2019年9月19日 (木)

アコースティック マルシェ キャメロン・オコナーコンサート(12/15)


Ddddd

12月14日(日) 

開場:13:30 開演:14:00 終演:17:00

会場:Marisのアトリエ

♪キャメロン・オコナーコンサート

 

◇プログラム

 

J.S. Bach: Prelude in E major

JSバッハ: プレリュード 1006a ホ長調

Cameron O’Connor: A Short, Sentimental Song

キャメロンオコナー:短いセンチメンタルな歌

 

Richard Wagner: Hymn to the Evening Star

R.ワーグナー:夕星の歌 キャメロンオコナー編

 

Fernando Sor: Fantasy in D (ca. 1830)

F.ソル: ファンタジーニ長調

 

Tarrega/ Hirota (arranged by Kanengiser): Lagrima-Hamachidori

タレガ/ 弘田 龍太郎: ラグリマ-浜千鳥 カネンガイザー編
 
Tarrega: Capricho Arabe

タレガ: アラビア風奇想曲
 

Isaac Albeniz: Sevilla

アルベニス:セビリア

 

 

—-intermission—-

 

 

Sakamoto Ryuichi (arranged by Sato Hirokazu) : Merry Christmas, Mr. Lawrence

坂本龍一:戦場のメリークリスマス  佐藤弘和編
 

Cameron O’Connor: Three Northwestern Scenes

 キャメロン・オコナー3つのノースウエスタン情景

 I. Fall in Corvallis  コーバリスの秋

 II. Rain in the Old Growth Forest  森林の雨

 III.Winter sun  冬の太陽
                                    

 

Sato Hirokazu: Christmas Carols Medley

佐藤弘和: クリスマスキャロルメドレー

 

  

♪ Free Time 16:00頃~17:00

ご来場されたお客様の演奏、交流会

        

料金: 3,000円

料金は、♪コンサートと♪Free Timeを含みます

・メンバー登録でワンドリンクサービス

 

☆この記事を見て、メール等で申し込みの連絡をして頂ければ幸いです。

          

 

(キャメロン・オコナー プロフィール)

カリフォルニア州立大学 ノースリッジ校 ギター演奏科 学士取得

ジュリアード音楽院 音楽修士取得

南カリフォルニア大学 ソーントーン音楽学校 博士号取得    

南カリフォルニア大学 ソーントーン音楽学校 大学院 アシスタント    

南カリフォルニア大ベーカーズフィールド、リバーサイドシティーカレッジ、

ベーカーズフィールドカレッジの講師を経て現在はオレゴン州立大学教員   

東京国際ギターコンクール 入賞

フランシス・ウォルトン国際ギターコンクール 入賞 

他 数々のコンクール入賞

ソロ、室内楽、現代音楽で様々なキャリアを持つ

リンカーン・センター でタン・ダン指揮の元のコンチェルトにてデビュー  

ジュリアード音楽院、アスペン音楽院にてシャーロン・イズビンのアシスタント

を務めUSCにてカネンガイザーのアシスタントを務める。
 

長野県でのギターサマーセミナー ヤングアーティスト ゲスト演奏を行う。

・作曲家としても国際的な活躍をしており

“Perturbasion Variations”が長沙国際ギターフェスティバルにて  特別賞受賞

“3つのノースウエスタン情景” がオタワ(カナダ) 21世紀ギター会議での演奏会に選ばれた。

 

Img_3608



2018年、長野県原村でのサマーセミナーでお会いし、ワーグナー研究家のオコナー氏とメルツ編のワーグナーの「さまよえるオランダ人」について情報交換しました。快く、初見で演奏してくれました!

素晴らしかった!

 

アコースティック マルシェ 松澤結子 /細谷寛子コンサート(11/17)開催します

8317201234_38c3d13c55 



11月17日(日) 

開場:13:30 開演:14:00 終演:17:00

会場:Marisのアトリエ

今回はマルシェにふさわしく、

なんと松澤結子さんのコンサートと細谷寛子さんのコンサートの

2つを行います。

 

♪コンサート

#細谷寛子 コンサート 14:00~14:20頃 

 19世紀ギターによるミニコンサートです

 

#松澤結子 コンサート   14:30~15:30頃

 マヌエル・カセレスのギターを使います

   カセレスは明るく華やか、アルカンヘルは重厚でいぶし銀のよう……

(松澤さんのコメント)

  

 

♪ Free Time 16:00頃~17:00

ご来場されたお客様の演奏、交流会

        

料金: 3,000円

料金は、♪コンサートと♪Free Timeを含みます

・メンバー登録でワンドリンクサービス

 

☆この記事を見て、メール等で申し込みの連絡をして頂ければ幸いです。

 

#松澤結子コンサート

(プログラム)

・ジュリアーニ 
  "おお、空よ静かに"の主題による変奏曲


・レゴンディ エチュード No.1


・タレガ アルハンブラ宮殿の想い出


・ヴィラ=ロボス  ショーロ No.4


・グラナドス スペイン舞曲第5番 



 

(プロフィール) 

7才よりギターを始め、本木盛夫、小原聖子の各氏に師事。桐朋学園短期大学にて佐藤紀雄氏に師事。S・グロンドーナ、T・ケイン、W・カネンガイザー、各氏のマスタークラスを受講。2011、2014年にイタリアのキジアーナ音楽院夏期マスタークラスにてO・ギリア氏のレッスンを受講、及びファイナルコンサートに出演。

第28回GLC学生ギターコンクール中学生の部第1位、第27回スペインギター音楽コンクール第4位、40回神奈川新人ギタリストオーディション主席合格。

 

#細谷寛子ミニコンサート

(プログラム)

・アントン・ディアベリ ソナタOp.29ー2より

 Allegro risoluto、Adagio、Menuett
 

 

(プロフィール) 

茨城県桜川市在住。ギター文化館・初心者ギター講座を受講しギターを始める。19世紀ギターの音色・響きに魅了され、ラコートモデルを愛用。F.ソル 、J.k.メルツ、A.ディアベリ等の作品を演奏

Hosoya11

 

♪ Free Time  で演奏を希望する方は、マルシェお申込み時に併せてご連絡をお願いします。

 

 

 

 





 

2019年9月15日 (日)

♫リオリコギターアンサンブル@石岡jicca

♫リオリコギターアンサンブル~秋のコンサートのお誘いがあり、石岡のゲストハウスJiccaに行って来ました。

民家をリフォームした和室でのコンサートでした。聴きやすい曲が多く寛げました。ありがとうございました!

皆さんは2泊3日の合宿でこれからダチョウのBBQだそうで、美味しそうだった。。。

201909151412412

201909151412411

 

201909151525081

201909151503511

201909151503512

201909151522183 

201909151532162

201909151525322

201909151546331

ご案内してくれた清水さん(旧姓)、富川さん、尾野さん、宮島さん、皆さん、ありがとうございました。

 

 大島さんも来られました。

Img_4884

Img_4877

Img_4879

Img_4880

 

 

2019年9月14日 (土)

ジヴェルニーサロン(9/14) 参加ありがとうございました

爽やかな気候になりました。

ジヴェルニーサロンを開催しました。

15周年記念コンサートの後に行ったオープンカフェに来てくださった方が参加され、演奏してくださいました。

お二人ともジャンルは違いますが、キャリアを感じさせる雰囲気のある演奏でした!

 

◇自由演奏会

モンポウのコンポステラ組曲から、「プレリュードとクーナ」

ボヘミアン・ラプソディのさわり

201909140959191

201909140959193

 

自作の「名前のないボサノバ」

「風をあつめて」

201909141018303

201909141018301

 

 

「北の旅人」

ソルの「月光」

201909141029372

201909141029373

 

トレモロにチャレンジされているとのことで「フェステ・ラリアーネ」

201909141029374

 

バッハの「プレリュード」BWV999

201909141050441

 

トロバの「ソナチネ」第1、第2楽章

201909141055151

201909141055152

 

◇谷島さんが、イベントなどのお話と、私が久しぶりに使ったアルマギターについて特徴を説明してくれました。

その後でソルから始まってお得意の曲をアルマギターで演奏してくれました。

 

201909141119081

201909141120111

201909141124571

 

今日は演奏しないで聴くだけの方もいて大変ありがたかった。

また、皆さまの演奏も真摯な味わいのあるもので、良い時間でした。

 

◇15周年を振り返って、これまでにいろいろな演奏家に地方まで来て頂いてコンサートをしてもらったり、レクチャーなどもやってきた。

最近この会に来られている方は、最初の頃のイベントを知らないので、特に印象に残っているものとして、2006年のステファノ・グロンドーナ氏のリョベートのカタロニア民謡「先生」の演奏、および、その頃に現代ギターの編集長から独立しホマドリームを立ち上げた菅原潤氏のソルに関する講演会(2007年)からソルの宗教曲(ミサ曲)を聴いて頂いた。

2007sugawara-017

 

ソルは作曲家であり、そのバックボーンでギター曲を作曲している。古典ギターの巨匠と言える。

グロンドーナ氏は、ジョン、ギリア、ディアスと並んで、セゴビアが認めた愛弟子の一人。その演奏からは異次元の奥行きが感じられ、他の楽器にはないギターならではの世界を醸し出していた。リョベートのカタロニア民謡の編曲も、普段聞くものとは別物に聴こえてくる。

モンポウの音楽は、繊細、静謐という言葉で言われることが多く、背景には父親が鐘職人でその響きに影響を受けたといわれている。ギター愛好家の耳で聴くと、ピアノで究極のギターの世界を示そうとしているようにも思われる。実際、リョベートのカタロニア民謡集と同じ曲がモンポウの「歌と踊り」(これは50年かけで15曲作られた、そのうち13番はイエペスのために作曲されたギターオリジナル、10番もモンポウ自らがギター用に編曲している)に多く引用されている。子供のころに聴いたリョベートのギター演奏にインスパイアされていた、、なんて。

 

201909141131091

201909141131092

201909141131097

201909141131096

 

これまでにアコラで演奏して頂いた演奏家のサイン(色紙)も簡単にご紹介しました。

201909140959192

 

今日使ったアルマギターについて問い合わせがあったので紹介します。

これは河野智美さんから譲っていただいたものです。(下の動画で使っている楽器とは同種ですが同じものではないとのことです)

河野智美 Etude No 1 G.Regondi

河野さんのアコラでの演奏 (これはアルマギターではないです)

 アルハンブラ 18万越え

 アストゥリアス

クレムケ アルマギター

 BWV999

ついでに、ブリームのBWV999

 こういう場では短い曲が良いですね!

 

***

感想を頂きました。

こんばんは。
今日は、楽しかったです。ありがとうございました。Mさん、Yさんに弦の話を聞いたりして、いい時間でした。菅原さんのビデオ、もっと見たかったです。あのソルのミサ曲が知りたいです。涙が出そうになりました。菅原さんは岩手のご出身で、いろいろCDを探してくださったり、お世話になりました。
また、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

2019年9月 8日 (日)

ドクターキャピタル めっちゃえーな

Drcapital

絢香 (Ayaka) の にじいろ (Nijiiro) -

 

こっちも聴いてみてください。

Perfumeのポリリズム(Polyrhythm) -

勉強になります。

いろいろアップされています。

 

◆彼との出会いは、2005年。

20051204fukastsu-011

20051204fukastsu-012

20051204fukastsu-015

アコラでゲスト演奏を始めた2005年の12月(7回目のコンサート)にフルートの深津純子さんが茨城まで来てくれました。この時は蓮見さんと来てくれると思っていたが、当時最先端のギンガの作品をやるというので、若いアメリカ人のキャピタルとのデュオだった。この時は、東京から高速バスでやってきた。

20051204fukastsu-013

 

◆2回目

2007年5月 1日 (火)  深津純子 in 友部SA

 

◆?

2007年7月29日 (日) うまかっぺ茨城・サマーカーニバル

この時、キャピタルがいたかどうか、はっきりしない。

 

ポピュラー系やる人はキャピタルの音楽講座あたりを参考にしたらいいな~

 

2019年9月 4日 (水)

オープンギター(9/1) 行いました。

オープンギター @市民交流センター

熱心な方々が参加して下さり、良い時間となりました。

8名の方、アコラに来られている方4名、新しい方4名。

ミニコンサート、フリー演奏、Q&A、ディスカッションなど、あっという間に時間が経ってしまいました。

アコラにも来て頂けそうで嬉しいです。

 

201909011736521

201909011736522

201909011736523

フリーコンサートの様子

 

***

ギター演奏について、オープンギターでも思ったが、どんな演奏を志向するかで大分変ってくる。

Piazzolla: Invierno Porteño の例 

① Xavier Jara

 

② Zoran Dukic 

 

③ Antoine Boyer

 

 

録音の質も違うが、①と②では全然違う。

個人的には③も好きかも。

 

***

さとうちゅうさんのリサイタル@つくばカピオ

 

Img_4844

Img_4845

Img_4847

Img_4851

Img_4853

凄い内容のプログラムだった。

Img20190615_01364681s_20190905061201

 

 

 

 

2019年8月28日 (水)

ジヴェルニーサロン(9/14) 開催します

Stilllife1928_jpgpinterestsmall_20190828111201

アコラ15周年記念イベントでは大変お世話になりました。

その後、各地で愛好家のコンサートなどもあり、皆様、大変お忙しいところとは存じますが、

以降、11月までしばらくアコラでのイベント予定がないので、ジヴェルニーサロンを開催することといたしました。

 

ジヴェルニーサロン(9/14)のご案内

時間:午前10時~12時ごろ
場所:Marisのアトリエ(アコラ)
費用:500円(飲み物付)
 
内容;
①参加者の演奏・情報交換
   (順次、更新します)

・ボヘミアン ラプソディ
 
   F.モンポウ プレリュード、クーナ      

・J.S.バッハ プレリュード BWV999 

・SONATINA(TORROBA) 
  Ⅰ  ALLEGRETTO
  Ⅱ  ANDANTE

・(当日)

・(当日)

・(当日)

 

曲目等は変更の可能性があります

 
 

②アコラ15周年感謝企画

◆アコラスタート時期に聴いた演奏家のサイン

 

Img_4837

濱田先生。

今、音楽講座が話題のDr.キャピタル。。

 

◆当時のプログラムなど資料

 

◆菅原潤氏のソル講演会のアナログテープが試行錯誤で見られるようになりました。

アナログテープをビデオカメラで再生し、それをテレビ画面に表示し、それをデジタルビデオで撮影し、パソコンに取り込んで、DVDを作成しました。(画質は今一つです)

時間があれば、アコラ15周年記念の流れで見てみようと思います。

 

菅原 潤 特別講演会 「ソルとその音楽」
2007年1月20日 

Img_3986

ソルのギター曲以外の作品の紹介です。

 

◆Stefano Grondona ’El Mestre’

2006年9月2日、3日   
  特別ゲスト S.グロンドーナ氏を招いて

Summer060902-018

テーマとなったリョベートの’El Mestre’を鑑賞

 

・谷島崇徳さんも、参加されます。

 

 

.

 

 

 

 

 

 

 

   

 

2019年8月25日 (日)

取手ギターサークルサマーコンサート(8/25)に行ってきました

取手ウェルネスプラザに「取手ギターサークル サマーコンサート」を聴きに 行って来ました。

ハイレベルアマチュアの熱演とセンスのいいプログラム、地域の方々に大変な人気で12回目となるコンサート。

69439900_1089648498091367_70423829237769

69357859_1089648511424699_15538416392381

69126041_1089648481424702_41956207424836

 

取手ギターサークルの山﨑さんの挨拶

69128814_1089652374757646_83815476321111

 

 

201908251338242

 

201908251338241

 

201908251347401

 

皆さん、丁寧な演奏で聴き入りました。

 

201908251418281

 

細谷さんのメロディがクリヤーに歌っていました。

201908251428062

 

懐かしいパコの曲

パーカッションが頑張っていました。

201908251440481

 

 

この四人のヴィヴァルディは聴き応えがありました。

201908251449071

201908251449072

201908251449073

201908251449074

終盤のスリリングなところ、かっこよかった。

 

ウィズも頑張っていました。

会場には指導されている宇高さんが奥様と一緒に見えられた。

201908251506051

 

フラメンコ

201908251544321

 

タレガ、聴き入りました。

201908251601031

 

「おてもやん」、場にあったすばらしい演奏。さすが。

201908251609171

 

トリは梅村さん

ディズニーメドレーを弾ききりました! 素晴らしい。

201908251615262 

 

 

ウィズの皆さんと宇高さん

201908251516391

 

Img_4830s

E16b7926_20190825204701

 

勝田~取手、常磐線は意外に不便です。

特急で行っても勝田~土浦までを特急で、土浦~取手は鈍行で行くことになります。

鈍行の快速・勝田止りがあるので、鈍行だけでも時間はあまり変わりませんが、混んでいるので立っていくことになります。

疲れましたが、良い時間を過ごしました。

この夏、アマチュアのいろいろなコンサートを聴いて、大きな会場、小さな会場、聴きに来る人もいろいろですが、内容のある曲を丁寧に演奏することが共感につながるのではないでしょうか。

 

 

***

Nさんと、Kさんが、小暮さんのCDを受け取りに家に来ました。

ギター談義。

Nさんの家で作ったゴーヤを頂きました。

クックパッドをみて、有り合わせの材料でチャンプルを始めて作ってみました。

美味しくいただきました。

Img_4823

 

その勢いで、NさんとKさんの話から想像し、ゴーヤジュースをつくってみました。

ミキサーを使うのはほぼ初めての経験でしたが、見た目きれいにできました。

左手のソファと偶然同じ色だった。

69030899_432905090662903_618024637314996

味は、かなり強烈でした。

ゴーヤ1本とヨーグルトと氷だけでした。

半分くらいは頑張って飲みましたが、さすがに厳しいのでイチゴのアイスクリームがあったので入れてみたら多少良くなりました。

後で、クックパッドを見たら、バナナなどを入れるのが普通のようですね。

 

***

今を時めくサザコーヒーの会長の講演会がありました。

201908241419042

201908241413461

TV「カンブリア宮殿」で取り上げられ、その映像を最初に観ました。

 

201908241416191

寝ないようにとサザコーヒーが提供されました。

 

通勤で使っている品川駅にしゃれたサザコーヒーショップができたと思ったら、今度は東京駅前のKITTEにもできた。

最高級品種のゲイシャを国内で初めて取り入れ、原価1杯1万円かかるところを2、3千円で提供しているとのこと。

いろいろなお話を聞くことができました。

 

201908241520191

201908241520192

その後、地元の若い人たちの話があり、興味があったが残念ながら最後まで聴けなかった。

 

Img_4816

Img_4817

三十年位前、当時の勝田市に引っ越した頃、よく珈琲豆を買いに行きました。

おばあさん(たぶん会長の母親)が豆を売っていました。豆が挽けるまで、コーヒー1杯のサービス券をくれてその場で飲んで待っていてもいいし、別な機会に使っても良いということで、感じが良かったです。その後、急成長しました。

そんな思い出話もちょっとして、一緒に写真を撮らせていただきました。

       

講演会とは関係ありませんが、私の経験からゲイシャコーヒーをお得に飲みたい方は、正月の1万円の福袋を買うと良いですね。

 

 

 

 

 

2019年8月18日 (日)

フリーコンサート in 松戸 (8/18)

66782919_1177657185770581_85795552065287

67647695_1177657215770578_89294418138995

「フリーコンサート in 松戸」の会場となった松戸市民劇場ホール

約400人のホールだが開場前から聴衆が集まりだし、立ち見のお客さんもいっぱいで、2階は通路に2列に座って聴いているような状況でした。

さらに100人ほど入場できず帰られた方もいたそうです。

本当に大盛況で、会場の外でモニターの音を聴いている人も大勢いました。

 

Img_4800

 

私は第1部ギターソロの最後でした。

遅く着いたのでリハ無しでしたが、順番が種谷さんの後で会場がギターを聴く雰囲気になっていて、ざわつきがなくわりと弾きやすかったです。

 

201908181321025

201908181321026

A.バリオスの「子供の夢 Ⅱ、Ⅲ」。

この曲は5月のマルシェで弾いてもう弾くことはないと思っていましたが、大分前にこのコンサートで弾く曲として永松さんに連絡していたことを失念していました。アコラ15周年、高萩炭礦資料館での演奏が終わってから、大急ぎで改めて取り組みました。

演奏後、種谷さんから「初めて聴いたが、良い曲ですね」と言われ、ほっとしました。これまでの譜面にとらわれ過ぎた演奏から、自由にやってみることにして準備しました。ギターはソロができ、伴奏とメロディを独りでできる(といってもなかなか難しいですが)楽器なので、そこを大切にする意味はあると思います。5月のマルシェに来た方から、マルシェの時とは別の曲に聴こえたと感想があり、素直に喜びました。マルシェではお話と演奏ということでお話で精いっぱいだったようです。

 

第2部は室内楽

 

第3部はギターアンサンブル

公式なビデオ撮影の係を分担しており2階席から聴きました。はじめのうちはビデオを撮るのに注力していましたが、後半は余裕が出てきたのでMyビデオでカメラ代わりに撮らせていただきました。

201908181514541

201908181525081

201908181536481 

201908181548081

 

 Img_4804

永松さんの幅広い人脈で、いろいろな楽器の名演奏を聴くことができ、楽しく、充実した一日でした。

 

 

久しぶりでカリス楽器店長の高矢さんとお話ができました。

あいかわらず石田さんのバイオリンと高矢さんのデュオは見事な超絶技巧で、会場からも熱い声援。

アコラ15周年では運営管理のため演奏を客席で聴けなかったプレアデスの演奏を今回客席で聴かせていただいて、素晴らしい演奏だったことをあらためて感じました。

Img_4799

 

永松さんから、集合写真等

Photo_20190820222101

Matsudos

 

 

2019年8月14日 (水)

高萩炭礦資料館の恐竜展イベント(8/12)で演奏しました。

茨城県の北部にある高萩市、かっては炭礦や馬市で賑わっていたところだった。

当時の歴史を伝える「菊池寛実記念 高萩炭礦資料館」

 

Img_4773

Img_4783

Img_4772

Img_4774

8月10日から25日まで、恐竜化石体験のイベントが催されています。8月12日にギター演奏に呼んでいただきました。

Img_4781 

 

展示の化石類は撮影禁止でした。

手作り感のあるイベントですが、展示されている化石を直接触って体験できるという貴重なものです。

Img_4769

Img_4770

 

茨城県北部のタウン誌「びば、じょいふる」に掲載されましたが、これが発行されたのが1週間ほど前ということでどれくらい広報されたのか少々心配でした。

Img_4786

P17__4_20190814025201 

Img_4778  

来場し始めたお客様

会場は資料館ではなく、旧カフェ・レストラン「コクリコ」

 

◇プログラム

「日本の歌をソロギターで」

・となりのトトロ (久石譲)            

・Lemon  (米津玄師) 
    TVドラマ「アンナチュラル」     

・ありがとう  (いきものがかり) 
    TV小説「ゲゲゲの女房」    

 

・人生峠 村田英雄
    (小松原てるを)             

・常磐炭坑節 
  (中林淳真~熊坂編)            

・北の国から (さだまさし) 

 

 

201908121305500011

201908121305500013

アンコール

・禁じられた遊び

・春よ、来い!         

・アルハンブラの思い出     

 

 

演奏会後に残られたお客様から今日は坂本九さんの命日にあたるということで「見上げてごらん夜の星を」のリクエストがありました。

ちょうど蓮見さんの編曲を持っていたので、まだ練習していないところがありましたが トライしました。

 

今回のプログラム、人生峠は菊池館長からのリクエストにて用意しました。後半の3曲はしっくりいったようでした。

クラシックギターの曲も良いねとのお話がありました。

また、「赤いハンカチ」を次回のリクエストとして頂きました。夕張炭鉱に関係する(?)とのことです。

この歌、大学時代からカラオケでも歌っていたので(最近は十年近くカラオケに行っていないが)ぜひ、やってみたいです。

MCを用意していたが、1/3位しか話せず、次回はもう少し事前の準備が必要です。

8/10はアコラ15周年記念コンサート、8/11は木村ギター音楽院発表会を聴きにつくばノバホールに行って来ました。ズボンと靴は替えを持ってきたのですが バタバタしていて、演奏用の上着を家に忘れてしまいました。

  

Img_4780

菊池館長ほか、アコラに来られる Iさんの紹介で見えられた方々と記念写真。

 

Img_4784 

演奏会前に実家の墓参りを済ませ、高萩海岸へ。

この辺の海岸は砂がきれいで有名です。

心がなごみます。

 

***

Iさんから、演奏会に来られた方からの感想が送られてきました。 

『お陰様で昨日は素晴らしい一日となりました。
Iさんに感謝です。
クラシックギターの生演奏会は久しぶりです。いいですね。
山仲間2人、近所のご夫婦と一緒に聴かせて頂きました。

熊坂さんはギター歴50年と伺いました。素晴らしい演奏で特に常磐炭坑節の演奏には驚きました。
中林淳真の編曲を少しアレンジされた由。
小生は「アルハンブラ宮殿の思い出」をリクエストしました。良かったです。

会場を提供された責任者が、張り切ってくれ冷たい飲み物やスイカ等をサービスしてくれました。コンサート終了後も我々5人が残り、熊坂さんと懇談をさせて頂きました。気さくな方で大変好感を持つことができました。
当日は坂本九ちゃんの命日、この話題の中で「見上げてごらん夜の星を」を弾いてくれました。

会場の目の前には、今年開園した野菜ファームがあります。
ここの地主は会場提供者ということもあり、ここで出来たレタスをおみやげとして、貰って帰って参りました。

いろいろなことがあった一日でした。
先ずは、御礼まで。』

 

 

 

 

 

 

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ