジュリアン・ブリームの演奏にも強烈な印象があります。ブリームは少し改変して弾いていましたね。

「ギター黄金時代の巨匠たち」は、パリ編以外に、ウィーン編も考えています。

どうぞ、よろしくお願いします。

***

2007年頃、こんなことを夢想したようです。今ならアグアドの曲もいろいろ聴けるようになって、このOp.2はアグアド作曲ということに疑問はないでしょう。

昔の関連ブログ

 

***

また、時間が許せば、これまでに頂いていたリクエスト曲などを、当日の流れで幾つか演奏してみたいと思います。
スカボロフェア、アストゥリアス、タンゴ アン スカイ。。。

 

 

2020年8月22日 (土)

(8/22)「ギター生演奏を聴く時間」開催しました

202008221456225

8月22日(土)15:00~ @Marisのアトリエ

◆プログラム

・モナ リザ J.リビングストン 作曲
 
・アリア第1番、第5番 Op.69 F.クレンジャンス 作曲
 
・月光 ピアノソナタ第14番 第1楽章 L.ベートーヴェン 作曲
           
・アルハンブラの思い出 F.タレガ 作曲 
 
・Lemon 米津玄師作曲

 

202008221456226

コロナ対策で少人数で実施することやこの会の流れなどについて、最初に話しました。

 

202008221456223

202008221456220013

アンコールは、カルリの「スペインのフォリアによる変奏曲」を演奏しました。

山陰の「ギタ弾こ会」で弾こうかどうか選曲中です。今日の録画を聴いてどうするか考えます。

 

小休止のあと、「禁じられた遊び」のリクエストがありました。

202008221607301

 

202008221608443

202008221608444

創業スクールのM先生、Nさん、Aさんが聴きに来てくれました。

皆さま、熱心に聴いてくださりありがとうございました。

クラシックギターに関心を持っていただけたなら幸いです。

 

Img_5974

次回は、私だけでなく愛好家の演奏もありますので、よろしくお願いします。

  

***

◆感想を頂きました。

・すばらしい音色でした。タッチの勉強をさせて頂きました。ベートーベンの月光にいつの日かチャレンジしてみたいものです。

・先日は素敵な演奏をありがとうございました。
ほっこり幸せな気分になりました。生演奏はほんとに心にひびきます。ありがとうございました♡

・演奏、ありがとうございます。ギターの響きが、心地いいです。

・先日は素晴らしい演奏を聴かせていただきありがとうございました。
身近にあのような演奏家がいらっしゃるのは大変幸運だと思いました。
ブログも拝見しました。今日守谷で音楽家の経営支援をしてまして、熊坂さんのブログを見せました。感心してました。
また、企画があればご案内ください。

 

◆今後のリクエストを頂きました。

Love Love Love、ボヘミアン ラプソディ、鉄道員

カヴァティーナ、タンゴ アン スカイ、アストゥリアス、アルハンブラの思い出、プレリュードBWV1012、ベートーヴェンの月光、フリア フロリダ、森に夢見る、ロボスのエチュード1番、11番、鉄道員

今後2回はメインのプログラム内容が決まっているので、アンコールやプログラム後の時間のなかでできるだけ演奏したいと思います。私もいい勉強の機会になります。

 

ギター椅子リニューアルしました

Img_5968

ギター椅子がリニューアルしました!

Hさんにお願いして制作して頂いたものです。

ゴブラン織の図柄がとても上品です。

ゴブラン織とは、ルイ王朝時代、国王の庇護を受けてパリ近郊のゴブラン工場で作られた、精巧で豪華なつづれ織り。花鳥風景など複雑 で絵画的な紋様を織り出す技法。およびその織物のこと。縦糸に4色程度の色糸、横糸にも3~4色程度の色糸を使う織物のことだそうです。

Img_5966

Img_5967

明日の「ギター生演奏を聴く時間」に間に合うように持って来てくださいました。

さっそく、使わせていただきます。

 

◆「ギター生演奏を聴く時間」の今後の予定:

8月22日(土)15:00~ スペシャル版

9月27日(日)15:00~ ギター黄金時代の巨匠たち(パリ編)

10月25日(日)15:00~ ギター黄金時代の巨匠たち(ウィーン編)

 

◆9月27日の内容はこちら 最新内容 

 さらに、ゲスト演奏もあります。

202008211149151

本日、ゴブラン織の椅子を持って来て頂いたHさんと友人のFさん、お二人のデュオです。

                    

皆さまからの、「ギター生演奏を聴く時間」のリクエストや飛び入り演奏のご相談をお待ちいたします。

新型コロナの影響が落ち着くまでは、少人数(10人位以下)での、このような会をやって行く予定です。

2020年8月18日 (火)

高田英里佳の動画ご紹介

Erika1

11月15日にMarisのアトリエでコンサートを行う高田英里佳さんの動画を紹介します。
オンラインの国際コンクールに出場した時の動画です。
素晴らしい演奏ですね。

Erika Takada
- The 1st International Guitarlab competition 
youtube.com
(↑クリック)


Piece 1. - 1st movement of Sonata No.6 – Wenzel Matiegka
Piece 2.
– Magic Serenade – Bryan Johanson
ブライアン・ヨハンソンは、USAのクラシックギタリスト兼作曲家。
このマティカのソナタ6番は、11月15日に全楽章演奏される予定となっております。

◆11月15日(日)開場:15時 開演:15時半 
 高田英里佳コンサート 
  祝!「スペイン大使賞受賞」記念
 (詳細は、↑クリック)

♪高田英里佳 コンサート  プログラム

・チェロ組曲第6番より<前奏曲>(バッハ)

・ソナタ6番全楽章(マティエカ)

・組曲「イベリア」よりエル・プエルト(アルベニス)

・ブエノスアイレスの夏(ピアソラ)

11月になっても、新型コロナ禍でソーシャルディスタンスの要請が継続している可能性があります。その場合は少人数での開催となりますので、ぜひお早くお申込み頂ければ幸いです!
 
                               
高田元太郎先生のFB(7月29日)から、一部引用させていただきます。
「アルゼンチンの親愛なる友人Mirta Alvarez、漸く帰国することが叶いました。
2月にコンサートツアーのため初来日し、当初3月末には帰国予定でしたが、ウイルスの影響により日本滞在を余儀なくされていました。
大変な状況が続いていましたが、ミルタが無事アルゼンチンへ帰国することができて安心しました。
今回アルゼンチンのギター音楽、ミルタ・アルバレスの音楽を日本の皆さんに紹介することができ嬉しいです。
(略)
ミルタからアルゼンチンのギター音楽について多くのことを学びました。
僕の音楽人生の中で貴重な経験となり、新しい発見や、自分の音楽に確実に変化がありました。
日本で一緒に音楽ができたこと、この数ヶ月間の出来事を一生忘れません。
大変な状況の中で素晴らしい音楽を届けてくれたミルタに感謝します。ありがとうミルタ!

世界中で難しい状況が続いていますが、一刻も早いウイルスの終息と、みなさまの健康と安全を願います。
またいつの日かミルタの音楽を日本のみなさまに届けることができるといいです。

「Mirta Alvarez Japan Tour 2020」 皆さまからの愛に満ちた心に残るツアーとなりました。
ありがとうございました。」

116102333_3178527965594746_1461668354377
111550964_3178621098918766_5360932461371
         
「高田先生のマスタークラス」

聴講生募集します!

・マスタークラス スケジュール
11:00~ 長塚彰  
 Andante Op.60-14 F.ソル 
 ドビュッシー讃歌 M.ファリャ
 
13:00~ 村田成正 
 エンデチャ/オレムス F.タレガ

14:00~ 佐藤恵二 
 「スペインの城」より トレガーノ M.トロバ             

国際ギターコンクール優勝者、上位入賞者を多数輩出している高田先生のレッスンを受けられる貴重な機会です。私は東京にて高田先生のレッスンを受講(不定期)しております。この機会を是非お勧めいたします。また、多くの方にレッスンを共有して頂けたらと思い、公開レッスンとさせていただきました。

何枠聴かれても、聴講料金は、1000円です。

 

 
 
 
 

2020年8月 5日 (水)

(9/27)ギター黄金時代の巨匠たち ♫パリ編

180pxdionisio_aguado_001

本日は大変暑い日でした。

MNさんが来訪され勉強会をしました。
そこで「ギター生演奏を聴く時間」のリクエストをして頂いたので、以下の内容にチャレンジしたいと思います。
                          

◆「ギター生演奏を聴く時間」
ギター黄金時代の巨匠たち(パリ編)
開催:2020年9月27日(日)15時~16時

♫パリで活躍した巨匠の作品
・F.カルリ 1770年 イタリア
 ラルゲット      
 ポコ アレグレット 
 スペインのフォリア      

・F.ソル 1778年 スペイン
 アレグロ モデラート Op.29-17 

・N.コスト 1805年 フランス
 「秋の木の葉」より 

・D.アグアド 1784年 スペイン
 アンダンテとロンド Op.2-2

曲目は変更の可能性があります。

 

飛び入り演奏を希望される方は、事前に連絡をお願いします。

 

ソルとコストについてはそれぞれの会をやる予定ですので、今回はパリで活躍した巨匠としてその中でもカルリとアグアドに焦点をあてる考えです。
一番課題なのは、アグアドの「アンダンテとロンド」です。これまでやったことが無く、只今運指を検討している状況です。8月22日の「ギター生演奏を聴く時間」が終わったら集中する予定です。

カルリの作品は洗練されていて品が良く、前のブログで書いたように鋭意調査中でして、曲目が変更、追加になる可能性があります。

ソルとコストはたぶん変更なしです。

 

「ギター黄金時代の巨匠たち」は、パリ編以外に、ウィーン編も考えています。

どうぞ、よろしくお願いします。

 

 

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »