« フェルディナンド・カルリ 生誕250年 | トップページ | 高田英里佳の動画ご紹介 »

2020年8月 5日 (水)

(9/27)ギター黄金時代の巨匠たち ♫パリ編

180pxdionisio_aguado_001

本日は大変暑い日でした。

MNさんが来訪され勉強会をしました。
そこで「ギター生演奏を聴く時間」のリクエストをして頂いたので、以下の内容にチャレンジしたいと思います。
                          

◆「ギター生演奏を聴く時間」
ギター黄金時代の巨匠たち(パリ編)
開催:2020年9月27日(日)15時~16時

♫パリで活躍した巨匠の作品
・F.カルリ 1770年 イタリア
 ラルゲット      
 ポコ アレグレット 
 スペインのフォリア      

・F.ソル 1778年 スペイン
 アレグロ モデラート Op.29-17 

・N.コスト 1805年 フランス
 「秋の木の葉」より 

・D.アグアド 1784年 スペイン
 アンダンテとロンド Op.2-2

曲目は変更の可能性があります。

 

飛び入り演奏を希望される方は、事前に連絡をお願いします。

 

ソルとコストについてはそれぞれの会をやる予定ですので、今回はパリで活躍した巨匠としてその中でもカルリとアグアドに焦点をあてる考えです。
一番課題なのは、アグアドの「アンダンテとロンド」です。これまでやったことが無く、只今運指を検討している状況です。8月22日の「ギター生演奏を聴く時間」が終わったら集中する予定です。

カルリの作品は洗練されていて品が良く、前のブログで書いたように鋭意調査中でして、曲目が変更、追加になる可能性があります。

ソルとコストはたぶん変更なしです。

 

「ギター黄金時代の巨匠たち」は、パリ編以外に、ウィーン編も考えています。

どうぞ、よろしくお願いします。

 

 

« フェルディナンド・カルリ 生誕250年 | トップページ | 高田英里佳の動画ご紹介 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フェルディナンド・カルリ 生誕250年 | トップページ | 高田英里佳の動画ご紹介 »